階級意識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

階級意識(かいきゅういしき)とは、社会において階級が存在している場合に、そこで存在している階級が客観的な条件の下で存在しており、事実的および可能的に意識をしているようなもののことを言う。これは階級社会などの社会において、その社会での階級構造の規定が存在するために現れることとなる。たとえば資本主義社会においての労働者階級の階級意識などがこれである。このような階級意識は、自身が置かれている階級と同類の人物の存在を認識するということから始まり、求めている利益が同じであるなどといった共通点の発見により一層階級意識が大きくなり高度な連帯が可能となる。この場合に意識した階級意識は、自らの階級に対して敵対しているような階級や自らの階級の生活を圧迫しているような階級の存在により更に大きくなることとなる。

外部リンク[編集]