千葉県立千葉中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千葉県立千葉中学校・高等学校
Kenchiba-highschool.jpg
過去の名称 千葉中學校
千葉縣尋常中學校
千葉縣千葉中學校
千葉縣立千葉中學校
千葉県立千葉第一高等学校
千葉県立千葉高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉県の旗 千葉県
設立年月日 1878年明治11年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 12101A
中学校コード 120471[1]
所在地 260-0853
千葉県千葉市中央区葛城一丁目5番2号
公式サイト 千葉県立千葉中学校・千葉高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

千葉県立千葉中学校・高等学校(ちばけんりつ ちばちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、千葉県千葉市中央区葛城一丁目にある県立中学校高等学校共学併設混合型中高一貫校。通称は「県立千葉」、「県千葉」、「千葉中」。

千葉県内の事情や国内の変遷に合わせて変化してきた学校である。自主的で教養を尊ぶ気風があり、また生徒会がないのは全国的にめずらしく特徴的である[2]

概要[編集]

1878年明治11年)8月千葉縣師範學校(現:千葉大学教育学部の前身)構内(前:NHK千葉支局敷地)に千葉中學校と称して創立。以来、130年の歴史を誇り、歴史、進学実績、入試難易度などで県内首位を歩んできた。

しかし"県立王国"といわれた千葉も、2002年東大合格者数で初めて渋谷教育学園幕張私立)に抜かれ、2008年に「千葉中学校」を併設。ただし学校側は進学実績を上げるためでなく、より自由で活発な環境を整えるためとしている[3]

旧制中学以来の、自由から物事に自主的に取り組む気風がある。1969年には、千葉高生1名を含む4名の高校生が千葉高図書館に立て篭り、県警機動隊が投入される事件が発生した。生徒会は立てこもりの生徒と討論会で解決しようとしたが、そういった学校内部の努力にかかわらず、県教育委員会により県警機動隊が投入され、生徒会はその意義が問われることとなった。生徒により投票で生徒会は「解散」することとなり、現在に至って生徒会はない[4][5]

80年代後半から90年代半ばにかけて年によっては東大合格者数が公立で首位になるほどの実績を残していた。2000年代に入るとその半数ほどに留まっているが、現在に至るまで公立高校としては屈指の実績をもつ。高校入試は公立高校の中では全国的に見ても難関であり、首都圏では2010年代後半以降も、県立浦和高校、さらに都立日比谷高校都立西高校等と並ぶ難易度となっている。また中学入試では倍率が10倍ほどに及び[6]、全国の公立中高一貫校で最難関ともされている[7]

東大・京大・医学部をはじめ、難関大学へ多くの合格者を出している。

2006年平成18年)度より普通教室に冷房設備が設置された。

定時制は2007年度から募集停止となり、3部制定時制を設置している県立生浜高校に2008年統合された。

2008年度には県内唯一の県立中学校が併設された。隣接県特例により、茨城県群馬県など、他県からも一部の地域に在住している者に限り受験可能。

教育方針[編集]

高校
受験にとらわれない「重厚な教養主義」・「真の学問の追求」
中学
「互いに高め合う、系統化された一貫教育で豊かな人間力を培う。伝統、実績、真の学びで揺るぎない学力を育む」[8]

沿革[編集]

