ウラル語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウラル語族
話される地域: 北欧東欧北アジア
原郷: 遼河地域~サヤン山脈
言語系統: ユカギール語との同系説、アルタイ諸語ウラル・アルタイ語族を成すとする説、インド・ヨーロッパ語族インド・ウラル語族を成すとする説があるが、いずれも証明されていない。
下位言語:
ISO 639-5: urj
Uralic-Yukaghir.png

ウラル語族の分布図(ただし、ピンク色はユカギール諸語の分布であり、ウラル語族に含まれない)

ウラル語族(ウラルごぞく)は、シベリア北アジア)中北部、北ヨーロッパ東ヨーロッパに話者地域が分布する語族である。約2,500万人に話されている。フィン・ウゴル語派サーミ語フィンランド語エストニア語など)、サモエード語派ネネツ語など)に大別できる。

かつてはアルタイ語族とあわせて、ウラル・アルタイ語族を構成するという説もあった。また、インド・ヨーロッパ語族と共にインド・ウラル語族を形成するという説、ユカギール語との同系説(ウラル・ユカギール語族)もある。

特徴[編集]

ウラル語族に属する言語には次の特徴がある。

なお語順は東部は主にSOV型、西部は主にSVO型である。

分類[編集]

ウラル語族、ユカギール語の分布
サモエード語派 - SN:北部サモエード語群、SS:南部サモエード語群
フィン・ウゴル語派 - FU:ウゴル諸語、FP:ペルム諸語、FW:ボルガ・フィン諸語、FS:サーミ語、FO:バルト・フィン諸語
(J:ユカギール語


ウラル語族とされる言語は以下の通り。


各諸語ごとの系統関係はコンセンサスが得られていないが、以下のような説がある。

比較[編集]

特徴比較[編集]

特徴 サモエード諸語
オビ・ウゴル諸語
ハンガリー語
ペルム諸語
マリ諸語
モルドヴィン諸語
フィン諸語
サーミ諸語
口蓋化 + + ± + - + - +
長子音 - - + - - - + +
子音階梯交替 1 - - - - - + +
母音調和 2 2 + - + + + -
母音交替 + + - - - - 3 +
双数 + + - - - - - +
受動態 - + + - - + + +
否定動詞 + - - + + ± + +
SVO語順 - - - 4 - + + +
中舌母音
[ɨ]
+ 5 - + - + ± ±
  1. ガナサン語のみにあり
  2. ガナサン語、南マンシ語、東ハンティ語にあり
  3. リーヴ語のみにあり
  4. コミ語にあるが、ウドムルト語にはない
  5. ハンティ語にあり

数詞[編集]

フィン・ウゴル語派 サモエード
祖語
バルト・フィン
祖語
サーミ
祖語
ペルム
祖語
モルドヴィン
祖語
マリ
祖語
ウゴル
祖語
フィン・ウゴル
祖語
'1' *yk-si *(w)ɘkʰ-tə *ɵk-ti *vejk- *ik-tə *əgʲ- *wik-tɨ *ŋoːpʔ/
*uk-
'2' *kak-si *kuokʰ-tə *kɨk *kavto *kok-tə *ket- *kek-tɨ *sid-
'3' *kolme *kolˠm *kujim *kolma *kom- *qoːləm *koləm *nagur
'4' *nʲelja *nʲelje *nʲɨlʲ- *nʲilʲa *nɘl- *nʲel- *ńeljä *tʲet-
'5' *viisi *vɨtʰ-tə *vit- *vetʲæ *βiʦ- *wet *wit-tɨ *somplaŋk
'6' *kuuzi *kutʰ-tə *kwatʲ *koto *kud- *qot *kwaðʲ-tɨ *motuq
'7' *seiʦemæn *kieʧʲəm *sʲizʲɨm *sʲizʲem *ʃɘm- *sæːt *śećɨm *seqw
'8' *kah-(dekʃan) *kakʰ(-ʦɛ) *kɨk-jamɨs *kav-kso *kan-(dekʃ) *nʲol- 2x4
'9' *yh-(dekʃan) *(w)ɘkʰ(-ʦɛ) *ɵk-mɨs *vej-kse *(ɘn-dekʃ) 10-1 10-1 *10-1
'10' *kymmenæn *lɔːkʲe (*das) *kemenʲ *lu *low? *loki *juq?


