ゼミナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2015年のダッカでのセミナーでベンガル語ウィキペディアでインストラクター議論する女性の関与

ゼミナール)/セミナー)(Seminar; 略称: ゼミ)は、大きく分けて以下に大別される。

  • 演習 - 大学などの高等教育にて行われる授業科目。担当教員の名前を冠して「○○ゼミ」と呼ばれることが多い。
    • 一方的に教員の講釈を聞く講義に対して、少人数でテーマに関する報告・議論、講読を行うことを基本としている。
    • 双方向性・相互啓発性の高い状況において専門的な内容を学び取ることをねらいとする。
    • 日本の大学においては、専門分野のゼミナールと一般教養ゼミナールの2種類がある場合が多い。また専門分野においては、作成した論文を卒業論文として扱う場合もある。
    • 進行の過程上、合宿の機会を設けて集中型ゼミナールを行う場合もある。
    • 工学部農学部では「実習」にあたる。
  • 講座」・「講習」・「研修」の意味で使われるもの
    • 塾・予備校名
    • 講座名
      • 学校において、本来の授業よりも深く学ぶことを目的としたもの。
      • 塾や予備校における、教科・科目別講座の総称(「英語ゼミ」など)。
      • 公募型で行われる講師対受講者の形式をとって行われるもので、社会人養成講座など。特に「○○セミナー」という表現が用いられる場合がある(就活セミナー、投資セミナー、スキルアップセミナーなど)。
      • 通信教育講座の名称。「○○ゼミ」というふうに呼ばれる(ベネッセコーポレーション進研ゼミ」、小学館集英社プロダクション「ドラゼミ」など)。
      • 企業の従業員雇用において、実質は採用説明会でありながら、何らかの理由でそれを名乗れない場合にこの表現が用いられることがある(業研セミナーなど)。

関連項目[編集]