  • 1878年明治11年)8月 - 千葉縣師範學校構内(現:NHK千葉支局敷地)に千葉中學校と称して創立。修業年限3ヶ年。
  • 1886年
    • 8月 - 千葉縣師範學校女子部の校舎(現:教育会館敷地)に移転する。
    • 10月 - 第1次中学校令(明治19年勅令第15号)により、千葉縣尋常中學校と改称、修業年限を5ヶ年とする。
  • 1899年4月 - 千葉縣千葉中學校と改称、同年7月現在地に校舎を新築移転。同年11月1日新築落成式を挙行(創立記念日の由来)。
  • 1900年2月 - 木更津分校(現:千葉県立木更津高等学校)を設置。
  • 1901年
  • 1906年3月31日 - 松戸分校を廃止[9]
  • 1944年昭和19年)4月 - 千葉市立商業學校夜間部を本校第二部(3年制、旧制中学校)として移管設置する。
  • 1947年4月 - 新学制の実施に伴い、第4・第5学年生徒は千葉縣立千葉中學校の生徒、第2・第3学年生徒は千葉縣立千葉中學校併設中學校の生徒とし、第1学年の生徒募集を停止する。第二部は4年制の中学課程とする。
  • 1948年4月 - 学校教育法による高等学校となり、千葉県立千葉高等学校となる。全日制修業年限3ヶ年生徒定員1,040名、定時制修業年限4ヶ年、生徒定員320名とする。
  • 1949年4月 - 男女共学制を実施する。
  • 1950年4月 - 千葉県立千葉第一高等学校と改称。
  • 1961年4月 - 千葉県立千葉高等学校と改称[10]
  • 1975年4月 - 新入学生から学校群制度を実施。千葉女子千葉東千葉南千葉市立と第1学校群を組む。
  • 1978年4月 - 単独選抜制に改められる。
  • 2001年平成13年)4月 - 千葉県内のほとんどの市町村に通学区域拡大。
  • 2003年
  • 2008年4月 - 千葉県立千葉中学校を併設。中高一貫校になる。
  • 2014年3月 - 新運動場整備工事竣工。

教育課程[編集]

授業では教科書よりも教員作成の独自プリントを多用する傾向があり、中高の授業共に高度な内容となっている。

中学
  • 教科「学びのリテラシー」
週1時間実施。自ら学んで発表し話し合うための力をつける。
通年でゼミを開講している。中1・中2は16人単位でゼミを行い、「千葉中アカデミア」で発表する。中3になると卒業論文を作成し[11]、2月に発表会が開かれる[12]
また、「プロジェクト」では、千葉高OB・OGなどによる社会人講演会や、職場体験が行われている。
高校

実力テストが高1で1回、高2・高3で2回行われている。

  • 総合的な学習の時間
2003年度より総合的な学習の時間を開始している。一人一人が自分でテーマを見つけ、2年間で個別に調査・研究をまとめる。3年9月最初の総合の時間に、4つの分野(人文科学・社会科学・自然科学・芸術)に分かれて発表会が行われ、最も優れた作品に「千葉高ノーベル賞」が与えられる。3年間の研究成果は冊子『千葉高校ノーベル賞論叢』にまとめられ、全校生徒に配付される。

また、インターンシップ東京大学見学会、学部学科説明会、なども行われている。

学校行事[編集]

高校
  • 4月 - 入学式、校内実力テスト(高2、高3)、校外学習
  • 5月 - 中間考査、球技大会
  • 6月 -
  • 7月 - 期末考査
  • 9月 - 総合学習発表会、文化祭、体育大会
  • 10月 - 地域懇談会、中間考査
  • 11月 - 修学旅行(高2)、合唱コンクール(高1)
  • 12月 - 期末考査、球技大会(高1、高2)
  • 1月 - 学年末考査(高3)
  • 2月 - 前期入学者選抜
  • 3月 - 後期入学者選抜、学年末考査(高1、高2)、卒業式
中学
  • 4月 - 入学式、オリエンテーション合宿(中1)、遠足(中2、中3)
  • 5月 - 第1回定期テスト
  • 6月 - 飛龍祭(体育祭)
  • 7月 - 第2回定期テスト
  • 8月 - 夏季ボランティア職場体験
  • 9月 - 文化祭
  • 10月 - 第3回定期テスト、伝統文化学習(中2)、国内語学研修(中3)
  • 11月 - 合唱祭
  • 12月 - 第4回定期テスト、千葉中ダンジョン、GTEC
  • 2月 - 卒業論文発表会(中3)、第5回定期テスト(中3)
  • 3月 - 卒業式、第5回定期テスト(中1、中2)、千葉中アカデミア(中1、中2)、海外異文化学習(中3)
強歩大会
創立100周年(1978年)を記念して始められた行事。九十九里浜を歩く。当初は男子30km、女子20kmであったが、のちに男女共に直線距離で約17kmに改められた。
2011年度は、東北地方太平洋沖地震津波の影響により、安全が最優先だとして、他所への遠足(高1はお台場、高2・3は上野・浅草)に変更された。
2012年度以降は津波への危惧から、開催場所が佐原利根川沿い)に変更された。
2015年度からは強歩大会を取り止め、東京・神奈川方面への校外学習を実施している。
体育大会
年3回あり、1学期は5月に球技大会、2学期は9月に体育大会、12月に球技大会がある。12月の球技大会は学年ごとに別日で開催され、3年生は参加しない。
文化祭
通常9月開催であるが、2012年から2015年は夏季休業中の校舎耐震補強工事のため、6月開催であった。2016年度より9月開催に戻っている。
総合学習発表会
3年生のうち、ゼミ担当教員に推薦された者が発表を行う。各分野ごとの最優秀者には千葉高ノーベル賞が贈られる。