同源語[編集]

英語
ウラル祖語
フィン語
イナリ・
サーミ語

エルジャ語
マリ語
(Meadow)
コミ語
ウドムルト語
ハンガリー語
マンシ語
(northern)
ハンティ語
(Kazym)
ネネツ語
(Tundra)
'fire' *tuli tuli
(tule-)
tulla tol tul tyl- tyl tuu
'water' *weti vesi
(vete-)
ved´ wüt va vu víz wit jiʔ
'ice' *jäŋi jää jieŋa ej i ji jég jaaŋk jeŋk
'fish' *kala kala kyeli kal kol hal xuul xŭɬ xalʲa
'nest' *pesä pesä peesi pize pəžaš poz puz fészek pitʲi pʲidʲa
'hand, arm' *käti käsi
(käte-)
kieta ked´ kit ki ki kéz kaat
'eye' *śilmä silmä čalme śeĺme šinča śin śin, śinm- szem sam sem sæwə
'fathom' *süli syli
(syle-)
solla seĺ šülö syl sul öl(el) tal ɬăɬ tʲíbʲa
'vein / sinew' *sï(x)ni suoni
(suone-)
suona san šün sən sən ín taan ɬɔn teʔ
'bone' *luwi luu lovaža lu ly ly luw ɬŭw le
'liver' *mïksa maksa makso mokš mus mus máj maat mŏxəɬ mudə
'urine' /
'to urinate'
*kunśi kusi
(kuse-)
kužža kəž kudź kyź húgy xuńś- xŏs-
'to go' *meni- mennä
(men-)
moonnađ mija- mun- myn- menni men- măn- mʲin-
'to live' *elä- elää
(elä-)
eelliđ ila- ol- ul- él- jilʲe-
'to die' *ka(x)li- kuolla
(kuol-)
kulo- kola- kul- kul- hal- xool- xăɬ- xa-
'to wash' *mośki- muśke- muška- myśky- myśk- mos- masø-

母音調和[編集]

ウラル語族の母音調和は祖語の時代から存在したと考えられる。バルト・フィン諸語モルドヴィン諸語ハンガリー語ガナサン語等で存在し、多くが前舌母音後舌母音の対立による「舌の調和」である[1]。母音調和に関与しない母音も存在する。母音調和は接尾辞や前接語を含めた語全体に及ぶ。[2]

ウラル系民族の歴史[編集]

ウラル語族を話す民族は大きくサモエード系とフィン・ウゴル系に大別される。

言語学的知見からは、サモエド祖語とフィン・ウゴル祖語の分岐年代はおよそ紀元前4000年ごろと考えられている[3]

分子人類学的知見からは、ウラル語族話者に関連する遺伝子としてY染色体ハプログループNがあげられる。ハプログループNは東アジア発祥と考えられ[4]、ほとんどのウラル系民族で高頻度に観察される。中国北東部の遼河文明時代の人骨からY染色体ハプログループNが60%以上の高頻度で検出されており[5]、フィン・ウゴル系民族と関連する櫛目文土器の最古のものが遼河地域の興隆窪文化(紀元前6200年-紀元前5400年)の遺跡で発見されていることを併せて考えれば、ウラル系民族と遼河文明の担い手集団の関連性が示唆される。

またmtDNAハプログループZは極北地域を中心にサーミ人、フィン人、シベリア、北東アジア、中央アジア、朝鮮、日本などで観察されており[6]、Y染色体ハプログループNと同じような流れが想定され、ウラル語族の拡散との関連を示唆するものと考えられる。

