セルゲイ・キーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・キーロフ

セルゲイ・ミローノヴィチ・キーロフСергей Миронович Киров, Sergei Mironovich Kirov, 1886年3月27日(ユリウス暦3月15日) - 1934年12月1日)は、ソビエト連邦革命家政治家。本名セルゲイ・ミローノヴィチ・コストリコフСергей Миронович Ко́стриков)。レニングラードソビエト議長。カザン県ウルジュム出身。

生涯[編集]

早くに両親を失い、孤児院で育つ。1904年にカザン工業学校を卒業後、シベリアカフカースなどで革命運動に加わり、1914年北カフカースボルシェビキの組織責任者となった。1919年アストラハン軍事革命委員会議長。1920年から1922年までザカフカース各地で革命政権を樹立し、ザカフカース・ソビエト連邦社会主義共和国をソ連に編入することに関与した。1923年ロシア共産党中央委員に選出。スターリンに接近し、スターリンの懐刀とみなされるようになる。1926年グリゴリー・ジノヴィエフの拠点であったレニングラードに第一書記として着任し、ジノヴィエフ色を一掃。1930年政治局員。1930年代の農業集団化ではクラーク弾圧に力を奮い、スターリンと並ぶ有力な対抗馬と見なされる。1934年11月、党中央委員会書記・組織局員を兼務。

だが同年12月1日スモーリヌイ学院のオフィスで党員のレオニード・ニコラエフに暗殺される。キーロフは当時ニコラエフの妻と不倫をしており、両者の関係は悪化していたため公式にはそれが殺害動機とされた。暗殺直後、ニコラエフは現行犯で警備兵に逮捕され、12月29日銃殺刑に処された。彼の家族もほとんどが逮捕・処刑された。暗殺者ニコラエフが、何故警備が厳戒な筈のキーロフの執務室に易々と入り込めたのかなど暗殺事件に関しては謎も多い。

死後[編集]

キーロフ暗殺事件は、大粛清の契機となった。スターリン以下共産党指導部は、キーロフ暗殺の背後に大規模な「陰謀」の存在を主張し、反対派に対する弾圧を強化していった。こうした弾圧・粛清は秘密警察の指導者ゲンリフ・ヤゴーダニコライ・エジョフにより実施された。事件直後、レニングラードの共産党関係者が一斉に検挙されジノヴィエフ、レフ・カーメネフらの反スターリン派は事件関与の嫌疑で逮捕、処刑されるに至る。

キーロフ(中央)とスターリン(右)

スターリン時代の公式見解では、キーロフ暗殺は、反スターリン派による陰謀であるとされたが、スターリン死後、フルシチョフによるスターリン批判を契機に非スターリン化が進むと事態は一変した。フルシチョフによると、キーロフはスターリンを上回る人気の持ち主で、嫉妬したスターリンによって暗殺されたというのが真相であるとされた。事実キーロフは、スターリンより若年の世代であるが、ロシア内戦によって台頭した共産党地方指導者の代表であり、1930年代に至って、スターリンの中央集権政策に対し、キーロフを代表とするこれらの人々から批判が出てきたとされ、これがキーロフ暗殺の一因となったともされる。フルシチョフは回想記の中で、自分個人の考えと断わりながらも、スターリンがヤゴーダを介してニコラエフにキーロフを殺害させたとの見解を示している。

ソ連崩壊後に機密資料が多数公開されたが、キーロフがスターリン体制によって暗殺されたという証拠は見つかっていない。

死後、キーロフの故郷ヴャトカはキーロフ(現キーロフ州の州都)と改名された。また、ジノヴィエフの故郷ジノーヴィエフスク(旧名:エリザヴェトグラード)は彼の失脚に伴い、彼が暗殺したとされていたキーロフにちなみキーロヴォ、そしてキロヴォグラードと改称された(現キロヴォフラード)。現在でもキーロフバレエ団や軍艦キーロフ級の名称に広く使用されている。

関連項目[編集]