周恩来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周恩来
周恩來
Zhou Enlai
周恩来
公式の肖像写真、追悼記念切手にも用いられた
生年月日 1898年3月5日
出生地 China Qing Dynasty Flag 1889.svg 江蘇省淮安市
没年月日 1976年1月8日
死没地 Flag of the People's Republic of China.svg 北京市
出身校 明治大学南開大学
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
親族 李鵬(養子)
配偶者 鄧穎超

内閣 周恩来内閣
任期 1954年9月27日 - 1976年1月8日
国家主席 毛沢東
劉少奇

内閣 周恩来内閣
任期 1949年10月1日 - 1954年9月27日
政府主席 毛沢東

任期 1954年12月25日 - 1976年1月8日

内閣 周恩来内閣
任期 1949年10月1日 - 1958年2月11日
テンプレートを表示
周恩来
各種表記
繁体字 周恩來
簡体字 周恩来
拼音 Zhōu Ēnlái
和名表記: しゅう おんらい
発音転記: ヂョウ・オンライ
ラテン字 Chou En-lai
テンプレートを表示

周 恩来(しゅう おんらい、ヂョウ・オンライ、1898年3月5日 - 1976年1月8日)は中華人民共和国政治家は翔宇。中華人民共和国が建国された1949年10月1日以来、死去するまで一貫して政務院総理国務院総理首相)を務めた。毛沢東の信任を繋ぎとめ、文化大革命中も失脚しなかったことなどから「不倒翁」(起き上がり小法師)の異名がある。1972年に、日本国首相の田中角栄(当時)と日中共同声明に調印したことでも知られている。

妻は鄧穎超、子女は孫維世(養女・文化大革命で迫害死)、李鵬(養子・のちに首相)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

青年の時の周恩来(1919年)

周恩来は江蘇省淮安官僚地主の家に生まれた。周恩来が13歳となった1911年辛亥革命が起きる。翌1912年清朝が崩壊し、中華民国が建国された。1913年、周恩来は天津の南開中学校に入学し、革命の息吹に触れる。

日本留学[編集]

南開中学卒業後の1917年に、日本留学。日本語の習得不足により第一高等学校東京高等師範学校の受験に失敗し、東亜高等予備学校(日華同人共立東亜高等予備学校)、東京神田区高等予備校(法政大学付属学校)、明治大学政治経済科(旧政学部、現政治経済学部)に通学。

日本では勉学に励む他、友人と活発に交流して祖国の将来について語り合っている。また日比谷公園靖国神社三越呉服店浅草など、各所を積極的に見てまわっている。1918年5月1日には靖国神社の大祭を見物し、「それを見てはなはだ大きな感慨を催す」。また6月2日にも游就館を訪れたことも日記に記している。日本社会や日本人についてもよく観察しており、これが知日派としてのベースをつくった。同年、留学生の一斉帰国運動も起きるが、周恩来は冷静な対応をしている。一旦中国に帰るが、再来日。帰国前の数ヶ月については記録もなく、よくわかっていない。苦渋の中で、酒に溺れがちだったという説もある。やがて、母校の南開学校が大学部を創設するということを知って、帰国を決意した。

船に乗るために神戸に向かう途中、京都の嵐山に寄って歌った詩「雨中嵐山」は、嵐山の周恩来記念碑に刻まれている。1919年4月に帰国し、南開大学文学部に入学。その直後に中国近代史の起点となる五・四運動が起きる。周恩来は学生運動のリーダーとなって頭角を現していく。なお日本滞在中の様子については、『周恩来 十九歳の東京日記』が最も正確で詳細な記録である。東京日日新聞神近市子記者のインタビューを受けたという、従来の伝聞や伝記にあった誤りも指摘されている。

共産主義者として[編集]

黄埔軍事学校での周恩来

1920年パリに留学する。労働党の研究のためにイギリスに渡り[1]エディンバラ大学に入学を許可されるが、中国政府からの奨学金が下りずに断念し[2]フランスに戻る。その後中国共産党フランス支部を組織し、ヨーロッパ総支部が作られるとその書記となった。この留学時代の仲間には、李立三鄧小平陳毅朱徳など後の中国共産党の幹部となった者が多数いた。第一次国共合作が成立した1924年、周恩来は帰国し、孫文が創立した黄埔軍官学校の政治部副主任となった。ちなみに校長は蒋介石であった。翌1925年、五・四学生運動時代の恋人鄧穎超と結婚した。

