ジョン・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・コールマン( John Coleman, 1935年 - )はアメリカ在住の著述家。その著作の多くは陰謀論に分類されている。英国出身、元々は英国諜報機関MI6の情報将校であったが、任務の際に見た機密文書が元でMI6を辞したと主張している。

著書を数多く執筆しているが、その多くは「三百人委員会」等の活動を暴き、イギリス王室ロスチャイルド家等の財閥エリートを批判する内容である[1]

現在はアメリカに帰化し、在住している。

著書(日本語版)[編集]

以下は雷韻出版より

以下は成甲書房より

著書(英語版)[編集]

  • THE COMMITTEE OF 300
  • BEYOND THE CONSPIRACY Unmasking the Invisible World Government, THE COMMITTEE OF 300
  • The Tavistock Institute Of Human Relations: Shaping the Moral, Spiritual, Cultural, Political, and Economic Decline of The United States of America
  • Diplomacy By Deception AN ACCOUNT OF THE TREASONOUS CONDUCT BY THE GOVERNMENTS OF BRITAIN AND THE UNITED STATES
  • ONE WORLD ORDER: SOCIALIST DICTATORSHIP
  • The Rothschild Dynasty
  • What You Should Know About the UNITED STATES CONSTITUTION and the BILL OF RIGHTS
  • We Fight For Oil: A History of U.S. Petroleum Wars
  • THE CLUB OF ROME
  • Illuminati In America 1776-2008
  • Nuclear Power: Anathema to the New World Order
  • P A L E S T I N E AN ACCOUNT OF 7000 YEARS OF HISTORY
  • FREEMASONRY FROM A TO Z
  • ABORTION: GENOCIDE IN AMERICA

脚注[編集]

  1. ^ 一部を除き、日本語版の監訳者は太田龍である。

外部リンク[編集]