三百人委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三百人委員会
設立年 1727年
種類 秘密結社
本部 イギリスの旗 イギリス
影の世界政府の最高上層部とされる

三百人委員会(さんびゃくにんいいんかい、英語Committee of 300)とは陰謀論のひとつ。論者によると、イギリスに本部を置く影の世界政府の最高上層部とされる組織。

存在説[編集]

批判的論者によると、三百人委員会はオリンピアンズ(オリュンポス十二神)とも呼ばれ、根本思想をイルミニズムや悪魔主義におくとしている。その超国家的組織は超選民主義の究極的な形態であり、その組織構成は、イルミナティと悪魔主義者を頂点にした巨大なピラミッドであるとする。この陰謀はイルミナティ他、様々な名称の団体によって遂行されていると言う。

批判的論者は、三百人委員会が掲げる綱領21ヶ条では、「悪魔王国の建設」、別名「悪魔の地球支配綱領」(世界人間牧場計画)を記しているとし、支配者(悪魔)と家畜(奴隷)のみが存在する社会として、世界が統一される事を目指している組織の計画であると主張している。

批判的論者によれば、三百人委員会は1727年イギリス東インド会社の300人の会議をもとにして、英国貴族によって設立されたとし、フリーメイソンの第33階級が最高大総監に相当するとしている。また、元々は500人委員会だったとする説もある。この三百人委員会に関しては、ジョン・コールマン[1]ダニエル・エスチューリン[2]桐生操[3]赤間剛[4]らが著述している。

日本では苫米地英人が、いまだ公にされていない世界的な委員会があって、自分は選ばれてその委員の1人になっていることを近しい人たちに語ったとされる。苫米地の話しを聞いた証言者によれば、苫米地は「宇宙の巨大な衛星から常に見守られていて、自分に危害を及ぼそうとする者はレーザー光線で撃退される」と言っていたとのことである。

物語への登場[編集]

脚注[編集]

^ 日本語版{三百人委員会}の翻訳は主に太田竜が行い、1994年4月に(コールマン & 歴史修正学会 1994)が出版されて、三百人委員会の名が一般に知られるようになった。

[ヘルプ]
  1. ^ ジョン・コールマンは三百人委員会に関する書籍を著している。日本語版の翻訳は主に太田竜が行い、日本では1995年に(コールマン & 歴史修正学会 1995)が出版されて、三百人委員会の名が一般に知られるようになった。
  2. ^ エスチューリン & 山田 (2006, 第3章)
  3. ^ 桐生 (2007)
  4. ^ 赤間剛(元読売新聞記者、作家)は赤間 (1997, 第6章)で三百人委員会を取り上げている。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]