1926年、周恩来は上海に移り、ここで労働者の武装蜂起を指導して上海市民政府を樹立したが、入城した蒋介石の北伐軍に弾圧されて捕らえられ、処刑される寸前で脱出した。その後、国民革命軍南昌蜂起を朱徳と共に指導した。1931年江西省瑞金中華ソビエト共和国臨時中央政府が樹立されると瑞金に入り、軍事委員会副主席として活動、長征に妻と共に参加した。遵義会議では自ら自己批判をし、毛沢東が主導権を掌握するのを助けた。以来、最後まで毛沢東路線を支える役割を果たした。

西安事件[編集]

周恩来の名が世界に知られるようになったのは、1936年西安事件での活躍であった。これは当時「安内攘外」(国内を安定させてから外国勢力を追い払う)政策を採って共産党と抗日運動を弾圧していた蒋介石を、東北軍の張学良と西北軍の楊虎城西安で拘束、一致抗日を要求した事件である。蒋介石がこの要求に応じないことに困惑した張学良が、共産党に周恩来の派遣を求め、蒋が国内平和を実現し、日本に対して強硬姿勢をとることに同意することを条件に蒋の釈放を提案した。周恩来は両者の間を調停し、誠心誠意、蒋介石に一致抗日を説いた。妥協しない決意を固めていた蒋介石に開口一番「お久しぶりです。校長」と呼び掛けた周恩来の物腰と、その熱意の前に暗黙の了解をしたと言われる。

日中戦争・国共内戦[編集]

日中戦争(支那事変)が始まると、周恩来は共産党の代表として重慶に駐在し、蒋介石との統一戦線の維持に努めた。日本が降伏した後はそのまま重慶に止まり、毛沢東と共に戦後の連合政府の樹立に向けた国共会談を続けた。しかし、これは物別れに終わり、国共内戦が始まった。内戦に勝利した共産党は、1949年10月1日中華人民共和国を建国した。なお、中国政府は日本人戦犯の思想改造を行った上で、戦争犯罪について判決を出したいと考えていたが、それをいかにして行うか、計画があったわけではないようだ。ただし、日本人戦犯の処遇に直接あたった周恩来の理想主義が色濃く出ている。撫順管理所の孫明斎所長、金源副所長、曲初副所長らが『覚醒』のなかの論文で述べており、また部下によれば、周恩来は東北人民政府の公安部に対し、「外部に対して厳重に警護し、戦犯たちの安全を確保する。一人の逃走者も、一人の死亡者も出さず、内部は緩やかにし、殴ったり、人格を侮辱したりしない。彼らの民族的な風俗、習慣を尊重し、思想面から彼らの教育と改造を行う」とまず指示したという[3]。「服役期間中に態度が良好だった戦犯に関しては、早期釈放をしても良い。年配者や体が弱い者或いは病人も釈放を考慮し、家族の訪中や見舞いなどを許可する」「民族間の恨み、階級間の憎しみ、それを忘れてはいけない。しかし、それでも私たちは彼らを「改造」し良くしなくてはいけない。彼らを生まれ変わらせ、我々の友にしよう。日本戦犯を『鬼』から『人』に変えられるかどうか、これこそ中国文化の知恵と力量に対する試練なのである」と述べている[4]。管理所職員やその家族などの多くが日本軍の被害を受けていたため戦犯を厚遇する事に反­発がでたが周恩来は『復讐や制裁では憎し­みの連鎖は切れない。20年後に解る」と諭した。「最初の日本人戦犯裁判で起訴155人死刑7人執行猶予付き死刑3人が確定したが周恩来の指示で最終的に起訴51人死刑なし無期懲役なし懲役20年4人に減刑された。あまりの寛大な処置に収容所スタッフから不満が出たが「今は分からないかも知れないが20年後、30年後に分かる。」周恩来は言ったという(ちなみに連合軍側が裁いたBC級戦犯の裁判では死刑判決が920人、終身刑判決が383人だった)。

元戦犯たちが日本に帰国し中国帰還者連絡会を結成した。そして、その代表団が再び訪中した際面会した周恩来はこう言ったという。「今度、日中両国の間に国交が回復したことはまことに喜ばしいことです。これは経済的基盤の異なる両国の総理が紙の上で約束したものであります。しかし、本当の友好はこれからでありましょう。中国人民と日本人民がお互いにもっともっと理解を深め、その相互理解の上に信頼の念が深まってこそ、初めて子々孫々に至るまで変わることのない友好関係が結ばれることでしょう。これにはまだ永い年月がかかることでしょう。日中友好のためお互いにいっそう努力しましょう」

