Template:条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テンプレートを表示
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

条約の各種データを記述するためのテンプレート

使い方[編集]

{{条約
|題名 =
|画像 =
|画像サイズ =
|画像キャプション =
|通称 =
|起草 =
|署名 =
|効力発生 =
|寄託者 =
|番号 =
|言語 =
|内容 =
|関連 =
|ウィキソース =
|リンク =
}}

引数[編集]

題名・署名・効力発生の各パラメータは必須、それ以外は略可です。

  • 題名 - この条約の正式な題名を日本語で記載して下さい。日本が当事国となり、官報公布された条約についてはその題名を用いて下さい。題名に用いられる文字については、原則として旧字体新字体に置換しますが、片仮名と平仮名の置換(又は歴史的仮名遣「伴ヒ」を現代仮名遣い「伴イ」に変える等)はしないで下さい。
    • 題名を日本語で記載することとしているのは、多数の言語を正文とする条約が多く、外国語による題名を記載するとき何語を選ぶか迷いそうなため、また全部の言語による題名を収めるのはテンプレートの趣旨に照らして望ましくないとの考えからです。外国語での題名は必要に応じて本文中に記載して下さい。
  • 通称・略称 - この条約の略称(条約文中で用いられるもののほか、社会一般で通用しているものも含む)を記載して下さい。略称が無い場合には何も記入しないで下さい。
  • 正式名称 - 正式な条約名が長くなりすぎる場合は、略称を題名に記載し、正式名称をこちらに記載することもできます。
  • 起草
  • 署名 - 署名年月日・署名地を「1945年6月26日(サン・フランシスコ)」のように記載して下さい。
  • 効力発生 - 効力発生年月日を「1945年10月24日」のように記載して下さい。未発効のときは「未発効」と記載して下さい。
  • 寄託者
  • 条約番号 - 日本の官報で公布された条約は、「昭和31年条約第26号」のように、その条約番号を記載して下さい。番号はアラビア数字(算用数字)を用いて下さい。必要に応じて日本における発効年月日を記載して下さい。条約番号が無い場合には何も記入しないで下さい。
    • 一部の条約(ILO条約など)には一連番号が付されていますが、これとは無関係です。
  • 言語 - 条約正文が書かれた言語
  • 主な内容 - その条約の内容(規定している制度や原理、原則)で特筆すべきものを記載して下さい。題名と同様になってしまう場合は、何も記入しないで下さい。
    (例)国際連合の設立、戦争の放棄、著作権の保護
    (例)あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約については、この欄に「あらゆる形態の人種差別の撤廃について」と記載するのではなく、記載を省略して下さい。
  • 関連条約 - この条約に関連する他の条約を記載して下さい。
  • ウィキソース - リンクするウィキソースのページ名
  • 条文リンク - 条文の全文が閲覧できるページへのリンクを設置して下さい。ウィキソースなどへのリンクが考えられますが、それ以外でも内容が正確ならば問題はありません。日本語のページと他言語のページがある場合は日本語のページへのリンクを設置して下さい。

「当事国」欄を含めていないのは、2国間条約の場合は記載の意味がないことが多く、また多国間条約では頻繁に変動するためです。

関連項目[編集]