日仏修好通商条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日仏修好通商条約(にちふつしゅうこうつうしょうじょうやく)は、安政5年9月3日(グレゴリオ暦1858年10月9日)に日本フランスの間で結ばれた通商条約。フランス側全権はジャン・バティスト・ルイ・グロ男爵、日本側全権は水野忠徳永井尚志井上清直堀利煕岩瀬忠震野々山鉦蔵の六名。幕末の混乱期から明治初頭にかけ、日本が列強と結ぶことを余儀なくされた不平等条約の一つである。

関連項目[編集]