社会帝国主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社会帝国主義(しゃかいていこくしゅぎ、:Social-imperialism)とは、レーニン主義者による用語で、通常は「社会主義を標榜するが、実際には帝国主義である」との意味[1]

概要[編集]

この用語は、帝国主義的な戦争とされる1914年の第一次世界大戦の開戦時、第二インターナショナルの指導者が「祖国防衛」を理由にして各自国の参戦のための予算に賛成した際に、これに反対するウラジーミル・レーニンらが、特に戦争経済は社会主義経済だとして肯定的なドイツ社会民主党パウル・レンシュを始めとする「戦争社会主義」者を批判するために使用した[2][3]。なお、同時期の類似の言葉には「社会愛国主義」や「社会排外主義」(Social chauvinism)がある。

また1968年、ソビエト連邦等によるチェコスロバキアへの侵攻を、中国共産党が批判する際に、この用語を使用した[4]。 「ソ連首脳は、社会帝国主義と社会ファシズムに堕落した」とし、その意味を「社会主義の旗を掲げた帝国主義」、「日和見主義が成長して帝国主義になったもの」と定義づけた[5]。この用語はその後の中ソ対立でも使用されたため、毛沢東思想の用語ともされている。

その他[編集]

  • バーナード・センメルは「社会帝国主義」には、関税引き上げによって社会保障を実現すると主張したイギリスのジョゼフ・チェンバレンの関税改革も含めている[6]
  • 日本共産党ソ連崩壊後の1994年に、「スターリン以後のソ連社会は経済的土台も社会主義とは無縁」で「社会帝国主義」であったとした[7]

出典[編集]

  1. ^ Lenin, VI., (1916), State and Revolution
  2. ^ Luxemburg, R., (1915), "Rebuilding the International"”. 2009年1月23日閲覧。
  3. ^ Lenin, VI., (1915), "Draft resolution of the leftwing delegates at the International Socialist Conference at Zimmerwald"”. 2009年1月23日閲覧。
  4. ^ グロムイコ・ソ連外相来日に関する共同声明に対する人民日報論評 データベース『世界と日本』日本政治・国際関係データベース 東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室
  5. ^ 「わかりやすい極左・右翼・日本共産党用語集 三訂」(警備研究会、立花書房、2008年)p36
  6. ^ 江里口拓「ウェッブ夫妻における「国民的効率」の構想——自由貿易,ナショナル・ミニマム,LSE——」『経済学史研究』第50巻第1号 (2008年7月)
  7. ^ 日本共産党第20回党大会決議

関連項目[編集]