東方紅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東方紅とうほうこう簡体字东方红拼音: Dōngfāng Hóng)は、

  1. 中華人民共和国毛沢東中国共産党を讃える歌曲。1960年代のプロレタリア文化大革命期の事実上の国歌。本項で解説する。以下の命名はすべてこの曲に由来している。
  2. 中華人民共和国の文化大革命時の毛沢東や中国共産党を讃えるミュージカル。本項の後半で解説する。
  3. 中華人民共和国の人工衛星機関車等に好んで命名された名称。東方紅 (人工衛星)を参照。
  4. 黒竜江省虎林市にある「」の名。鉄道の終点であり、ロシア国境ウスリー川まで20キロあまりのところにある。

作者[編集]

作詞者は李有源。彼は陝北地方(陝西省北部)の農民出身で、抗日戦争中、昇る朝日を見て歌詞を思いつき、出身地の民謡メロディに歌詞をつけたものといわれている。そのため中華人民共和国では、この曲を「陝北民歌・革命歌曲」とする例が多い。1944年共産党解放区新聞「延安日報」上で発表された。現在演奏される伴奏をつけたのは李煥之

文革期の臨時国歌[編集]

中華人民共和国の国歌は「義勇軍進行曲」(簡体字:义勇军进行曲拼音: Yìyǒngjūn Jìnxíngqǔ)であるが、文化大革命中に作詞者の田漢が批判されたこともあって、歌詞は歌われなくなり、演奏だけにとどまっていた。そして、「東方紅」が事実上、国歌として扱われた。学校や職場では朝一番に必ず斉唱した。ラジオは国内向け・国際放送とも、「東方紅」の演奏で始まって、「インターナショナル」で終わるのが普通だった。ただし現在では、公式には「インターナショナル」が国歌扱いで「東方紅」は第二国歌扱いだったとする説もある。その名残で近年まで、中華人民共和国の国際放送である中国国際放送(北京放送)のインターバル・シグナルは「東方紅」のメロディを使用していたが、現在は「義勇軍進行曲」のものを使用している。

建国60周年記念式典での使用[編集]

毛沢東死去後、鄧小平時代になって毛沢東の誤りも指摘されるようになってからは「東方紅」が歌われることは以前に比べて少なくなり、公的な場での使用もほとんどなくなっていた。2009年10月1日に行われた中華人民共和国成立60周年記念式典において、軍事パレードに引き続き開催された「群衆パレード」の冒頭は毛沢東時代・鄧小平時代・江沢民時代・胡錦濤時代を表すパレードがあり、それぞれの時代を表す歌が歌われた。毛沢東時代を表す歌として「東方紅」が選ばれ、曲の演奏・毛沢東の建国宣言の肉声の放送に引き続き、「東方紅」の合唱が行われた。

歌詞[編集]

  • (「呼児咳呀」は特に意味のない掛け声、あるいは感嘆詞である。そのため発音が同一の「呼爾嗨喲」「呼爾咳呀」「呼児海約」等、別の字で表記されることも多い。)
  • 1960年代、1970年代の一部の親中派の新左翼系団体の発行していた歌集では日本語に翻訳あるいは意訳された日本語版東方紅が掲載されていたものもごく一部にあった。

ミュージカル[編集]

1965年に上演された音楽劇。音楽舞踊史詩と謳われた。列強の支配にあえぐ旧社会に共産党が現れ、農村では農工兵が組織されて地主階級が打倒され、都市では学生が立ち上がり、国民党日本軍を倒し、諸民族を解放し、新中国を建国するまでの歴史を、音楽、歌、踊りで壮大に描いた革命舞台劇。場面転換時のナレーション(男女各一名)以外は、台詞は一切なく、歌詞によって説明される。曲は「東方紅」に始まり、「義勇軍進行曲」、「三大紀律八項注意」など、革命で歌われたものが中心。最後は「インターナショナル」の斉唱で終わる。同年、記録映画も製作され、大劇場のない地方で上映された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]