総理就任と外交政策[編集]

中華人民共和国の建国後、周恩来は国務院総理首相に相当。建国当初は政務院総理と称していた)に就任し、1976年に死去するまで27年間この地位にあった。また、1958年まで外交部長外務大臣)を兼任し、外交政策を主管した。

周恩来は1954年ジュネーヴ会議に中華人民共和国代表として出席し、第一次インドシナ戦争休戦の実現に尽力し、その間にインドジャワハルラール・ネルー首相と会談して、平和共存・内政不干渉などの平和五原則を発表した。翌1955年にはインドネシアバンドンで開かれたアジア・アフリカ会議バンドン会議)にも出席し、新生中国がアジアアフリカの反植民地主義の立場にあることを世界にアピールした。

1960年代に入り、中華人民共和国とソビエト連邦との対立(中ソ対立)が激しさを増すと、中華人民共和国はアメリカ合衆国や日本との国交正常化を求めるようになった。周恩来は総理として、両国との交渉を管掌した。1972年アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンの訪中を実現させ、アメリカとの国交正常化交渉を前進させた[5]。さらに同年、訪中した日本国内閣総理大臣田中角栄と数度にわたる交渉に臨み、日中共同声明に調印して日本との国交正常化を実現した。調印式で交わした田中角栄との固い握手とその写真は時代の象徴として語り草になった。「日本人民は軍国主義者の犠牲になった被害者だ」、「日中両国には、様々な違いはあるが、小異を残して大同につき、合意に達することは可能である」「わが国は賠償を求めない。日本の人民も、わが国の人民と同じく、日本の軍国主義者の犠牲者である。賠償を請求すれば、同じ被害者である日本人民に払わせることになる」と話し、日本のマスコミから賞賛されたが、近年明らかにされた外交文書ではアメリカ合衆国国務長官ヘンリー・キッシンジャーに対し「日本の台頭は米中両国の脅威である」などと話していたことが明らかになっている。

周の誠実な人柄と、自ら権力を欲しない謙虚な態度と中国革命への献身は、中華人民共和国の民衆から深い敬愛を集めていた。また、その人柄からニクソンやキッシンジャー、田中角栄など、諸外国の指導者層からも信頼が厚かった。

文化大革命[編集]

文化大革命(プロレタリア文化大革命)が勃発しても周恩来は毛沢東に従い続け、走資派実権派)のレッテルを張られた劉少奇らの粛清に協力した。文革勃発時に有力幹部の殆どが失脚、または死亡する者さえいた中、周恩来は最後まで地位を保った。周恩来は毛沢東の路線に従い、毎日紅衛兵を接見して指示を与えた。劉少奇を「敵のスパイ」と決め付ける党の決定を読み上げたのも周恩来だった。

その一方で周恩来は文革の「火消し屋」として紅衛兵の横暴を抑えようとした。紅衛兵が北京の道路を「右派に反対する」と言う理由で左側通行に変えさせた為、交通が大混乱に陥った時も、周恩来が介入して止めさせた。また故宮を紅衛兵が破壊しようとした際にも、軍隊を派遣し文化遺産を保護した。更に出来うる限り走資派のレッテルを張られた多くの党幹部を保護しようと努めた。例えば1968年8月26日、外相の陳毅が紅衛兵に襲われそうになったとき、周は「君たちが陳毅を吊るし上げるのなら私は前に立ちはだかる。それでもまだ続けたいのなら私の身体を踏みつけてからにせよ!」と叫び、身を挺して守った。

