日露修好通商条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日露修好通商条約(にちろしゅうこうつうしょうじょうやく)は、幕末日本ロシアとの間に結ばれた通商条約1858年8月19日(安政5年7月11日)に調印され、1859年8月18日(安政6年7月10日)に批准された。この条約は1895年(明治28年)に締結された日露通商航海条約によって総て無効になった。

この条約では、領事裁判権に加えて最恵国待遇が双務的となっている。

改正[編集]

日本政府とロシア政府との交易業務の便宜を図るため、1867年12月、ロシア全権委任大使のコンスルコルレジスキーツウェツニクエウゲニービューツォフ外国奉行・加賀守江連堯則とのあいだの協議が江戸で行われ、「魯西亞國新定約書(慶応3年11月18日魯歴1867年12月11於江戸調印交換)」が調印された(即日施行)[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内閣官報局『法令全書』。国立国会図書館