スターリン批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スターリン批判(スターリンひはん)とは、1956年ソ連共産党第一書記ニキータ・フルシチョフが発表した報告と、それに基づく政治路線のこと。そこではスターリン執政期における秘密の一部が暴露され、個人崇拝が批判された。

前史[編集]

詳細については非スターリン化を参照

1939年、スターリンは次のように述べた。

社会主義ソ連邦では既に階級は存在せず、抑圧機構としての国家も存在しない」。

しかし、実際には多くのソ連国民が、シベリアをはじめ各地の政治犯強制収容所強制労働に従事していた。

第二次世界大戦後も、スターリンは国際共産主義運動に君臨していた。 1951年日本共産党所感派国際派に分裂したときも、所感派に軍配を上げ(スターリン判決)、国際派は涙を飲むより他になかった。

スターリン批判(1956年)[編集]

フルシチョフ演説の経緯[編集]

スターリンの死去から3年が経過した1956年2月、ソ連共産党第一書記フルシチョフは、第20回党大会において、外国代表を締め出し(一部の外国共産党幹部には、事前に演説の内容を示されている。フランス共産党モーリス・トレーズチェコスロバキア共産党アントニーン・ノヴォトニー朝鮮労働党崔庸健ベトナム共産党チュオン・チン、そして中国共産党朱徳である。朱徳の序列が一位であった[1])、スターリンの個人崇拝独裁政治粛清の事実を公表した。特に、全領土で吹き荒れた大粛清の契機となったキーロフ暗殺に至る陰謀について詳細に明かされた。フルシチョフは、全ソ労評議長として、スターリンに直接仕える立場にあった。

すでに西側の共産主義シンパからソ連とスターリン体制への失望が表明されることはあったが、これにより、スターリンの名は国際共産主義運動の玉座から決定的に引きずり下ろされる形となった。

演説の内容[編集]

フルシチョフの秘密報告の要旨は以下の通りである(下記外部リンク参照)。共産主義者特有の言い回しが随所に登場するが、基本的にそのまま引用した。

  1. 個人崇拝はマルクスレーニンによって戒められていたにもかかわらず、レーニンの死後、党と国家の指導者となったスターリンは、自らを対象とした個人崇拝を許すどころか奨励し、党生活や社会主義建設に重大な障害をもたらした。
  2. すでにレーニンはスターリンの指導者としての資質に問題があることを指摘し、彼を書記長職から異動させることを提案していた。レーニンの死後、スターリンはこうしたレーニンの忠告に耳を傾けるそぶりを見せたため、彼はその後も書記長職に留まった。だが彼はほどなく本性を現し、党生活の規律を無視して専横するに至った。
  3. 1934年の第17回党大会で選出された中央委員・同候補139名のうち、70パーセントにあたる98名が(主に大粛清の際)処刑された。党大会の代議員全体を見ても、1,966名のうち1,108名が同様の運命をたどった。彼らに科せられた「反革命」の罪状は、その大半が濡れ衣であった。
  4. スターリンの弾圧はソ連社会の各方面で活躍する活動家、さらにおびただしい数の無辜の市民に及んだ。彼らに科せられた「トロツキスト」「人民の敵」その他の罪状は、これまたでっちあげであった。
  5. ヒトラーは権力掌握時からソビエト連邦への攻撃と共産主義の抹殺の意図を隠さなかったにもかかわらず、スターリンはヒトラー・ドイツに対する防衛の準備を怠り、それどころか有能な多くの軍事指導者をその地位から追放、逮捕、さらには処刑に追いやった。大祖国戦争の初期の戦闘において赤軍が重大な敗退を喫し、兵士、市民に莫大な犠牲者を生じた責任はスターリンにある。
  6. スターリンの専横ぶりは、第二次世界大戦後のソ連と社会主義兄弟国との関係にも悪影響を及ぼした。その最も際立った重大な例はチトー率いるユーゴスラビアとの関係悪化で、当時両国間に生じた問題は、同志間の話し合いで解決できなかったものは何一つなかったのに、「俺が小指一本動かせばチトーは消えてなくなる」と言い放ったスターリンの傲慢な態度が原因で両国関係は決裂し、ユーゴを敵対陣営に追いやってしまった。