しかし、周恩来のこれらの行動には限界があり、全体として文革の嵐を止めることは出来なかった。ここに、最後まで毛沢東に忠実だった宰相・周恩来の限界があった。その象徴的事例として、彼の養女であり女優であった孫維世の悲劇がある。孫維世は毛沢東の妻である江青の激しい憎悪の対象であった。江青のこの感情は、江青が上海で女優をしていた時、不遇だった自分に比べ脚光を浴びていたからとも、「延安四大美女」のひとり、或いは「紅色公主」(赤いプリンセス)と呼ばれていた彼女に毛沢東が関係を迫った事を知っての嫉妬だったとも言われる。江青の差し金によって逮捕された孫維世は北京獄中で拷問を受けて死亡した。遺体には大型の釘が打ち込まれていた頭頂部など拷問の痕跡が発見され、これを見た周恩来は検視を要求したが、「遺体はすぐに火葬する」と告げられたという[6]。しかし、周恩来は養女である彼女のために何もしなかった。それどころか、孫維世へ対する「ソ連修正主義者のスパイ」という逮捕状にサインしていたのは周恩来本人だったとの証言[7]も残されている。

転機となったのが1971年林彪失脚(林彪事件)であった。林彪は毛沢東の後継者とされ、ナンバー2であったが、じきに毛沢東の信頼を失い、毛の暗殺を計画したが失敗(林彪は毛沢東が文革で中国を破壊する事に批判を強めていたとも言われる)。ソ連に逃亡する途中に搭乗機がモンゴルで墜落し死亡した。これが契機となって鄧小平が復権、一部幹部の名誉が回復された。周恩来は鄧小平と協力して文革の混乱を収拾しようとした。

更にその後、周恩来は江青ら四人組との激しい権力闘争を強いられたが、最後まで毛沢東に信任され、実権を握り続けた。1975年には国防農業工業科学技術の四分野の革新を目指す「四つの現代化」を提唱し、後の鄧小平による「改革・開放」の基盤を築いた。

周恩来は文革の最中、長時間の紅衛兵との接見や膨大な実務に奔走した。十数時間も執務し続けることも珍しくなかった。これに前述の孫維世の件など激しい心労も加わり、彼の体は病に蝕まれていった。最晩年に周恩来自身が侍医に「文革によって寿命が十年縮まった」と語ったとされる。[要出典]

死去[編集]

1972年膀胱癌が発見される。その後も休むことなく職務を続けたが、病状は悪化の一途をたどった。1974年6月1日、北京の解放軍第305病院に入院。だが、病室でなおも執務を続けた。1975年1月の第4期全国人民代表大会第1回会議では、病身を押して、国務院総理として政治活動報告を行う。同会議において総理に再選。しかし、同年秋から病床を離れられなくなり、ついに1976年1月8日、周恩来は死去した[8]。彼の死後、文革によって苦しめられていた民衆が周恩来を追悼する行動を起こし、これを当局が鎮圧するという第一次天安門事件が起こった。また、その遺骸は本人の希望により火葬され、遺骨は飛行機で中国の大地に散布された。これらは生前に妻の鄧穎超と互いに約束していたことであった。四人組によって遺骸が辱められることを恐れたためと言う。周の葬儀には宋慶齢も参列した。

評価[編集]

外国人による評価[編集]

写真中央が周恩来、右は毛沢東、左は当時アメリカ大統領補佐官だったヘンリー・キッシンジャー

1972年のニクソン大統領訪中のお膳立てをしたキッシンジャーは、周恩来を「今までに会った中で最も深い感銘を受けた人物」の一人に数え、「上品で、とてつもなく忍耐強く、並々ならぬ知性をそなえた繊細な人物」と評している。

国連事務総長だったダグ・ハマーショルドは「外交畑で今まで私が出会った人物の中で、最も優れた頭脳の持ち主」と証言している。

ノロドム・シハヌーククメール・ルージュに苦しめられた経験などから反共主義者だったが、周恩来だけは高く評価していた。その理由を尋ねられたシハヌークは「だって、彼のほうが私よりよっぽど王族らしいじゃないか」と答えている。

『周恩来伝』を書いたジャーナリストのディック・ウィルソンは、周恩来をケネディネルーと比較し、「密度の濃さが違っていた。彼は中国古来の徳としての優雅さ、礼儀正しさ、謙虚さを体現していた」と最大級の賞賛をしている。

また、1954年以来チャーリー・チャップリンとも親交を持ち(ジュネーヴ会議出席の際、1952年からスイス在住であったチャップリンを訪ねている)、彼の作品の一つ「黄金狂時代」の名シーンであるチャーリーが靴を食べる場面を見て、長征の際の苦難を思い出し、懐かしがったと言う。

日本でも周恩来に傾倒した著名人は多く、日本人70名が寄稿した文集『日本人の中の周恩来』がある。

中国人による評価[編集]

