フランシスコ・ザビエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖フランシスコ・ザビエル
Franciscus de Xabier.jpg
フランシスコ・ザビエル肖像(詳細は下記参照)
東洋の使徒
生誕 1506年4月7日
Bandera Navarra.svg ナバラ王国ハビエル英語版
死没 1552年12月3日
Imperial seal of Ming dynasty.svg 明国広東省上川島
崇敬する教派 カトリック教会聖公会ルーテル教会
列福日 1619年10月25日
列福場所 ローマ
列福決定者 パウルス5世
列聖日 1622年3月12日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 グレゴリウス15世
記念日 12月3日
象徴 十字架、燃える心臓
守護対象 キリスト教伝道、航海士、上智大学サン・フランシスコ・ザビエル大学英語版、ほか下記参照

フランシスコ・デ・ザビエルスペイン語: Francisco de Xavier または Francisco de Jasso y Azpilicueta, 1506年4月7日 - 1552年12月3日[注釈 1])は、ナバラ王国生まれのカトリック教会司祭宣教師イエズス会の創設メンバーの1人。バスク人

ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドゴアに派遣され、その後1549年天文18年)に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日

名前について[編集]

生家のハビエル城[1]はフランスとの国境に違い北スペインのナバラ王国のハビエルに位置し、バスク語で「新しい家」を意味するエチェベリ(家〈etxe〉+ 新しい〈berria〉)のイベロ・ロマンス風訛りである。フランシスコの姓はこの町に由来する。この姓はChavierやXabierreなどとも綴られることもある。Xavierはポルトガル語であり、発音はシャヴィエル。当時のカスティーリャ語でも同じ綴りで、発音はシャビエルであったと推定される[注釈 2][注釈 3]。 現代スペイン語ではJavierであり、発音はハビエル。

かつて日本のカトリック教会では慣用的に「ザベリオ」(イタリア語読みから。「サヴェーリョ」がより近い)という呼び名を用いていた[注釈 4]。 現在はおもに「ザビエル」が用いられるほか、ザビエルにゆかりのある山口県では「サビエル」と呼ばれる(例: 山口サビエル記念聖堂サビエル高等学校)。

生涯[編集]

青年期まで[編集]

1506年頃4月7日、フランシスコ・ザビエルはナバラ王国パンプローナに近いハビエル城で生まれ、地方貴族の家に育った。彼は5人姉弟(兄2人、姉2人)の末っ子で、父はドン・フアン・デ・ハッソ、母はドーニャ・マリア・デ・アズピリクエタという名前であった。父はナバラ王フアン3世の信頼厚い家臣として宰相を務め、フランシスコが誕生した頃、すでに60歳を過ぎていた。ナバラ王国は小国ながらも独立を保ってきたが、フランスとスペイン(カスティーリャアラゴン)の紛争地になり、1515年についにスペインに併合される。父フアンはこの激動の中で世を去った。その後、ザビエルの一族はバスク人とスペイン、フランスの間での複雑な争いに翻弄されることになる。

1525年、19歳で名門パリ大学に留学。聖バルブ学院に入り、自由学芸を修め、哲学を学んでいるときにフランス出身の若きピエール・ファーヴルと同室になる。のちにザビエルと同様にバスクから来た37歳の転校生イニゴ(イグナチオ・デ・ロヨラ)も加わる。イニゴはパンプローナの戦いで片足の自由を失い傷痍軍人として故郷のロヨラ城で療養の後、スペインのアルカラ大学を経てパリ大学モンテーギュ学院で学んでいた。1529年、ザビエルの母が死亡。その4年後、ガンディアの女子修道院長だった姉も亡くなる。この時期ザビエルは哲学コースの最後の課程に入っていたが、ロヨラから強い影響を受け、聖職者を志すことになる。そしてロヨラの感化を受けた青年たちが集まり、1534年8月15日、ロヨラ、ザビエル、ファーブルとシモン・ロドリゲスディエゴ・ライネスニコラス・ボバディリャアルフォンソ・サルメロンの7人が、モンマルトル聖堂において神に生涯を捧げるという誓いを立てた。これが「モンマルトルの誓い」であり、イエズス会の創立である。この時のミサは、当時唯一司祭となっていたファーブルが執り行った。一同はローマ教皇パウルス3世の知遇を得て、叙階許可を与えられたので、1537年6月、ヴェネツィアの教会でビンセンテ・ニグサンティ司教によって、ザビエルもロヨラらとともに司祭に叙階された。彼らはエルサレム巡礼の誓いを立てていたが、国際情勢の悪化で果たせなかった。