朝鮮半島では紀元前4000年から紀元前1500年にかけて櫛目文土器が発見される。さらにウラル語族に広く見られる中舌母音[ɨ]が古代朝鮮語に存在したと考えられることから、朝鮮民族の基層がウラル系民族である可能性がある。

また日本の日本海側や東北地方に観察される中舌母音の[ɨ](いわゆるズーズー弁)についてもウラル語族の音声特徴に由来する可能性がある[7]

他の語族との関連[編集]

ユカギール語との間でウラル・ユカギール語族を形成するという説が有力である。両者は人称代名詞等が明らかに同源であり、否定動詞が存在するなど類型的特徴も類似している。ユカギールはかつては西はバイカル湖まで分布していたといわれており、遼河・モンゴル付近でウラル語族と分岐し東方へ向かったと考えられる。ハプログループN (Y染色体)ユカギールでも31%観察される[8]ことから遺伝子の面からも両者の同源性が示唆される。

アルタイ諸語との間にウラル・アルタイ語族を形成するという説が古くからあるが、語族としての条件を満たさないため現在は棄却されている。話者の点からもアルタイ諸語はハプログループC (Y染色体)、ウラル語族はハプログループN (Y染色体)と異なっている。しかしウラル語族とアルタイ諸語の類型的類似は甚だしく、おそらく、アルタイ山脈付近に分布していた原アルタイ諸語が、遼河方面から拡散してきたウラル語族を上層言語として混合し、ウラル語族の類型的特徴を持つ現在のアルタイ諸語が形成されたものと思われる。

一方で、一部の形態素の著しい一致からインド・ヨーロッパ語族との同系説も存在する。しかし、インド・ヨーロッパ語族の原郷は黒海北岸であり、両者が同源であるとは考えられない。クルガン仮説では、古い時代にインド・ヨーロッパ祖族が北方森林地帯のウラル系民族との活発な交流があったことが想定されており、おそらくインド・ヨーロッパ語族の成立過程において、ウラル語族との接触により言語混合を起こしたものと推測される。フィン・ウゴル語派におけるインド・ヨーロッパ語族との形態素の類似が、サモエード語ユカギール語におけるそれに比べて高いのは、インド・ヨーロッパ祖語との接触がフィン・ウゴル語に限られていたことを示唆する。

また、マイケル・ホーテスキューによって1998年に最初に提案されたウラル・シベリア語族[9]も存在する。これはウラル語族、ユカギール語チュクチ・カムチャツカ語族エスキモー・アレウト語族が含まれるが、現段階では定説には至っていない。ただし、上記諸語族の話者にハプログループN (Y染色体)が高頻度で含まれていることから、ハプログループNに属す集団の流れを反映している可能性がある。

仮説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小泉保(1991)『ウラル語のはなし』 大学書林 P82-P83
  2. ^ 『言語学大辞典』 第1巻 【世界言語編】 (上) ウラル語族 p850
  3. ^ 『言語学大辞典』第1巻 世界言語編(上)P845-P854
  4. ^ Roosti et al.(2004)Phylogeography of Y-chromosome haplogroup I reveals distinct domains of prehistric gene flow n Europe. Am.J.Hum.Genet.75:128-137
  5. ^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)"Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. " BMC 13:216
  6. ^ 篠田謙一 (2007)『日本人になった祖先たち - DNAから解明するその多元的構造』 日本放送出版協会 P126
  7. ^ 崎谷満(2009)『新日本人の起源』勉誠出版 pp113-115
  8. ^ Duggan AT, Whitten M, Wiebe V, Crawford M, Butthof A, et al. (2013) Investigating the Prehistory of Tungusic Peoples of Siberia and the Amur-Ussuri Region with Complete mtDNA Genome Sequences and Y-chromosomal Markers PLoS ONE 8(12): e83570. doi:10.1371/journal.pone.0083570
  9. ^ Fortescue, Michael. 1998. Language Relations across Bering Strait: Reappraising the Archaeological and Linguistic Evidence. London and New York: Cassell. ISBN 0-304-70330-3.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]