ハプログループI (Y染色体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハプログループ I (Y染色体)
ハプログループIの分布
推定発生時期 42,900 [95% CI 40,300 <-> 45,700]年前[1]
47,600年前もしくは40,700年前[2]
推定発生地 西アジアまたはヨーロッパ
現存下位系統の
分岐開始年代
27,500 [95% CI 25,200 <-> 29,800]年前[1]
30,500年前もしくは26,100年前[2]
親系統 IJ
子系統 I1,I2
定義づけられる変異 L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, U179
高頻度民族・地域 北欧(I1)、バルカン半島(I2)、クロマニョン人(I2)

ハプログループI (Y染色体)(ハプログループI (Yせんしょくたい)、英: Haplogroup I (Y-DNA))とは分子人類学において人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、ハプログループIJの子系統で、L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, U179の変異によって定義されるグループである。40,000-50,000年前にヨーロッパまたは中東で誕生したと考えられる。途絶えずに現代のヒトに直系の子孫を残す下位系統の最も近い共通祖先はおおよそ25,000-30,000年前にさかのぼると推定される。

分布[編集]

ヨーロッパに高頻度である。I1系統が北欧に、I2系統がバルカン半島に多い。ヘルツェゴヴィナ人英語版に63.8%[3]ルーマニア人に48.1%[4]ボスニア人に42.0%[5]ノルウェー人に40.3%[6]スウェーデン人に40%[7]などである。ハプログループC1a2 (Y染色体)に次いでヨーロッパに分布を広げたグループであり、32,000-22,000年前にヨーロッパに至った[8]コンゲモーゼ文化[9][10]スウィデリアン文化英語版クンダ文化[11]の担い手と考えられる。サブグループI1は北方人種と、I2はディナール人種と分布の相関がみられる。

下位系統[編集]

ISOGG 2011による。

  • I L41, M170, M258, P19_1, P19_2, P19_3, P19_4, P19_5, P38, P212, Page123, U179
    • I*
    • I1 L64, L75, L80, L81, L118, L121/S62, L123, L124/S64, L125/S65, L157.1, L186, L187, L840, M253, M307.2/P203.2, M450/S109, P30, P40, S63, S66, S107, S108, S110, S111 :北欧に多い。新石器時代ヨーロッパ中部に分布しており[12]、北欧へ至ったようである。
    • I2 L68/PF3781/S329, M438/P215/PF3853/S31 ヨーロッパ中南部に多い。

クロマニョン人[編集]

13,000年前のスイスクロマニョン人を遺伝子調査したところ、ハプログループI2a (Y染色体)に属すという結果が出た[13]。これによりハプログループIはクロマニョン人のハプロタイプであることが明らかとなった。

農耕と巨石文明の受容[編集]

ハプログループIはヨーロッパ先住系の狩猟採集民(クロマニョン人)だが、後からハプログループG2aによってもたらされた農耕巨石文明[14]を受容した。巨石記念物の作り手として、ハプログループG2aとともにハプログループI2aも検出されている[15][16]

碧眼・金髪・高身長[編集]