鄧小平は周恩来が文革期に毛沢東に妥協して走資派(実権派)粛清に協力したことに複雑な胸中だったと言われるが、周の没後ジャーナリストに対しては以下のように語っている[9]

「彼(周恩来)は同志と人民から尊敬された人物である。文化大革命の時、我々は下放(地方、農村での思想矯正)したが、幸いにも彼は地位を保った。文化大革命のなかで彼のいた立場は非常に困難なものであり、心に違うことをいくつも語り、心に違うことをいくつもやった。しかし人民は彼を許している。彼はそうしなければ、そう言わなければ、彼自身地位を保てず、中和作用をはたし、損失を減らすことが出来なかったからだ」

逸話[編集]

  • 1939年落馬事故に遭って以来、右腕が不自由になり、以後物を書くときは不自然な体勢になった。
  • 建国後北京の有名な料理店で店員間で起こった揉め事の仲介人をかって出ている。双方の言い分を聞いてから「どっちも悪いことがわかった」と言った。なぜかと尋ねる店員たちに対して「お前さんたち、お客さんに料理を出してあげていないじゃないか」と答えたという。
  • 清国最後の皇帝であり、その後満州国の皇帝となったため、中華人民共和国の建国後には一時国事犯となった愛新覚羅溥儀を、満州族の代表として中国人民政治協商会議全国委員に推薦した。下層階級の出身者が多く、教育、教養程度が低く、伝統、古典文化に拙い者が多い当時の共産党幹部の中では、珍しく日本やフランス留学の経験もあり、名家の出であった周恩来は廃位後の溥儀の不遇を哀れんでいたとも言われている。
  • 溥儀の弟の愛新覚羅溥傑に対しても親切であった。1954年に日本にいる溥傑の長女の慧生からの手紙を読んで感動し、獄中の溥傑と日本にいる妻子(と2人の娘)との文通を認めた。また、1960年に溥傑が釈放された際も、当時まだ日本と中華人民共和国の国交がなかったにもかかわらず、浩の訪中を歓迎した[10]
  • 中華人民共和国建国以来、毛沢東との人間関係においては、古来の中華帝国の形式に則るような「皇帝に従属する宰相」というスタンスを生涯貫き通した。1970年代に実現したアメリカ・日本との国交正常化の最大の功績者は周であるが、これらの首脳対話の場面においても周はあくまで毛沢東を中国サイドの主役として立て続けた。だが、毛は周恩来を最後まで信用せず、林彪事件後は自分自身の地位を窺う陰謀を企んでいると思い込んでいた。周死去の報を聞いた毛沢東は、祝いの花火を打ち上げ上機嫌であった。
  • 1964年2月27日セイロン訪問時に、周恩来を乗せた車が踏切を渡ろうとした時に停止信号を無視して突っ込んできた急行列車とあわや衝突しそうになった事がある。この時に周恩来の乗った車の一台前の車は列車と接触事故をおこした。そして周恩来を乗せた車は急ブレーキをかけて踏み切りの数メートル手前で停止し、その目の前を猛スピードで急行列車が通過して事なきを得た。セイロンはすぐに周恩来へ深く謝罪すると共に鉄道省の責任者を更迭した。
  • 親日家として知られ、1971年関西学生友好訪中団との会見において、こう語っている。
    「日本民族は偉大な民族です。昔、元はインドシナからモスクワ、朝鮮まで侵略しましたが、日本は二度、この侵略を撃退しました。・・・明治維新をことごとく反動的なものと決めつける見方がありますが、これは誤っており一面的です。明治維新は二面性を持っています。これは史的唯物論の見方です。進歩的な一面とは民族統一と西欧文明を吸収して資本主義を発展させたことです。」
  • 中国東北地区方正(ほうまさ)地区には、ソ連軍の満州進駐、日本の敗戦によって、満州の奥地から多くの開拓民が避難してきて、ここで数千人もの人が虐殺された。当時総理だった総理周恩来の指示によって、これらの犠牲者を弔うために中国方正県政府に指示し「
    方正地区日本人公墓
    方正地区日本人公墓」を作らせた。そして、あの文化大革命の時にこの「日本人公墓」も破壊されそうになったが、周恩来の「彼らも日本軍国主義の犠牲者であり、破壊してはならぬ」との指示と、地元住民の努力で破壊されずに済んだ。
