太田竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太田 龍
生年: 1930年8月16日
生地: 樺太庁豊原町
没年: 2009年5月19日(満78歳没)
没地: 日本
思想: マルクス主義→アイヌ解放→エコロジスト→反ユダヤ主義
所属: 革共同,トロ同,第四インター(委員長),日本みどりの党,日本みどりの連合,地球維新党
現職: 『週刊日本新聞』編輯主幹

太田 龍太田 竜、おおた りゅう、1930年8月16日 - 2009年5月19日 )は、日本革命思想家である。 本名、栗原 登一(くりはら とういち)。 樺太豊原町出身。東京理科大学中退。元日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)委員長。1970年はじめはアイヌ、終わりごろは自然食(マクロビオティック)や特に自然食運動の始祖桜沢如一の革命理論を取り込んでいき、反家畜制度、反米、フリーメーソンイルミナティのような秘密結社を含む反ユダヤ主義、反国際金融支配となる。その後、人類は爬虫類人によって支配されているという説を取り込んでいる。2009年5月19日腹膜炎のため死去[1]

経歴[編集]

共産主義者として[編集]

医師栗原達三郎とトミ(旧姓小林)の四男として誕生。父方は千葉県印旛郡物井村(現在の四街道市物井)に代々続いた漢方医の家系。

1942年、豊原第一尋常小学校入学。このころ、次兄東洋がマルクス主義者として逮捕され、北海道帝国大学予科を退学になる。

1944年3月、父母の郷里である千葉県に引き揚げる。旧制千葉中学校(千葉県立千葉高等学校)2年生の頃までには、次兄の蔵書に読み耽った影響で熱心な共産主義者となっていた。戦争末期には級友たちに日本の敗戦を予告したために売国奴と見なされ、運動部の部室でリンチを受けたこともある[2]

1945年10月に日本青年共産同盟(のちの日本民主青年同盟)に加盟、1947年日本共産党党員となったが1953年に離党、黒田寛一らとともに1957年革命的共産主義者同盟(革共同)を結成する。1958年第四インターナショナル第五回大会に出席し、帰国するなり革共同の全面的な社会党への「加入戦術」の採用を提起する。しかしこの提起は拒否され、太田は自身の影響下にあった東京学芸大学日比谷高校のグループを引き連れて分裂した(いわゆる「革共同第一次分裂」)。

革共同から分裂した太田は、1958年8月に「トロツキスト同志会」(トロ同)を結成。トロ同は全組織を挙げて、日本社会党の地区組織に「加入戦術」を行う。トロ同は、1958年12月に「国際主義共産党」(ICP)に発展解消した。社会党への「加入戦術」による穏健な活動を続けていたICPだが、1960年6月の安保闘争の大高揚に直面した太田は6月22日に突如、独断で「大衆は武装蜂起せよ」と呼びかけるビラをたった一人で御茶ノ水駅頭にて配布する。この独断専行によって、太田はICPから「非組織的な挑発者」として除名される。

しかし1963年、なおも「加入戦術」を続行したICPグループに再び「指導者」として迎え入れられ、1964年に「関西派」と称された西京司酒井与七らの革命的共産主義者同盟と統一する。1965年に太田が組織決定を経ずして指導した「立川米軍基地内にデモ隊を突入させ、米兵にデモ隊を射殺させることで大衆の憤激を喚起し反米軍基地闘争を全国化させる」ことを目的とした「5.18闘争」が不発に終わり(「十人が射殺される」ことを想定して太田の影響下にあった三多摩社会主義青年同盟のデモ隊が立川基地内に突入したが、結局日本の機動隊に排除されたのみだった)、責任を追及された太田は少数の支持グループを率いて脱党。新たに「第四インターナショナル(ボルシェビキ・レーニン主義派)」(BL派)とその大衆組織である「武装蜂起準備委員会-プロレタリア軍団」を結成するが、この時期から次第にマルクス主義そのものとの決別を開始し1971年に脱党。同党から死刑宣告される。同年頃より竹中労平岡正明らと3バカゲバリスタ(チェ・ゲバラ信奉者)と呼ばれる仲になり「世界革命浪人」と自称する。

1974年に三菱重工爆破事件などの連続企業爆破事件を起こした東アジア反日武装戦線に思想的影響を与えた。公安警察は太田を東アジア反日武装戦線のメンバーとして捜査していたが、太田の潔白が証明された。公安警察は太田の思想的人脈のどこかにメンバーがいると推理し、芋づる式に東アジア反日武装戦線のグループ全体が把握されていった。なお、この時公安警察に拘束された直接の容疑は北海道静内町にあるアイヌの英雄シャクシャイン像の台座を傷つけたシャクシャイン像事件によるものであったが、この件で裁判所から執行猶予のついた有罪判決が言渡されている。

アイヌ解放論者として[編集]

1971年、記録映画『アイヌの結婚式』(姫田忠義監督)に感動。このことが契機で、1972年にはアイヌ革命論者となり[3]北海道庁爆破白老町長および北海道知事に「死刑執行」を宣告(ただし実行犯とは別)。

