習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

習慣(しゅうかん、: habit)とは、

  • 日常の決まりきった行いのこと[1]。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと[2]
  • (心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと[1]

概説[ソースを編集]

習慣とは、長い間それを繰り返し行うことで、あたかもそうすることがきまりのようになったことである。基本的には、行動、身体的な振る舞いを指しているが、広くは、ものの考え方など精神的・心理的なそれも含みうる。

ある人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化され、いつしか その人とその人の習慣を切り離して考えることができないような状態になる場合も多い。「習慣は第二の天性なり」とも言われる。

一般的に、年齢を重ねるにしたがい習慣の数が増え、ある人の行動の中で習慣の占める割合が増え、しかも定着度合いも高まってくる。

習慣を(自発的に)変えようとする場合や(他者に介入して)変えさせようとする場合は、高齢になればなるほどその変更・矯正も難しくなってくる。 習慣を変えるのは一般的に困難なことだとされるが、ロバート・マウラーによれば、小さな控えめな一歩を継続することで習慣を変えたり、新しい習慣を身につけることが可能だと言う。

地域、共同体[ソースを編集]

大辞泉では「習慣」の説明の2番目に

「その国やその地方の人々のあいだで、普通に行われる物事のやり方。社会的なしきたり。ならわし。慣習」

というものを載せている。つまり、「習慣」は、個人なそれも、国ごとのそれや地域的なそれも(さらに言えば、宗教宗派ごとのそれも)指しうる。意識的に個人のそれか地域的なそれかを呼び分ける場合、学術的にそれらを呼び分けようとする場合などは、個人的なそれは「習慣」と呼び、地域的なそれは「慣習」と呼ぶ、というようなことが行われることがある。日常用語では「習慣」でどちらも指しうる。

人の誕生(出産)、結婚といった時に、どんなことをどのように行うか、どのようなやりとりをするか、といったことは国や地域ごとの慣習によるところが大きい。また、何歳になったら一人前の大人になったと見なすか、その時にどのような通過儀礼をおこなうか、ということも慣習によるところが大きい。また、日常的に人と人が出会った時に、どのように挨拶のしかたをするのか(ハグをするのか、頬と頬を触れさせるのか、握手をするのか、お辞儀(会釈)だけするのか、)ということも慣習によるところが大きい。

カトリック教会などでは、聖書に書かれているわけでもなく、福音書の中でイエスがそうするべきだと語ったわけでもないのに、カトリック教会の長い歴史の中で何かの拍子に あるやり方が広まり、いつしか、そうするのが当たり前のように教会メンバーの間に思われるようになっていることを、「慣習」と呼ぶかわりに、(カトリック教会内部の用語で)「伝統」と呼ぶことが多い。[3]

慣習(地域的共同体内部で広く浸透している習慣)は、多くがその共同体の文化と関係がある。文化の影響も受け、また文化にも影響を与えている。共同体のメンバーにとって、なぜ、そういった慣習になっているのか、それなりの理屈が説明できるもの、他の慣習との関係や整合性を筋道だてて説明できるものもあるが、どうしてそうやり方が慣習になってしまったのか共同体のメンバーの誰にもさっぱり分からないもの(メンバーにとっても「奇妙」と感じられるもの、首をかしげたくなるようなもの)もある。

共同体のメンバーの大半が喜んでそうしている慣習もあれば、大半のメンバーが不幸のもとと感じ変更したいと感じている、というようなものまである。

ある慣習が、どの程度守られるべきか、に関する見方は、共同体の性質や、個々の慣習の内容による。 どの程度慣習に従うかどうかについて、その共同体がある考え方を共有している場合もある(「守るべきだ」という考えが慣習化している面もあれば、「あまり守らなくてもよい」と慣習化している場合もある)が、どの程度尊重するかは個々のメンバーの性質による面もある。

例えば織田信長などは青年のころ、自分の地域にある池が「龍が住んでいるから入ってはいけない」というならわしになっていたところ、あえてその慣習に逆らって、仲間たちの前でその池に潜って徹底的に探してみせて、竜がいないことを示し、龍がいるかいないか入ってみなければ分からないだろう、この池に龍なんていないから入ってよいのだ、とやってみせた。

心理学[ソースを編集]

心理学では、反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のことを「習慣」と呼んでいる。

社会学・教育学[ソースを編集]

エミール・デュルケームによれば、習慣はそれが通用している間は、じっくり考察されること[4]がない。習慣が廃れて初めて、熟考されることになる。子供は習慣に固執し、暗示によって容易に他の習慣に乗り換えることから、子供のこの性質を道徳教育に応用できるとも考えた。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広辞苑第六版「習慣」
  2. ^ デジタル大辞泉「習慣」
  3. ^ カトリックの「伝統」は、必ずしも「伝統的」なそれだけをそう呼んでいるわけではない。ほんの5年~10年前程度前にある神父が意識的に作り出したものも、ともかく教会の聖職者やメンバーの大半がそれに従っていれば「伝統」と呼んでいることがある。カトリックの慣習(内部用語の「伝統」)の中には、福音書の中で示されているイエス・キリストの教えと明らかに根本的に対立するようなものさえあり、それがプロテスタント諸教会から批判の的となることも多い。
  4. ^ 英語reflectやフランス語refrechirに相当する表現。文脈に応じて「熟慮する」「熟考する」「じっくり考察する」「反省する」などの訳語があてられる。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]