東方植民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツ人の居住地域の変遷(700年から19世紀まで)

東方植民(とうほうしょくみん、ドイツ語:Ostsiedlung)とは、12世紀14世紀エルベザーレ両川以東の地への神聖ローマ帝国の西部ドイツ人騎士修道会による植民。後に、神聖ローマ帝国とドイツ騎士団領土の拡大に続く。エルベ以東の地方は、民族大移動ゲルマン人の居住地域であったが、その後スラブ人 により占拠された。

現在のエストニアスロベニアトランシルヴァニアの地域。

とくに、ドイツ騎士団は先住民のキリスト教化を理由にバルト海東南沿岸地域で軍事的性格の濃い植民を推し進め、のちのプロイセンのもとになる大規模な領土を獲得した。


概要[編集]

民族移動後のゲルマン人の定住地域の東境は、ほぼエルベ川とその支流ザーレ川、ボヘミアの森とバイエルン境を連ねる線であり、それ以東はスラブ人の居住地であった。10世紀以降、この地域のキリスト教会が精力的に活動を行い、多数の司教座が建設された。

領邦諸侯や騎士団は、実際の植民事業の遂行をロカトール(Locator)とよばれる請負人にゆだねた。ロカトールは、ドイツ本国において植民者を募集し、彼らを率いて植民村落の建設を行った。ロカトールは村長として裁判権などの特権を賦与され、村民から地代を徴収して、領主である諸侯や騎士団に納めた。植民地域の建設都市のうち、バルト海沿岸の海港都市や比較的大きな商業都市のように、ハンザ都市その他本国の都市が母都市となり、母都市の商人団が娘都市(Tochterstaad)を建設したものもあるが、内陸の中・小都市の多くは、植民村落の場合と類似の方法で、ロカトールの請負により建設された。

歴史[編集]

テッラ・マリアナ、ブランデンブルク、メクレンブルク、ポメレリア[編集]

テッラ・マリアナ(中世リヴォニア、現エストニア、スロベニア)はリヴォニア十字軍の後に植民された。

ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト1世ブランデンブルクの獲得に成功した。

1164年ザクセン公ハインリヒ3世メクレンブルクの領土を得た。1181年フリードリヒ1世皇帝の時にメクレンブルクとポメレリア(現ポーランド)は神聖ローマ帝国となる。

ドイツ騎士団国[編集]

1226年、ポーランドのコンラト1世 (マゾフシェ公)は異教徒プルーセン人に対する征討と教化に手を焼いて[1]、クルムラント領有権と引き換えに当時ハンガリーにいたドイツ騎士団を招聘した。騎士団はプロイセンを征服、騎士団国領となった。

13世紀、全ヨーロッパを震撼させたモンゴルのヨーロッパ侵攻英語版で。グレゴリウス9世教皇は、全キリスト教徒に対し、異教徒襲来と戦うべしという詔書を発し た。騎士修道会は防衛をするよう命じられる。

モンゴルのポーランド侵攻とポーランドの内戦も東方植民を進めた。国王による都市化促進政策の一環として、ユダヤ人もドイツ商人と一緒に招聘された。

植民地各地でドイツ都市法マクデブルク法が採用され、東方植民の目的として都市市や工房を建設、各地に市を形成し国を近代化が遂行された。

1308年、ポメレリアまで領地を拡大した。 1346年デンマーク王は、エストニア王国を騎士団に売却した[2]

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  1. ^ 東欧史、山川出版社, 1977 p183
  2. ^ Skyum-Nielsen, Niels (1981). Danish Medieval History & Saxo Grammaticus. Museum Tusculanum Press. p. 129. ISBN 87-88073-30-0.