1972年にはアイヌ解放同盟を結成したアイヌの結城庄司と知り合い、上記のシャクシャイン像事件や同じ年に札幌で開かれた日本人類学会・民族学会連合大会で壇上を占拠して公開質問状を読み上げた事件には結城と同行している[4]。しかし、その後結城はアイヌ革命論を批判する立場に転じ、シャクシャイン像事件による逮捕(結城は起訴猶予処分)後は結城と太田は互いに相手を批判・侮辱する論説を発表して絶縁した[4]

環境保護論者として[編集]

また太田は、国際環境保護団体グリーンピースの日本事務所「グリーンピース・ジャパン(GPJ)」の設立(1989年)より前に、一時期「グリーンピース(の日本支部)」を名乗っており、週刊誌などにもその肩書きで登場したことがあったが、設立前であったため、許可を得て名乗っていたわけではなく、また主張する内容も環境保護運動など、グリーンピースの主張とは全く関係なかった(この頃に太田竜と大喧嘩をしアンチ・グリーンピースになった者に雁屋哲などがいる)。

太田は日本みどりの党(略称「みど党」)と言う名の環境政党を結成させたが、党内で路線対立が生じた為、新たに日本みどりの連合(にほんみどりのれんごう、略称「みど連」)を結成させて党は二つの政治団体に分裂した(後に「みどりといのちのネットワーク」として再統合)。

1986年第14回参議院選挙で、日本みどりの連合公認で比例区から出馬するが落選。1987年東京都知事選挙にも日本みどりの連合から立候補したが落選した。1990年第39回総選挙には地球維新党を率いて東京1区から立候補するも落選。1992年参院選でも候補を擁立(自らは立候補せず)するも落選。1993年第40回総選挙では、雑民党公認で本名の栗原登一で東京5区から立候補するも落選。以降は選挙に立候補しなくなった。ちなみに、雑民党代表の東郷健は、1990年の総選挙では地球維新党公認で立候補している(落選)。

土着革命論、「人類独裁の打倒によるゴキブリの解放・ネズミの解放・ミミズの解放を!」(『日本エコロジスト宣言』)を訴える「エコロジー主義」などを主張した。

陰謀論者として[編集]

陰謀論者に転向した後は太田 龍の表記を用い、『週刊日本新聞』編輯主幹をつとめた。なお、「転向後」は白老町長襲撃事件の実行犯に対して、自分とは関係ないことを表明している。

「天寿学会」「文明批判学会」「歴史修正研究所」「宇宙戦略研究所」主宰、「地球維新連盟」会長、日本動物実験廃止協会役員を称していた。

晩年はユダヤ陰謀説というよりも、フリーメーソンなどの組織を陰謀の主体と考える傾向が強まっていた。その思想の三本柱は陰謀論;国粋主義、伝統主義;自然食、家畜制度の全廃であり、靖国神社に参拝していた。

基本的に独学の人であり、一日16時間近く勉強していた。一日に一冊、英語の洋書を読むほどの英語力を持っていた。 ジョン・コールマンユースタス・マリンズデイビッド・アイクなどの著書を数多く翻訳している。

「ユダヤ・ネットワークが世界を裏で支配している」と主張する反ユダヤ主義およびユダヤ陰謀論の日本における代表的論客の一人であった。太田当人は「私のことを主張が転々としている、と言う者がいるが、私は一貫して『反米』なのだ」と語っていた。

一方、著書『UFO原理と宇宙文明』では、「恒星や惑星を動かしている莫大なエネルギーはどこから出て来るのか。地球のどこを調べても、べつに、ロケット燃料がついているわけでもなく、ジェットエンジンや、プロペラがついているわけでもない。(中略)UFOをつくり、運行している異星人は、この天体運行のエネルギーを発見し、それを応用している、と考えられないか」と述べており、と学会の『トンデモ本の世界』では「太田は慣性の法則を理解していないのではないか」と指摘されている[5]

テレビをイルミナティによる洗脳の道具と見なし、「白痴製造機」と呼んでいた。

陰謀論の他の著者を批判する傾向があった。 ベンジャミン・フルフォードのことは高く評価しており共著を出すほどだったが、フルフォードがデイビッド・アイクを批判したことがきっかけで仲違いした。 イルミナティの走狗(イルミナティに利用されている人物)としてフルフォードの他に中丸薫安部芳裕副島隆彦鬼塚英昭の5人を挙げていたが、当の副島はそれに対して強く反論していた。 フルフォードは太田の死後に批判し返すようなことはなく、むしろ太田の生前の功績を評価し「太田の意思を引き継いでいこう」と発言した。

自然食[編集]

父親が医師であったことや、目を悪くしたときに東洋医学で治療したことなどから、東洋医学や自然食にも関心を持っていた。また家畜制度全廃を主張していた。

最晩年[編集]

最晩年は岡潔の思想研究に没頭した[6]

参考文献[編集]

