ラトビア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラトビア人
latvieši
総人口
c. 1.4–1.5 million[要出典]
Latvian people around the world.svg
居住地域
ラトビアの旗 ラトビア 1 192 333 (2020)[1][2]
Other significant population centers:
イギリスの旗 イギリス124,000 (2020)[3][4][5]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ96,070–102,000 (2009)[6]
カナダの旗 カナダ27,870 (2006)[7]
ドイツの旗 ドイツ27,752 (2014)[8]
ブラジルの旗 ブラジル25,000 (2002)[9][10][11]
アイルランドの旗 アイルランド20,593 (2011)[12]
オーストラリアの旗 オーストラリア20,509 (2016)[13]
ロシアの旗 ロシア18 979 (2010)
ノルウェーの旗 ノルウェー11,723 (2019)[14]
スウェーデンの旗 スウェーデン9,569 (2018)[15]
ウクライナの旗 ウクライナ5,079 (2001)[16]
デンマークの旗 デンマーク3,799 (2012)[17]
スペインの旗 スペイン3,711 (2011)[18]
エストニアの旗 エストニア3,329 (2020)[19]
イタリアの旗 イタリア2,689 (2014)[20]
フィンランドの旗 フィンランド2,624 (2018)[21]
フランスの旗 フランス2,602 (2016)[22][23]
リトアニアの旗 リトアニア2,300 (2012)[24]
ベラルーシの旗 ベラルーシ1,549 (2009)
オランダの旗 オランダ1,400 (2002)[25]
カザフスタンの旗 カザフスタン1,123 (2009)[26]
スイスの旗 スイス736 (2006)[27]
ベルギーの旗 ベルギー679 (2008)[28]
アイスランドの旗 アイスランド654 (2013)[29]
ポルトガルの旗 ポルトガル383 (2010)[30]
ベネズエラの旗 ベネズエラ300[31]
ポーランドの旗 ポーランド293 (2011)[32]
言語
ラトビア語
宗教
ルーテル教会が優勢[33]、少数はローマカトリックリトアニア正教会英語版
関連する民族
他のバルト系民族

ラトビア人(ラトビアじん、latvieši; Latvians, Letts)は、ラトビア共和国(ラトビア)の基本住民を形成する民族。現在の総人口は凡そ150万人程である。

9世紀のころから民族形成の過程は始まるが、12世紀13世紀ドイツ人東方植民)の侵入によってその過程は遅らされ、15世紀16世紀になってようやく終結した。

著名なラトビア人に関してはラトビア人の一覧を参照。

遺伝子[編集]

ラトビア人のY染色体は、ある調査ではハプログループR1aハプログループN1a1-Tatがそれぞれ39.9%である[34]。別の調査ではハプログループR1aが39.5%、ハプログループN1a1-Tatが42.1%である[35]

R1aは東ヨーロッパ起源で、印欧語族サテム語に関連しており[36]、ラトビア人ではR1aの下位系統のM558が集中して見られる。

ハプログループN1a1-Tatは東アジア起源でウラル語族の拡散に関連している[37]。ヨーロッパではフィン・ウゴル系民族バルト系民族東スラヴ系民族に高頻度で、ラトビア人とリトアニア人では多くが下位系統のL550で占められている。