このようにスターリン体制を批判したフルシチョフだが、演説の内容自体はフルシチョフのオリジナルではなく、政敵であるマレンコフが考え出した物であり、フルシチョフがその原稿を横取りした可能性が指摘されている。また、フルシチョフは自分がスターリンの下でどれだけ忠実に動いたのかを明言しなかった。大粛清に積極的に加担し、自身の出世に利用した点も考慮する必要があると言える(もっとも、スターリンの生前は「NO」ということはすなわち「死」を意味することであり、一般国民だけでなく党や政府などスターリンに仕える立場にあるものまで生命の危険に晒されていた)。

CIA長官アレン・ダレスはこの演説内容を入手するために、金に糸目をつけなかった[2]

第二次スターリン批判(1961年)[編集]

数年後、もう一度フルシチョフによるスターリン批判が行われた。この結果、スターリンの遺体はレーニン廟から撤去され、燃やされた。岩間徹はこれを「遺体をどこかへ移してまで、非スターリン化をやろうというのだから、今でもまだスターリン主義は厳然たる権威を持ち続けていると言わねばなるまい」と評している[3]

時は流れ1987年11月、在任中のゴルバチョフ書記長がロシア革命70周年記念式典でスターリンを批判し、レーニンもスターリン主義の元凶として批判した

スターリン批判の影響[編集]

スターリン神話が崩壊したとは言え、ソ連ではその後も秘密警察KGB)が国民を監視するという恐怖支配の構図はソ連崩壊まで変わらなかった。ただし、少年期にこの出来事を通過した世代(フルシチョフ世代)は「権威が失墜するさま」を実際に目撃したため、のちに生まれる「ブレジネフ世代」よりリベラルな考え方を身につけることになる。ゴルバチョフもその一人である[4]

フルシチョフのスターリン批判の直後、ハンガリーで民主化を求める市民革命ハンガリー動乱)が起きたが、ソビエト軍が出動し、最終的に鎮圧された。また、秘密報告の中で民族強制移住の被害者として言及された民族のうちカラチャイ人カルムイク人チェチェン人イングーシ人バルカル人は名誉回復が行われ、故郷での自治領が再建された(カラチャイ・チェルケス共和国カルムイク自治州チェチェン・イングーシカバルダ・バルカル自治ソビエト社会主義共和国。その一方で、クリミア・タタール人ヴォルガ・ドイツ人は名誉回復がなされず、自治領再建も認められなかった[5]

また、構造改革などの影響で既にスターリン主義とは一定の距離を置いていた西欧の共産党には、スターリン批判は自己に直接影響を及ぼすものとは受け止められなかった。かつてスターリンが退けた「国際派」が主流となっていた日本共産党も同様で、スターリン批判と共に打ち出された平和共存の学習の推進を訴えただけだった。

スターリン批判は中国との関係に重大な亀裂を生み出した。フルシチョフのスターリン批判とそれに続く平和共存(デタント)を北京の毛沢東指導部は「修正主義」と批判し、以降中ソ関係は急速に悪化する事となる。代わりに中国は、アメリカとの関係を修復していった。

北朝鮮ではすでにスターリン型の支配体制を築き上げて、その正統性を人民に要求し続けていた金日成政権が、中国と同様にフルシチョフの路線を「修正主義」として強く批判した(既に前年12月に、非スターリンの動きが波及するのを恐れて主体思想に関する演説を行っていた[6]。また「朝鮮の党にとっては『個人崇拝』とは、朴憲永崇拝のことである」と金日成は主張している[7])。これはソ連との関係が冷却化する契機となった。実際にフルシチョフによる消費財生産重点化政策をきっかけに、金日成派の執権は脅かされていた。一方、延安派ソ連派の幹部がスターリン批判を受けてクーデターを計画したが失敗に終わり、粛清された(8月宗派事件)。この後、出身成分制度が確立され、敵対階層に対する容赦のない弾圧が始まるのである[8]。また、自由主義思想をもって個人崇拝批判に同調するインテリに対しても攻撃を強めた[9]。そして、主体思想体制の確立が、結果的に北朝鮮の国家経済衰退につながっていく。社会主義国間での相互援助の輪から孤立したためである[10]

日本において、スターリン批判を重く受け止めたのはトロツキストであった。これを前後して、日本のトロツキストは、新しい前衛党新左翼の結成に進んだのであった[11][12]。いっぽう日本共産党は、これは外国の党の問題であるとして正面切っての批判は避けた。宮本顕治はフルシチョフに強い反発を抱いた[13]

また、それまでの「単純な階級闘争史観」が一気に打ち破られ、歴史認識における多様な視点を生み出す条件を創り出す一要因となったという指摘がある[14][15]。政治的には、1956年1月17日に四ヶ月ぶりに再開したばかり日ソ国交回復を目指す交渉が、3月20日に無期休会に入っている[16]

