ソ連共産党第20回大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソ連共産党第20回大会(ソれんきょうさんとうだいにじっかいたいかい ロシア語: XX съезд Коммунисти́ческой па́ртии Сове́тского Сою́за)とは、フルシチョフ政権時代の1956年2月に開催されたソビエト連邦共産党党大会である。

第20回党大会で演説するフルシチョフ第一書記

概要[編集]

この党大会で特筆すべきは大会最終日にフルシチョフによって行われたスターリン批判の演説である。この席上での彼の秘密演説は後にアメリカ国務省によって全世界に公開され、その後のポズナン暴動ハンガリー動乱中ソ対立などを引き起こすことになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 下斗米伸夫, 「スターリン批判と金日成体制 : ソ連大使館資料を中心に」『法学志林』 法学志林協会 103巻 1号 2005年 p.1-76, ISSN 03872874