他にハプログループI1も10%弱見られる[38]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Population by ethnicity in regions, cities, 21 development centres and municipalities at the beginning of the year by Ethnicity, Territorial unit, Indicator and Time period”. Oficiālās statistikas portāls. 2021年4月23日閲覧。
  2. ^ ISG08. Latviešu skaits Latvijā un Rīgā gada sākumā”. Data.csb.gov.lv. 2017年8月2日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Population of the UK by country of birth and nationality - Office for National Statistics”. www.ons.gov.uk. 2021年4月23日閲覧。
  4. ^ Population by country of birth and nationality, Annual Population Survey, Office of National Statistics, 2014] Archived August 28, 2010, at the Wayback Machine.
  5. ^ BNS. “TVNET :: Ārvalstīs - Lielbritānijā pašlaik dzīvo 39 tūkstoši viesstrādnieku no Latvijas”. Tvnet.lv. 2011年12月3日閲覧。
  6. ^ U.S. Census website”. United States Census Bureau. 2011年12月3日閲覧。
  7. ^ contenu, English name of the content author / Nom en anglais de l'auteur du. “English title / Titre en anglais”. 12.statcan.gc.ca. 2017年8月2日閲覧。
  8. ^ Federal Statistical Office - Foreign population by average-age and average duration of residence”. Destatis.de (2008年10月20日). 2012年1月23日閲覧。
  9. ^ Um atalho para a Europa”. Epoca. Editora Globo S.A (2002年6月24日). 2021年5月3日閲覧。
  10. ^ Brazilian Embassy in Stockholm”. Brazilianembassy.se. 2017年8月2日閲覧。
  11. ^ A Millenarian Migration: Varpa”. Lituanus.org. 2017年8月2日閲覧。
  12. ^ CSO Emigration”. Census Office Ireland. 2013年1月29日閲覧。
  13. ^ ABS. “ABS Statistics”. Stat.data.abs.gov.au. 2017年8月2日閲覧。
  14. ^ Immigrants and Norwegian-born to immigrant parents, by country background. 1 January 2019” (ノルウェー語). Statistics Norway. 2021年5月3日閲覧。
  15. ^ https://www.scb.se/hitta-statistik/statistik-efter-amne/befolkning/befolkningens-sammansattning/befolkningsstatistik/pong/tabell-och-diagram/helarsstatistik--riket/befolkning-efter-fodelseland-och-ursprungsland/
  16. ^ State statistics committee of Ukraine - National composition of population, 2001 census” (ウクライナ語). 2001.ukrcensus.gov.ua. p. 3. 2017年8月2日閲覧。
  17. ^ StatBank Denmark”. Statbank.dk. 2017年8月2日閲覧。
  18. ^ Población extranjera por sexo, edad (grupos quinquenales) y país de nacionalidad”. Ine.es. 2017年8月2日閲覧。
  19. ^ Population by ethnic nationality”. Statistics Estonia. 2016年3月30日閲覧。
  20. ^ Statistiche demografiche ISTAT”. Demo.istat.it. 2015年6月28日閲覧。
  21. ^ Language by sex, by region and municipality in 1990 to 2017”. Pxweb2.stat.fi. 2011年12月3日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ https://www.diplomatie.gouv.fr/fr/dossiers-pays/lettonie/presentation-de-la-lettonie/
  23. ^ [1] Archived December 21, 2011, at the Wayback Machine.
  24. ^ Gyventojų skaičius metų pradžioje. Požymiai: tautybė - Rodiklių duomenų bazėje”. Db1.stat.gov.lt. 2011年12月3日閲覧。
  25. ^ Demografie van de allochtonen in Nederland (PDF)”. Cbs.nl. 2017年8月2日閲覧。
  26. ^ Ethnic composition, religion and language skills in the Republic of Kazakhstan Archived 2011-07-23 at the Wayback Machine.
  27. ^ Archived copy”. 2015年3月18日閲覧。
  28. ^ Bevolking per nationaliteit, geslacht, leeftijdsgroepen op 1/1/2008” (オランダ語). Statbel.fgov.be. 2011年12月3日閲覧。
  29. ^ Frontpage - Hagstofa”. Hagstofa. 2017年8月2日閲覧。
  30. ^ Archived copy”. 2013年4月21日閲覧。
  31. ^ Latvijas Republikas un Venecuēlas Bolivāra Republikas divpusējās attiecības”. Mfa.gov.lv. 2017年8月2日閲覧。
  32. ^ Ludnosc Stan i struktura demograficzno-spoteczna (PDF)”. Stat.gov.pl. 2017年8月2日閲覧。
  33. ^ Tieslietu ministrijā iesniegtie reliģisko organizāciju pārskati par darbību 2011. gadā” (ラトビア語). 2012年7月25日閲覧。
  34. ^ Y Chromosome and Mitochondrial DNA Variation in Lithuanians”. 2021年5月3日閲覧。 Kasperaviciute et al. 2004 (link broken)
  35. ^ Laitinen V, Lahermo P, Sistonen P, Savontaus ML (2002). "Y-chromosomal diversity suggests that Baltic males share common Finno-Ugric-speaking forefathers". Human Heredity. 53 (2): 68–78. doi:10.1159/000057985. PMID 12037406. S2CID 29863635.
  36. ^ Eupedia Haplogroup R1a (Y-DNA)
  37. ^ Eupedia Haplogroup N1c (Y-DNA)
  38. ^ Pliss, Liana; Timša, Līga; Rootsi, Siiri; Tambets, Kristiina; Pelnena, Inese; Zole, Egija; Puzuka, Agrita; Sabule, Areta et al. (November 2015). “Y-Chromosomal Lineages of Latvians in the Context of the Genetic Variation of the Eastern-Baltic Region”. Annals of Human Genetics 79 (6): 418–430. doi:10.1111/ahg.12130. ISSN 1469-1809. PMID 26411886. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26411886/.