  • 周恩来の秘書の話「首相が一番嫌いなのはウソをつくことだった。 首相は、外交官でもあり、市民でも、嘘をついていけない。嘘をついて、張りぼてのみせくれや勢いだけをみせつけることでかえって中国の信頼を失う、といった」[11]
  • 日中国交回復の交換文書から「侵略戦争」とあるのを、敢えて「侵略」の2字を外す譲歩も行なった国交回復後、「侵略戦争」でなく、なぜ、「戦争」なのかと中国国内で批判が出たが、秘書「総理はつねに丁寧に説得していた。守ることが外交では一番だ。でも相手の立場もある。妥協が必要なこともある」[12]
  • 日本視察団が農村を見たいといった時、農村は日本軍の被害を最も受けた所だったため反発が強くなることが予想された。そこで周は直接農村に行き、戦争は軍国主義で日本市民も被害者、今回は市民が中国を良くしようと来るのだと説得に回っていたという。[13]
  • 1972年の国交回復で田中使節団を迎える時、周恩来は新潟出身の田中首相、香川出身の大平外相、鹿児島出身の二階堂官房長官のために、軍楽隊に新潟の佐渡おけさ、香川の金比羅船々、鹿児島のおはら節を演奏させた。
  • 田中角栄総理が中国を訪問する前、周恩来総理が田中総理についていろいろと調べるように部下に指示した時「田中角栄首相にはいろいろ女性問題がある」と週刊誌を集めて報告した部下がいた。周は「中国と日本が歴史的な和解をしようとしているんだ。そういう話は何の関係もない」と叱りつけたという。
  • 日中国交回復のため尽力していた日中覚書貿易事務所代表で当時日中唯一の窓口となっていた岡崎嘉平太と初めて会った時に周はこう言ったという。「日清戦争以来、日本は我が国を侵略し、人民を傷つけ苦しめてきました。我々にはその深い恨みがあるのです、恨みがあるといえども、中国と日本には2000年にわたる『友好の歴史』があります。戦争による不幸な歴史は、わずか数十年に過ぎないのです。我々は恨みを忘れようと努力しています。これからは中日が力を合わせて、アジアを良くしていこうではありませんか」岡崎は周恩来の印象をこう語っている。「周総理と会っていると、偉い人と会って話しているような感じがしないんです。まったく、何十年来の友人と話しているような、そんな感じを醸す人でしたね」ある時、周恩来は岡崎に「歳」を尋ねた。すると、岡崎は自分よりも一つ年上だった。周「じゃあ、あなたが兄だ」。二人は兄、弟と呼び合うほどに、信頼し合うようになっていったという。
  • 民間レベルでの日中貿易協定を結ばせた岡崎嘉平太の行動は日本国民や右翼団体の反発を招いた。息子の彬は父親について中国へ行き初めて周恩来と会った。その時、周恩来は静かに話しかけてきたという。「君のお父さんはね、たぶん自分のことを言わない。でも、私たち中国人は友のために生死をかけるような人を、本当に信頼するんだよ」「中国にいる私は、すごく安全だ。誰も私を殺そうとなどしない。でも、君のお父さんが日本に帰ると、ちょっと危ないんじゃないかな。それでも君のお父さんは、中日のために命を賭けてきたんだ。だから、私たちは信用しているんだよ」
  • 日中国交正常化の際には田中角栄総理が中国を訪問する2日前、周恩来は岡崎嘉平太をもてなすために、食事会を開いた。「中国には『水を飲むときには、その井戸を掘ってくれた人を忘れない』という言葉があります」「まもなく田中総理は中国に来られ、国交は正常化します。しかしその井戸を掘ったのは岡崎さん、あなたです」と言ったという。
  • 犬肉料理をこよなく愛したとされる。一方で、周はもともと犬食を嫌っており(「戦争中、犬食好きな仲間によって周辺から集められた仔犬を使って出された犬肉料理に、周は怒って手を付けなかった」)、のちに金日成ホー・チ・ミン人民大会堂へ招き宴会を行った際、給仕された料理に犬肉が使われていると知らず「大変良い味(很好,很好,味道不错呀!)」と答えたことの言質をとられてこの逸話が広まったとの意見[14]がある。

雨中嵐山[編集]

