日韓議定書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日韓議定書(にっかんぎていしょ)は、日露戦争中の1904年明治37)2月23日に、日本大韓帝国(韓国)との間で締結された条約である。

概要[編集]

漢城(現:ソウル)において、日本の特命全権公使林権助と韓国の外部大臣臨時署理李址鎔が調印した。

日本による、韓国施政忠告権や臨検収用権など、日本側に有利な条項もあるが、反面、日本政府は、韓国皇室、韓国の独立及び領土を確実に保障し、片務的防衛義務を負うなどとしており、一方的に日本に有利なものとはなっていない。

背景[編集]

1904年(明治37年)1月21日、韓国政府は日露交戦の折には戦時局外中立をすると宣言、をはじめイギリスフランスドイツなどがこれを承認した。

同年2月5日、参謀本部は近衛・第二・第一ニの三師団を動員し、これを第一軍とし、黒木為楨をその司令官として韓国のロシア軍を一掃する事とした。[1]

同年2月9日、仁川沖海戦が起こる。日本の艦隊は露艦ヴァリャーグコレーエツおよび露船スンガリーを攻撃してこれを爆沈した。

同日、第一軍の第一二旅団を韓国臨時派遣として仁川へ上陸させ、その後漢城へ進駐した。「ロシア兵が義州方面から南下し平壌附近の形勢をうかがい、まさにこれを攻撃するかの様である。」との情報を得た為に、木越安綱は小泉大尉に一中隊の兵を授けて平壌に急行させた。

同年2月23日議定書を締結する。28日、「百名未満のロシア兵が平壌の北約一里半の地に現れた。」との情報を得る。斥候五騎を派遣して事実関係を確かめさせた。ロシア兵は斥候を見ると直ちに射撃を開始した。斥候は撤退し、ロシア兵は平壌まで追跡した。彼らの距離が200m程になると七星門を守っていた日本兵が一斉射撃を加え敵はたちまち逃げ去った。これが日露戦争における最初の陸戦となった。[1]

日露戦争において、補給上重要な韓国における、日本軍の通行権などを確保する目的があったと言われている。

主な内容[編集]

締結された議定書の主な内容は以下の通りである。


原文

  1. 大日本帝国皇帝陛下ノ特命全権公使林権助及大韓帝国皇帝陛下ノ外部大臣臨時署理陸軍参将李址鎔ハ各相当ノ委任ヲ受ケ左ノ条款ヲ協定ス。
  2. 第一条
    日韓両帝国間ニ恒久不易ノ親交ヲ保持シ東洋ノ平和ヲ確立スル為大韓帝国政府ハ大日本ヲ確信シ施政ノ改善ニ関シ其ノ忠告ヲ容ルゝ事
  3. 第二条
    大日本帝国政府ハ大韓帝国ノ皇室ヲ確実ナル親誼ヲ以テ安全康寧ナラシムル事
  4. 第三条
    大日本帝国政府ハ大韓帝国ノ独立及領土保全ヲ確実ニ保証スル事
  5. 第四条
    第三国ノ侵害ニ依リ若クハ内乱ノ為メ大韓帝国ノ皇室ノ安寧或ハ領土ノ保全ニ危険アル場合ハ大日本帝国政府ハ速ニ臨機必要ノ措置ヲ取ルへシ而シテ大韓帝国政府ハ右大日本帝国ノ行動ヲ容易ナラシムル為メ十分便宜ヲ与フル事
  6. 第五条
    両国政府ハ相互ノ承認ヲ経スシテ後来本協約ノ趣意ニ違反協約ヲ第三国トノ間ニ訂立スル事ヲ得サル事
  7. 第六条
    本協約ニ関連スル未悉ノ細条ハ大日本帝国代表者ト大韓帝国外部大臣トノ間ニ臨機協定スル事

[2]

訳文(抄訳)

  1. 施政忠告権
    韓国政府は、施政の改善に関し、日本政府の忠告を容れる事。
  2. 韓国皇室の安全康寧の保障
    日本政府は、韓国の皇室を安全康寧ならしめる事。
  3. 韓国の独立保障
    日本政府は、韓国の独立及び領土保全を確実に保証する事。
  4. 日本による韓国防衛義務
    第三国の侵害により若しは内乱のため、韓国の皇室の安寧或いは領土の保全に危険ある場合は、日本政府は、速やに臨機必要の措置を取らなければならない。そして、韓国政府は、その日本の行動を容易ならしめるため、十分便宜を与える事。日本政府は、その目的を達するため、軍略上必要の地点を臨検収用することができる事。
  5. 条約遵守義務
    両国政府は、相互の承認を経ずして後来、本協約の趣意に違反する協約を第三国との間に訂立する事ができない事。



  1. ^ a b 近世史談. 巻3国立国会図書館 近代デジタルライブラリー コマ番号:26
  2. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/994308 韓国ニ関スル条約及法令] 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー コマ番号:14,15