吉田富夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 富夫(よしだ とみお、1935年10月19日[1]- )は、日本の中国文学者佛教大学名誉教授。現代中国研究会代表。中国現代文学専攻。

経歴[編集]

広島県賀茂郡福富町(現・東広島市)生まれ[2][3]

1958年京都大学文学部中国文学科卒、1963年大学院博士課程単位取得満期退学。1967年京大文学部助手、1972年佛教大学文学部講師、1974年助教授、1979年教授、2008年定年退任、名誉教授。中国現代文学の長編の翻訳で知られ、莫言の著作を数多く翻訳し、日本に紹介してきた[3][4]2003年来日した莫言を広島福富町のかやぶきの生家に招いたこともあり、現在もメールでやりとりがある[2][3][4]2012年12月、莫言のノーベル文学賞受賞に際して、莫言の推薦でノーベル賞授賞式、受賞パーティーに夫妻で出席した。

著書[編集]

  • 『五四の詩人王統照 五四運動の研究 第3函』同朋舎出版 1985
  • 『反転する現代中国 文学・演劇・文化』研文出版(研文選書) 1991
  • 『中国現代文学史』佛教大学通信教育部 1996
  • 『中国現代文学史 一九一五-四九』朋友書店 1997
  • 魯迅点景』研文出版(研文選書) 2000
  • 『佛教大学鷹陵文化叢書14 未知への模索――毛沢東時代の中国文学』思文閣出版 2006
  • 『中国幻影 開いたパンドラの箱』阿吽社 2008
  • 『莫言神髄』中央公論新社、2013

共著[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『吉田富夫先生退休記念中国学論集』汲古書院 2008

論文[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]