嵐山公園にある雨中嵐山の詩碑

周恩来が、日本留学時に京都嵐山で失意のうちに作った「雨中嵐山」のを刻んだ石碑が、嵐山公園亀山公園)内にあり、現在では日中友好のシンボル中国人観光客の観光スポットとなっており、中国要人関西を訪問した際も大抵ここを訪問する。碑文は廖承志中日友好協会会長が、日中友好条約締結時の1978年揮毫したものによる。

脚注[編集]

  1. ^ このことはこの当時まだ周恩来が共産主義者ではなかったことを示している。小倉和夫『パリの周恩来 中国革命家の西欧体験』(中央公論社〈中公叢書〉、1992年)に詳しい。
  2. ^ 勤工倹学で留学した学生には中国政府から奨学金が下りる約束であったが、実際はほぼ全てを役人に横領されている。
  3. ^ 【『戦争と罪責』野田正彰(岩波書店、1998年)】
  4. ^ 中国網日本語版2010-11-18
  5. ^ アメリカと中華人民共和国との国交正常化が実現したのは1979年のことである。
  6. ^ 「傳聞江青曾讓刑事犯在強光下剝光孫維世的衣服、進行輪姦、犯人強姦得逞可以減刑」(楊中美『紅朝艷史─毛澤東的女人』、214頁)とも伝えられている。
  7. ^ 中国共産党中央党校理論研究室副主任であった阮銘1994年に著した『旋轉舞台上的周恩來』に「在查證『四人幫』的罪行中、發現那些文革中慘遭迫害的冤案、在逮捕令上幾乎都是周恩來的簽名、包括逮捕他自己的乾女兒孫維世」とある。
  8. ^ 周恩来の治療について何らかの圧力によって最善が尽くされなかったことは周恩来の主治医張佐良が、自著『周恩来・最後の十年』で記している。たとえば周恩来の癌の手術は完全には行われなかったし、抗癌剤治療も行うことが出来なかった。主治医はその原因については、明確な記述を行っていない。また作家ユン・チアンが執筆した『マオ』では、「毛沢東が治療の妨害を行った」と記述されている。ユン・チアンがインタビュー・リストにこの主治医を載せていることは注目に値する。かつて中国共産党中央文献研究室で周恩来の伝記の編纂作業に携わり、1989年六四天安門事件を受けてアメリカ合衆国へ渡った高文謙が、渡米後に著した『周恩来秘録』でも同じ結論が出されている。
  9. ^ 矢吹晋『毛沢東と周恩来』。
  10. ^ 王效賢「溥傑氏と浩夫人への周総理の配慮」『人民中国』。
  11. ^ BSプレミアム 家族と側近が語る周恩来
  12. ^ BSプレミアム 家族と側近が語る周恩来
  13. ^ BSプレミアム 家族と側近が語る周恩来
  14. ^ 中国新聞社(チャイナニュース) 2010年12月13日記事

著書邦訳[編集]

  • 周恩来語録 秋元書房, 1972.
  • 周恩来日本を語る 米谷健一郎編. 実業之日本社, 1972.
  • 周恩来・中国の内外政策 森下修一編訳. 中国経済新聞社, 1973.
  • 周恩来選集 森下修一編訳. 中国経済新聞社, 1978.9.
  • 矢吹晋編、鈴木博訳『周恩来「十九歳の東京日記」―1918.1.1~12.23』小学館文庫,1999   

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 周恩来と日本 苦悩から飛翔への青春 王永祥,高橋強編著 周恩来鄧穎超研究会訳. 白帝社, 2002.11.
  • 毛沢東と周恩来 中国共産党をめぐる権力闘争「1930年~1945年」 トーマス・キャンペン 杉田米行訳 三和書籍 2004.2.

関連項目[編集]

中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
政務院総理から移行
国務院総理
1954年 - 1976年
次代:
華国鋒
先代:
設置
政務院総理
1949年 - 1954年
次代:
国務院総理へ移行
先代:
毛沢東
全国政治協商会議主席
1954年 - 1976年
次代:
鄧小平
先代:
設置
外交部長
1949年 - 1958年
次代:
陳毅
 Flag of the Chinese Communist Party.svg中国共産党
先代:
林彪
(単独の副主席)
中央委員会副主席
(党内序列2位、副主席筆頭)
1973年 - 1976年
次代:
華国鋒
(第一副主席)
先代:
設置
中央委員会副主席
1956年 - 1966年
劉少奇、周恩来、朱徳
陳雲林彪(1958年 - )
次代:
林彪
(単独の副主席)