教条主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

教条主義(きょうじょうしゅぎ、英語: dogmatismドグマティズム)は、教義や教条(ドグマ)に固執する傾向を指す用語[1]

概要[編集]

教条主義(ドグマティズム)とは、哲学の分野では中世スコラ学などの定説主義や、独断主義を指す[1][2]イマヌエル・カント批判主義に対立するものとして独断主義をとりあげた[3]

またマルクス主義の分野ではカール・マルクスウラジーミル・レーニンなどの教義を無批判に盲従するような知的怠惰を指し、今日では否定的な意味で使用されている[1][2]。19世紀後半の修正主義と教条主義の論争や対立が有名である。

脚注[編集]

関連項目[編集]