日布渡航条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
布哇国政府ト締結セル渡航条約
通称・略称 日布移民条約、日布移住民条約
署名 1886年1月28日(東京
効力発生 1886年3月6日
条約番号 明治19年6月2日勅令
言語 英語
主な内容 ハワイに労働移民した日本人の人権保護
ウィキソース原文
テンプレートを表示

日布渡航条約 (移民に関する日布条約日布移住民条約[1]日布移民条約日布労働移民条約) とは、ハワイに労働移民した日本人の人権を守ることを目的として1886年に締結された、日本-ハワイ王国間の条約である。この条約により、日本はハワイ王国に対し、裁判における通訳の用意や、日本医師の雇い入れなどを義務付けた[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 条約彙纂: 改訂 P.541-544 外務省記録課 1899年1月