東洋への出発[編集]

ザビエルがとった航路

当初より世界宣教をテーマにしていたイエズス会は、ポルトガルジョアン3世の依頼で、会員を当時ポルトガル領だったインド西海岸のゴアに派遣することになった。ザビエルはシモン・ロドリゲスとともにポルトガル経由でインドに発つ予定であったが、ロドリゲスがリスボンで引き止められたため、彼は他の3名のイエズス会員(ミセル・パウロ、フランシスコ・マンシリアス、ディエゴ・フェルナンデス)とともに1541年4月7日にリスボンを出発した(ちなみにこの日は彼の35歳の誕生日である)。8月にアフリカのモザンビークに到着、秋と冬を過して1542年2月に出発、5月6日ゴアに到着。そこを拠点にインド各地で宣教し、1545年9月にマラッカ、さらに1546年1月にはモルッカ諸島に赴き宣教活動を続け、多くの人々をキリスト教に導いた。マラッカに戻り、1547年12月に出会ったのが鹿児島出身のヤジロウ(アンジロー)という日本人であった。

日本へ[編集]

ザビエル会見の地(一宇治城)

1548年11月にゴアで宣教監督となったザビエルは、翌1549年4月15日、イエズス会士コスメ・デ・トーレス神父、フアン・フェルナンデス修道士、マヌエルという中国人、アマドールというインド人、ゴアで洗礼を受けたばかりのヤジロウら3人の日本人とともにジャンク船でゴアを出発、日本を目指した[注釈 5]

一行は上川島英語版広東省江門市台山)を経由し、ヤジロウの案内でまずは薩摩半島坊津に上陸、その後許しを得て、1549年天文18年)8月15日に現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。この日はカトリック聖母被昇天の祝日にあたるため、ザビエルは日本を聖母マリアに捧げた。

1549年9月には、伊集院城(一宇治城/現・鹿児島県日置市伊集院町大田)で薩摩国守護大名島津貴久に謁見、宣教の許可を得た[注釈 6]。 ザビエルは薩摩での布教中、福昌寺の住職で友人の忍室にんじつと好んで宗教論争を行ったとされる。後に日本人初のヨーロッパ留学生となる鹿児島のベルナルドなどにもこの時に出会う。

しかし、貴久が仏僧の助言を聞き入れ禁教に傾いたため、「にのぼる」ことを理由に薩摩を去った(仏僧とザビエル一行の対立を気遣った貴久のはからいとの説もある)。

1550年(天文19年)8月、ザビエル一行は肥前国平戸に入り、宣教活動を行った。同年10月下旬には、信徒の世話をトーレス神父に託し、ベルナルド、フェルナンデスと共に京を目指し平戸を出立。11月上旬に周防国山口に入り、無許可で宣教活動を行う。周防の守護大名・大内義隆にも謁見するが、男色を罪とするキリスト教の教えが大内の怒りを買い、同年12月17日に周防を立つ。岩国から海路に切り替え、に上陸。豪商の日比屋了珪の知遇を得る。

失意の京滞在 山口での宣教[編集]

1551(天文20年)年1月、日比屋了珪の支援により、一行は念願の京に到着。了珪の紹介で小西隆佐の歓待を受けた。

ザビエルは、全国での宣教の許可を「日本国王」から得るため、インド総督とゴアの司教の親書とともに後奈良天皇および征夷大将軍・足利義輝への拝謁を請願。しかし、献上の品がなかったためかなわなかった。また、比叡山延暦寺の僧侶たちとの論戦も試みるが、拒まれた。これらの失敗は戦乱による室町幕府の権威失墜も背景にあると見られ、当時の御所や京の町はかなり荒廃していたとの記録もある。京での滞在をあきらめたザビエルは、山口を経て、1551年3月、平戸に戻る。

ザビエルは、平戸に置き残していた献上品を携え、三度山口に入った。1551年4月下旬、大内義隆に再謁見。それまでの経験から、貴人との会見時には外観が重視されることを知っていたザビエルは、一行を美服で装い、珍しい文物を義隆に献上した。献上品は、天皇に捧呈しようと用意していたインド総督とゴア司教の親書の他、望遠鏡、洋琴、置時計、ギヤマンの水差し、鏡、眼鏡、書籍、絵画、小銃などであった[注釈 7]。ザビエルは、初めて日本に眼鏡を持ち込んだといわれる。

