風媒社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風媒社
Fubaisha Headquarter 20150131.JPG
正式名称 有限会社風媒社
英文名称 Fubaisha, Inc.
現況 継続中
出版者記号 8331
取次コード 7302
設立日 1963年
代表者 山口章
本社郵便番号 460-0013
本社所在地 愛知県名古屋市中区大須1-16-29
北緯35度9分17.5秒 東経136度54分21.6秒 / 北緯35.154861度 東経136.906000度 / 35.154861; 136.906000座標: 北緯35度9分17.5秒 東経136度54分21.6秒 / 北緯35.154861度 東経136.906000度 / 35.154861; 136.906000
従業員数 6名
得意ジャンル 社会科学、ノンフィクション、尾張地方のガイドブック
外部リンク 公式サイト
Twitter https://twitter.com/fubaisha
テンプレートを表示

有限会社風媒社(ふうばいしゃ)は、愛知県名古屋市に本拠地を置く出版社

1963年(昭和38年)設立。社名には「本を介して情報が風に乗って広がるように」という意味が込められている[1]。現編輯長は在日韓国人三世の劉永昇である。原子力発電所や環境などの社会問題を問う書籍や、名古屋市を中心とする郷土に関する書籍を中心に刊行している[2]。問出版社団体であるNR出版会日本出版者協議会に所属する。

歴史[編集]

1933年(昭和8年)、創業者である稲垣喜代志愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に生まれた。法政大学文学部に入学後、3年次に法学部に転部した。在学中は学生運動が盛んであり活動に明け暮れた。その後学生社に入社するが、日本読書新聞に転職し、記者として当時の編輯長の巌浩の元で学んだ。日本読書新聞では同僚に、作家の渡辺京二や詩人の三木卓らがいた。1963年(昭和38年)には日本読書新聞を退社し、愛知県名古屋市に転居して風媒社を設立した。

初期には『現代ソ連論』など思想系翻訳書の刊行が多かったが、1970年代以降には子育て・陶芸・洋画などの分野の刊行が増えた[2]。社会問題を提起するような書籍を積極的に刊行しており、1967年(昭和42年)には四日市ぜんそくの被害者に焦点を当てた『青空をかえせ』を刊行した[2]。1993年(平成5年)には慰安婦問題に関する証言集『破られた沈黙』(後に『無窮花の哀しみ』に改題)を刊行した[2]。1995年(平成7年)に刊行した『原発事故…その時、あなたは!』は、2011年(平成23年)3月11日の福島第一原子力発電所事故後に再び注目を集めた[2]。1993年(平成5年)に『さくら道 太平洋と日本海を桜で結ぼう』を刊行すると、1994年(平成6年)には『さくら』として映画化され、その後も売れ続けるロングセラーとなった。

2011年(平成23年)には稲垣が代表を退いて会長に就任し、後任の社長には山口章が就任した。それまで入居していたビルが老朽化したことで、2017年(平成29年)4月には堀川沿いの現在地に移転した。2017年(平成29年)10月28日には創業者の稲垣が死去した[2][1]

2021年(令和3年)2月には2020年度の名古屋市芸術奨励賞(名古屋市芸術賞)を受賞した[2][1][3]。文芸分野で出版社が受賞するのは初である[2]

特色[編集]

出版第1号は小児麻痺患者の歌人・新堂広志『はるかなる陽ざし 新堂広志歌集』であり、短歌関係の出版物も多い。2003年(平成15年)から2007年(平成19年)にかけて荻原裕幸責任編集の「短歌ヴァーサス」を刊行し、斉藤斎藤笹井宏之永井祐など若手歌人たちの登場の場となった。

社会科学書、ノンフィクション、文学を中心に出版活動しているが、近年では尾張地方を題材にしたガイドブックの刊行も目立つ。年間に40冊から50冊を刊行し、2021年(令和3年)時点で総刊行点数は2000冊を超える[2]中部大学発行書籍の発売元にもなっている。

出版物[編集]

主要出版物
  • 小関智弘『粋な旋盤工』1984年
  • 中村儀朋『さくら道:太平洋と日本海を桜で結ぼう』1994年
  • 朝日新聞名古屋社会部『町長襲撃:産廃とテロに揺れた町』1997年
定期刊行物
  • アリーナ(年一回発行、中部大学発行、風媒社発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 訃報 稲垣喜代志さん84歳 出版社・風媒社を創業”. 毎日新聞 (2020年10月31日). 2021年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 地方発、多様な声を守る 名古屋の出版社・風媒社、市芸術奨励賞を受賞”. 中日新聞 (2021年3月26日). 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ 風媒社に名古屋市芸術賞 「社会的弱者に寄り添う」 文芸分野で初”. 毎日新聞 (2021年2月16日). 2021年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]