狭間直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狭間 直樹(挾間直樹、はざま なおき、1937年8月30日[1] - )は、日本歴史学者京都大学名誉教授。専門は中国近現代史。財団法人孫中山記念会副理事長。兵庫県出身。

経歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『中国社会主義の黎明』岩波新書、1976
  • 『梁啓超 東アジア文明史の転換』岩波現代全書 岩波書店 2016

共著[編集]

編纂[編集]

  • 中国国民革命の研究 京都大学人文科学研究所 1992
  • 『一九二〇年代の中国 京都大学人文科学研究所共同研究報告』汲古書院 1995
  • 『共同研究 梁啓超―西洋近代思想受容と明治日本』みすず書房、1999年
  • 『京都大学人文科学研究所70周年記念シンポジウム論集 西洋近代文明と中華世界』京都大学学術出版会、2001年

訳書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.336