ハプログループI(特にI1)は碧眼の分布と相関しており、碧眼遺伝子の担い手であったようである[17]。また金髪の分布とも相関している。

タタール人はハプログループQ、C2、Nが多いが、金髪碧眼の者がいる。日本の東北地方(蝦夷=匈奴)にはハプログループN(遼河文明と関係が深い縄文文明の青森・三内丸山遺跡の担い手)が多く、金髪碧眼の者がいる。現代ブリヤ―ト人はハプログループC2、Nが多いが、金髪碧眼の者がいる。古代の持統天皇(女性天皇)や三韓征伐の神功皇后は金髪碧眼だった。私は岐阜県で育ったが、そこにおける友人には、①ヘーゼル色の瞳を飛び越えて瞳が明るい緑色と茶色の中間(サーミ人やフィン人との目の色と同じ)で青い瞳に近かった者、②金髪がかった銀髪(フィン人と同じ髪の毛の色で、髪の毛が細かった)者、がいた。東北を中心に青い瞳もしくはそれに類する人が1~2割いる。東北には小さい時は瞳が青く、だんだん茶色の瞳になっていく人も結構いる。また、九州などの南方にもヘーゼル色の目の人たちがいる。東北には赤ん坊の時に金髪の者がいる。大人になっても地毛が金髪の者がいる。いずれもハプログループIはいない。これらをどう説明するのか?4~5万年前から日本にはハプログループNがいた。12万年前から日本には金髪碧眼のネアンデルタール人がいた。旧人であるネアンデルタール人と新人であるハプログループNは共存共栄し、交配していた。ヨーロッパや志那大陸のネアンデルタール人は新人に滅ばされたが、これらの地域では共存共栄することがなく、交配することがなかった。ロシア人はハプログループR、I、Nが多い。ウクライナ人はハプログループR、E、Nが多い。匈奴(遼河文明を担ったハプログループNの子孫)の子孫であるノルウェーのサーミ人やフィンランド人はハプログループNが大部分で、銀髪(又は金髪がかった銀髪)で青いに近い緑の瞳の者が大部分である。スラブ系はハプログループNが多く、銀髪又は金髪や緑又は青い瞳の者が多い。ゲルマン系はハプログループNが少しあり、金髪碧眼の者が少しいる。ラテン系はハプログループNがなく、金髪碧眼はほとんどいない。金髪碧眼に共通しているのはハプログループNである。ハプログループIのバルカン半島は金髪碧眼は少ない。ハプログループIのバイキングは金髪碧眼ではなかった。金髪碧眼はハプログループIやRやCと関係ないことが分かる。遼河文明(ほとんどがハプログループN)はアムール川・遼河周辺、シベリア東部、ベーリング地方に強い影響を与えた。ハプログループNはウラル語族であるが、その名残は日本語(最初の日本人はウラル語族、バイカル湖畔のアルタイ諸語であるトルコ語、ドラビダ系タミル語、ラテン語~日本人の先祖は最終氷河期にラテン語を話すルーマニアから来た者=日本固有種ハプログループD-P37.1*、D-M116.1*、D-M125*、D-P42、最初から日本列島にいたウラル語族の者=ハプログループN-LLY22g*、N-M178NO-M214*、日本固有種O-47z、日本固有種C-M86、志那大陸から来た漢字を使う者=ハプログループO-P317(旧O2)系統、O-M175-M122系統(旧O3)系統が大部分を占める~、インディアン諸語、シナ・チベット語族、ベトナム系言語、ヘブライ語などが混ざっている)、フィンランド語(ウラル語族)、ハンガリー語(ウラル語族)、マンシ語(ウラル語族フィン・ウゴル語派)、ハンティ語(ウラル語族フィン・ウゴル語派)、トルコ語(アルタイ諸語)、モンゴル系言語(アルタイ諸語)、ブリヤート語(アルタイ諸語)、エヴェンキ語(アルタイ諸語)、満州語(日本語同様に孤立言語であるため、一応アルタイ諸語とされている)、古英語(ゲルマン諸語西ゲルマン語群)、ロシア語(インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群)、ヒッタイト語(インド・ヨーロッパ語族アナトリア語派)、古代中国語(シナ・チベット語族)、ニヴフ語(アムール語族)、ナナイ語(ツングース諸語南ツングース語派ナナイ語群)にある。

ヨーロッパにおける高身長地域とハプログループIの分布が重なることから、高身長との関連性も示唆される[18][19]

言語[編集]