  1. ^ “訃報:太田竜さん78歳=評論家、社会運動家”. 毎日新聞. (2009年5月19日). http://mainichi.jp/select/person/news/20090520k0000m060083000c.html 2009年5月19日閲覧。 
  2. ^ 太田竜『私的戦後左翼史』(話の特集1985年)p.12
  3. ^ マーク・ウィンチェスター「近現代アイヌ思想史研究:佐々木昌雄の叙述を中心に」一橋大学、2009年(博士論文)p69[1]
  4. ^ a b ウィンチェスター、2009年、p72 - 73
  5. ^ と学会編 『トンデモ本の世界』 洋泉社1995年ISBN 978-4896911664 (文庫版、1999年
  6. ^ 太田龍の時事寸評~岡 潔先生記念文集・「聴雨録」を読む。(週間日本新聞)

著書[編集]

共産主義関連[編集]

  • 『再び、辺境最深部に向って退却せよ!』話の特集 ISBN B000J8BBFQ(1978/03)
  • 『世界革命への道』新泉社 ISBN B000J8OSXS (1978/06)
  • 『革命思想の扉を開く―現代思想家入門』流動出版 ISBN B000J87SCQ(1980/06)
  • 『いのちの革命』現代書館 ISBN 4-7684-5526-3 1980/08)
  • 『何から始めるべきか』風濤社 ISBN B000J7TN48(1981/02)
  • 『性の革命』現代書館 ISBN B000J7R85O(1982/01)
  • 『日本原住民史序説』新泉社 ISBN 4787781049(1982/06)
  • 『琉球弧独立と万類共存』新泉社 ISBN 4787783076(1983/01)
  • 『日本の食革命家たち』柴田書店 ISBN B000J77XRC (1984/03)
  • 『私的戦後左翼史―自伝的戦後史 1945-1971年』話の特集 ISBN B000J6PNE8(1985/06)
  • 『家畜制度全廃論序説―動物と人間は兄弟だった』新泉社 ISBN 4-7877-8518-4(1985/11)
  • UFO原理と宇宙文明―21世紀科学への展望』日経企画出版局 ISBN 4795247552 (1991/06)

陰謀論関連[編集]

  • 『ユダヤ七大財閥の世界戦略―世界経済を牛耳る知られざる巨大財閥の謎 』日本文芸社 ISBN 453702268X (1991/11)
  • 『ユダヤ世界帝国の日本侵攻戦略―列島支配を目論む「陰の帝国」を暴く!!』日本文芸社 ISBN 4537023007 (1992/06)
  • 『ユダヤ世界帝国の日本侵攻戦略』日本文芸社 (1992/06) ISBN 4537023007
  • 『ユダヤの日本侵略450年の秘密 ザビエルの日本上陸から自民党崩壊まで ここまで進んでいる日本民族抹殺計画 』日本文芸社 ISBN 4537024186(1993)
  • 『ユダヤの手先・国賊・大前研一を斬る』泰流社 (1993/06) ISBN 4812100402
  • 『ユダヤ=フリーメーソンの世界支配の大陰謀』泰流社 (1993/08) ISBN 4812100496
  • 『ユダヤ悪魔教に日本を売る国賊 池田大作「創価学会」を斬る』泰流社 (1993/10) ISBN 4812100569
  • 『ユダヤの日本占領計画』荒地出版 (1994/03) ISBN 4752100797
  • 『ユダヤ問題入門』泰流社 (1994/01) ISBN 4812100593
  • 『ユダヤの謀略世界革命運動の秘密』泰流社 (1995/02) ISBN 4812101077
  • 『日本型文明の根本原理』泰流社 (1996)
  • 『闇の世界超政府の極秘戦略 クラブ・オブ・ジ・アイルズ 日本の金融崩壊を謀る英国寡頭権力の正体』日本文芸社 (1996/03)
  • 『血塗られた英国王室―ダイアナ暗殺とユダヤの謎』雷韻出版 (1999/11)
  • 『猶太国際秘密力』雷韻出版 (1999/07)
  • 『ユダヤ・キリスト教vsイスラム―監獄の一神教が世界犯罪を行ってきた』三交社 (2001/11) ISBN 978-4879195814
  • 『代表的縄文日本人』
  • 『苗代国学入門』

自然食関連[編集]

  • 『評伝・森下敬一 天寿への自然医学』柏樹社 (1988/4)
  • 『自然食』現代書館 (1984/7)
  • 『たべもの学入門』 緑光出版 (1987)

共著[編集]

  • 船井幸雄・ 太田龍『日本人が知らない「人類支配者」の正体』 ビジネス社 ISBN 4828413804 (2007/09)
  • ベンジャミン・フルフォード・ 太田龍『まもなく日本が世界を救います ベン&竜10の緊急提言』成甲書房 ISBN 978-4880862248 (2007/12)
  • 佐伯陽介『革命理論の革命―マルクス=レーニン主義批判』新泉社 ISBN B000J8ERA2(1979/09)
    • ほか多数

訳書[編集]

ジョン・コールマン[編集]

ほか[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]