慣習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

慣習(かんしゅう、: Custom/Convention)は同意された、規定されたあるいは一般に受け入れられたしきたり、規範、社会的規範である。一定のタイプのルール又は慣習は法律になることがあり、規制を制定する法律は、慣習を公式化又は強制するために取り入れられることがある。(例えば、車が道路のどちら側を走らなければならないかを規定する法律)社会についての脈絡では、慣習は「不文の」慣習法の特徴を持っていることがある。(例えば、握手のように人々が互いに挨拶する仕方)

関連項目[編集]