さらに、日本では「大衆社会論」が盛んになった。これは、従来のマルクス主義による階級社会論では解けない大衆社会が日本で出現していたためであると、蝋山政道は指摘している[17]

フルシチョフの演説に先立ち、アナスタス・ミコヤンによるスターリン個人崇拝の問題を指摘した演説が行われたが、このミコヤン演説とフルシチョフ一般演説の抄録ないし全文が、雑誌『世界』および『中央公論』1956年4月号に掲載された。フルシチョフ秘密演説がアメリカ国務省ルートで発表されると、その全文が『中央公論』同年8月号に掲載されたが、『世界』は8月号に関連論文はないし、9月号でも「社会主義への道は一つではない!」という特集が組まれただけであった[18]

1997年のモスクワ放送では『10月革命の起きた1917年から旧ソ連時代の87年の間に6200万人が殺害され、そのうち、4000万が強制収容所で死んだ。レーニンは社会主義建設のため国内で400万の命を奪い、スターリンは1260万の命を奪った』と放送した。

書籍[編集]

  • 『フルシチョフ秘密報告「スターリン批判」』志水速雄翻訳 講談社学術文庫 ISBN 4061582046
  • 当事者の一人であるフルシチョフの証言についてはニキータ・フルシチョフ#著書を参照。
  • 『国際共産主義運動の総路線についての論戦』外文出版社 - 同書にて、中国共産党はスターリンを擁護し、フルシチョフを修正主義者であり、反革命として徹底的に攻撃した。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下斗米伸夫 『アジア冷戦史』 中公新書 1763 ISBN 978-4121017635、101p
  2. ^ 落合信彦 『21世紀への演出者たち CIA vs KGB集英社文庫 [お-5-5] ISBN 4087507645、97p
  3. ^ 責任編集 村瀬興雄 『世界の歴史15 ファシズムと第二次大戦』 中公文庫 [S-1-15] ISBN 4122002281、165-166p。当該箇所の執筆は岩間。
  4. ^ 保阪正康 『昭和の空白を読み解く 昭和史 忘れ得ぬ証言者たち Part2講談社文庫 [ほ-10-12] ISBN 978-4062754897、295p
  5. ^ 松戸清裕 『ソ連史』 ちくま新書 935 ISBN 978-4480066381、104p
  6. ^ 徐大粛 林茂訳 『金日成』 講談社学術文庫 2162 ISBN 978-4062921626、217p
  7. ^ 和田春樹 『北朝鮮現代史』 岩波新書 新赤版1361 ISBN 978-4004313618、84p
  8. ^ 萩原遼 『拉致と核と餓死の国 北朝鮮』 文春新書 306 ISBN 416660306X、177-178p
  9. ^ 黄長ヨプ 萩原遼訳 『金正日への宣戦布告 黄長ヨプの宣戦布告文春文庫 [フ-17-1] ISBN 416765105X、126p
  10. ^ 金賛汀 『将軍様の錬金術 朝銀破綻と総連ダークマネー新潮新書 304 ISBN 978-4106103049、46-47p
  11. ^ 柴垣和夫 文庫判『昭和の歴史9 講和から高度成長へ 国際社会への復帰と安保闘争小学館 ISBN 4094011099、127p
  12. ^ 荒岱介 『新左翼とは何だったのか』 幻冬舎新書 68 ISBN 978-4344980679、29p
  13. ^ 兵本達吉 『日本共産党の戦後秘史』 新潮文庫 [ひ-29-1] ISBN 978-4101362915、346-347p
  14. ^ 家近良樹 『孝明天皇と「一会桑」 幕末・維新の新視点』 文春新書 221 ISBN 4166602217、21-22p
  15. ^ 家近良樹 『江戸幕府崩壊 孝明天皇と「一会桑」』 講談社学術文庫 2221 ISBN 978-4062922210、28-29p
  16. ^ 猪木武徳 『日本の近代7 経済成長の果実 1955〜1972』 中公文庫 [S-24-7] ISBN 978-4122058866、24-25p
  17. ^ 蝋山政道 『日本の歴史26 よみがえる日本』 中公文庫新版 [S-2-26] ISBN 978-4122047488、262p
  18. ^ 奥武則 『論壇の戦後史 1945‐1970平凡社新書 373 ISBN 978-4582853735、131-132p