制服[編集]

基本として男子は黒色の学生服。前を5個の校章入り金ボタンで留める。男子の襟は中・高ともに詰襟ラウンドカラーとのどちらでもよく最近は多くの生徒がラウンドカラーを着用している。女子は明るい紺色のブレザーで中高ともに校章バッジを装着し中学生は襟元にリボンも着用する[13]

男子に校章バッジはなく、学生服の向かって左襟にローマ数字の学年章、右襟にアルファベットまたは数字の組章の、大きな襟文字バッジをそれぞれ装着する。襟文字の色は中学が黒色の七宝、高校が金色。中学では以前までこれに加え男女とも胸にプラスチック製の名札を装着していた。男女とも一部生徒はパーカーやトレーナー等を制服の下に着用するなどのアレンジした着かたで通学する者もいる。高校には指定のジャージは無い。

かつては、白の横一本線が入った学帽が制帽として定められていたが、製造業者の廃業により、現在の規程にはない。

施設[編集]

普通校舎の他、講堂、図書館、美術館(一般公開されている)、記念館、食堂、ビオトープなどの施設を有する。講堂は旧制中学時代の1927年昭和2年)に落成、図書館は木造建築である。中学校専用の体育館・校舎は2010年度に新築された。2014年には新運動場が同窓会の寄付により竣工した[14]

  • 千葉高校美術館(美術館登録)
    絵画・書画・各種工芸作品などを所蔵
  • ビオトープ(絶滅危惧種などの貴重な生物が生息)

部活動[編集]

高校
中学

交通アクセス[編集]

千葉県立千葉中学校・高等学校の位置(千葉県内)
千葉県立千葉中学校・高等学校

中学校・高等学校関係者一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 2017年1月22日閲覧。
  2. ^ 『葛城學志』創刊号”. 千葉中高生徒有志会. 2018年6月23日閲覧。
  3. ^ 公立中高一貫校の星「ケンチバ」に突撃訪問!”. プレジデントオンライン. 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ なお、当時の校長は「生徒会がないのはどうも寂しい」と述べている(千葉高百年史より)
  5. ^ 生徒会は危険と一部誤って認識されているものもある。
    W 県立千葉高等学校 (PDF) より引用:
    「当時の生徒会が図書館に立てこもるという事件が起こりました。これが危険視されたため、生徒会が解体されることになったのです。」
  6. ^ 2016年の中学入試では80人の定員に785名が受験し、倍率は9.8となっている。
    平成28年度千葉県県立中学校一次検査の受検状況について
  7. ^ 公立中高一貫教育校 偏差値ランキング”. シリウス. 2016年10月26日閲覧。
  8. ^ 千葉県立千葉中学校ホームページ
  9. ^ 明治39年3月17日付官報(第6812号) 文部省告示第五十一号
  10. ^ “県立高のナンバー廃止 千葉一高は千葉高へ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 千葉版. (1961年1月10日) 
  11. ^ 千葉中学校の教育課程 / 教育課程の特色
  12. ^ 平成28年度の主な年間行事(予定)
  13. ^ 校則及び規程 第3 服装規程
  14. ^ 新運動場整備事業 - 千葉県立千葉高等学校同窓会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]