ハプログループIの担っていた言語は印欧語などに言語交替したため完全に失われており、その詳細は全く不明である。しかしウラル語族バルト・フィン諸語フィンランド語エストニア語など)の語彙にはその他のフィン・ウゴル語派と共通しないものがあり、それは古い基層言語に由来する可能性があること、また特にサーミ語に関しては、祖先は別の言語を話しており、のちにフィン・ウゴル語を受け入れたという可能性が高いこと、またゲルマン諸語の語彙にもその他の印欧語族と共通しないものがあること(ゲルマン語基層言語説)から、これらの基層言語として元来のハプログループIの言語の痕跡を垣間見ることができる可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b YFull Haplogroup YTree v5.06 at 25 September 2017
  2. ^ a b G. David Poznik, Yali Xue, Fernando L. Mendez, et al. (2016), "Punctuated bursts in human male demography inferred from 1,244 worldwide Y-chromosome sequences." Nature Genetics 2016 June ; 48(6): 593–599. doi:10.1038/ng.3559.
  3. ^ Pericic M, Lauc LB, Klarić IM, Rootsi S, Janićijevic B, Rudan I, Terzić R, Colak I, Kvesić A, Popović D, Sijacki A, Behluli I, Dordevic D, Efremovska L, Bajec DD, Stefanović BD, Villems R, Rudan P (2005). "High-Resolution Phylogenetic Analysis of Southeastern Europe Traces Major Episodes of Paternal Gene Flow Among Slavic Populations". Molecular Biology and Evolution 22 (10): 1964–75. doi:10.1093/molbev/msi185. PMID 15944443.
  4. ^ Alexander Varzari, Population History of the Dniester-Carpathians: Evidence from Alu Insertion and Y-Chromosome Polymorphisms (2006)
  5. ^ Pericic M, Lauc LB, Klarić IM, Rootsi S, Janićijevic B, Rudan I, Terzić R, Colak I, Kvesić A, Popović D, Sijacki A, Behluli I, Dordevic D, Efremovska L, Bajec DD, Stefanović BD, Villems R, Rudan P (2005). "High-Resolution Phylogenetic Analysis of Southeastern Europe Traces Major Episodes of Paternal Gene Flow Among Slavic Populations". Molecular Biology and Evolution 22 (10): 1964–75. doi:10.1093/molbev/msi185. PMID 15944443.
  6. ^ Rootsi, Siiri (2004). Human Y-chromosomal variation in European populations (PhD Thesis). Tartu University Press. hdl:10062/1252.
  7. ^ Rootsi, Siiri (2004). Human Y-chromosomal variation in European populations (PhD Thesis). Tartu University Press. hdl:10062/1252.[page needed]
  8. ^ Eupedia
  9. ^ Mathieson, Iain (November 23, 2015). “Genome-wide patterns of selection in 230 ancient Eurasians”. Nature (Nature Research) 528 (7583): 499–503. Bibcode2015Natur.528..499M. doi:10.1038/nature16152. PMC 4918750. PMID 26595274. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4918750/. 
  10. ^ Mathieson, Iain (February 21, 2018). “The Genomic History of Southeastern Europe”. Nature (Nature Research) 555 (7695): 197–203. Bibcode2018Natur.555..197M. doi:10.1038/nature25778. PMC 6091220. PMID 29466330. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6091220/. 
  11. ^ Mittnik, Alisa (January 30, 2018). "The genetic prehistory of the Baltic Sea region". Nature Communications. Nature Research. 16 (1): 442. doi:10.1038/s41467-018-02825-9. PMC 5789860. PMID 29382937.
  12. ^ Eupedia
  13. ^ Eppie R. Jones, Gloria Gonzalez-Fortes, Sarah Connell, Veronika Siska, Anders Eriksson, Rui Martiniano, Russell L. McLaughlin, Marcos Gallego Llorente, Lara M. Cassidy, Cristina Gamba, Tengiz Meshveliani, Ofer Bar-Yosef, Werner Müller, Anna Belfer-Cohen, Zinovi Matskevich, Nino Jakeli, Thomas F. G. Higham, Mathias Currat, David Lordkipanidze, Michael Hofreiter et al.(2015) Upper Palaeolithic genomes reveal deep roots of modern Eurasians Nature Communications 6, Article number: 8912 doi:10.1038/ncomms9912
  14. ^ Eupedia
  15. ^ Eupedia1
  16. ^ Eupedia2
  17. ^ R1 populations spread genes for light skin, blond hair and red hair
  18. ^ Grasgruber, Pavel; Popović, Stevo; Bokuvka, Dominik; Davidović, Ivan; Hřebíčková, Sylva; Ingrová, Pavlína; Potpara, Predrag; Prce, Stipan et al. (2017). “The mountains of giants: An anthropometric survey of male youths in Bosnia and Herzegovina” (英語). Royal Society Open Science 4 (4): 161054. Bibcode2017RSOS....461054G. doi:10.1098/rsos.161054. PMC 5414258. PMID 28484621. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5414258/. 
  19. ^ “The role of nutrition and genetics as key determinants of the positive height trend” (英語). Economics & Human Biology 15: 81–100. (2014-12-01). doi:10.1016/j.ehb.2014.07.002. ISSN 1570-677X. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1570677X14000665. 


ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R