左翼共産主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

左翼共産主義(さよくきょうさんしゅぎ、:Left communism)または左派共産主義とは、共産主義の思想や勢力の1つであり、第二インターナショナル以後のレーニン主義よりも、更に正統的なマルクス主義プロレタリアートの立場から、ボリシェヴィキの政治思想を批判する。

概要[編集]

左翼共産主義は、レーニン主義の実態は「資本主義左派」であって社会主義ではないとみなし、またアナキズム国際主義的な社会主義ではあるが限られた面でしか革命的ではないとみなし、これらよりも更に左翼であると考える。

ローザ・ルクセンブルクは左翼共産主義よりも以前の人物だが、多くの左翼共産主義者に政治的・理論的に大きな影響を与えた。左翼共産主義の支持者には、Amadeo Bordigaニコライ・ブハーリンHerman Gorterアントン・パンネクークOtto Rühleカール・コルシュSylvia PankhurstPaul Mattickなどがいる。

有名な現在の左翼共産主義グループには、国際共産主義潮流Internationalist Communist Tendency(2009年に、革命党のための国際ビューロー、International Bureau for the Revolutionary Partyより改名)などがある。また国際主義共産党(International Communist Party)の諸分派も左翼共産主義の組織とされる。

左翼共産主義は主にイタリアドイツオランダで生まれた。主張の特徴には、労働組合などの改良主義を資本主義の道具として否定する、反議会主義と反社会民主主義評議会共産主義によるプロレタリア独裁の強調、レーニン主義などの民族解放闘争を国家主義として否定し、その後継のスターリン主義による既存の社会主義国ブルジョワ国家であり資本主義の手先とする。この「ソ連 = 国家資本主義」論はイギリス社会党 (SPGB)が早い時期から主張した。

日本では社青同の一部や、新左翼社青同解放派などに影響がみられる。

出典[編集]

  • Non-Leninist Marxism: Writings on the Workers Councils (includes texts by Gorter, Pannekoek, Pankhurst and Rühle), Red and Black Publishers, St Petersburg, Florida, 2007. ISBN 978-0-9791813-6-8
  • The International Communist Current, itself a Left Communist grouping, has produced a series of studies of what it views as its own antecedents. The book on the German-Dutch current, which is by Philippe Bourrinet (who later left the ICC), in particular contains an exhaustive bibliography.

外部リンク[編集]

全体[編集]

集団・党派[編集]

資料[編集]