これらの品々に喜んだ義隆はザビエルに宣教を許可し、信仰の自由を認めた。また、当時すでに廃寺となっていた大道寺をザビエル一行の住居兼教会として与えた(日本最初の常設の教会堂)。ザビエルはこの大道寺で一日に二度の説教を行い、約2ヵ月間の宣教で獲得した信徒数は約500人にものぼった。

また、山口での宣教中、ザビエルたちの話を座り込んで熱心に聴く盲目の琵琶法師がいた。彼はキリスト教の教えに感動してザビエルに従い、後にイエズス会の強力な宣教師ロレンソ了斎となった。

豊後国での宣教[編集]

ザビエルは、豊後国府内(大分市)にポルトガル船が来着したとの話を聞きつけ、山口での宣教をトーレスに託し、自らは豊後へ赴いた(この時点での信徒数は約600人を超えていたといわれる)。1551年9月、ザビエルは豊後国に到着。守護大名・大友義鎮(後の宗麟)に迎えられ、宗麟の保護を受けて宣教を行った(これがのちの大友氏瓦解の遠因のひとつとなっている)。また、豊後に眼鏡を伝来させた。

再びインドへ[編集]

日本滞在が2年を過ぎ、ザビエルはインドからの情報がないことを気にしていた。そして一旦インドに戻ることを決意。11月15日、日本人青年4人(鹿児島のベルナルド、マテオ、ジュアン、アントニオ)を選んで同行させ、トーレス神父とフェルナンデス修道士らを残して出帆。種子島、中国の上川島を経てインドのゴアを目指した。1552年2月15日、ゴアに到着すると、ザビエルはベルナルドとマテオを司祭の養成学校である聖パウロ学院に入学させた。マテオはゴアで病死するが、ベルナルドは学問を修めてヨーロッパに渡った最初の日本人となった。

中国布教への志しと終焉、死後列聖まで[編集]

ゴアのボン・ジェズ教会内・ザビエルの遺体が安置された棺
1949年に日本に運ばれたザビエルの右腕

1552年4月、ザビエルは、日本全土での布教のためには日本文化に大きな影響を与えている中国での宣教が不可欠と考え、バルタザル・ガーゴ神父を自分の代わりに日本へ派遣。ザビエル自らは中国を目指し、同年9月上川島に到着した。しかし中国への入境は思うようにいかず、ザビエルは病を発症。12月3日、上川島でこの世を去った。46歳であった。

遺骸は石灰を詰めて納棺し海岸に埋葬された。1553年2月マラッカに移送。さらにゴアに移され、1554年3月16日から3日間、聖パウロ聖堂にて棺から出され一般に拝観が許された。そのとき参観者の一人の婦人が右足の指2本を噛み切って逃走した。この2本の指は彼女の死後聖堂に返され、さらに1902年そのうちの1個がザビエル城に移された[5]。遺骸は現在ボン・ジェズ教会に安置されている。棺の開帳は10年に1度。[6]

右腕下膊は、1614年にローマのイエズス会総長の命令で、セバスティアン・ゴンザーレスにより切断された。この時本人の死後50年以上経過しているにも係わらずその右腕からは鮮血がほとばしり、これをもって「奇跡」とされた。以後、この右腕はローマ・ジェズ教会に安置されている。そしてこの右腕は1949年(ザビエル来朝400年記念)および1999年(同450年記念)に日本へ運ばれ、腕型の箱に入れられたまま展示された。

なお右腕上膊はマカオに、耳・毛はリスボンに、歯はポルトに、胸骨の一部は東京になどと分散して保存されている。

ザビエルは1619年10月25日に教皇パウルス5世によって列福され、1622年3月12日に盟友イグナチオ・ロヨラとともに教皇グレゴリウス15世によって列聖された。

ザビエルと日本人[編集]

日本人の印象について、「この国の人びとは今までに発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人びとは、異教徒のあいだでは見つけられないでしょう。彼らは親しみやすく、一般に善良で悪意がありません。驚くほど名誉心の強い人びとで、他の何ものよりも名誉を重んじます。[7]」と高評価を与えている[8]

ザビエルが驚いたことの一つは、キリスト教において重い罪とされていた衆道同性愛又は男色)が日本において公然と行われていたことであった。

布教は困難をきわめた。初期には通訳を務めたヤジロウのキリスト教知識のなさから、キリスト教の神を「大日」と訳して「大日を信じなさい」と説いたため、仏教の一派と勘違いされ、僧侶に歓待されたこともあった。ザビエルは誤りに気づくと「大日」の語をやめ、「デウス」というラテン語をそのまま用いるようになった。以後、キリシタンの間でキリスト教の神は「デウス」と呼ばれることになる(インカルチュレーションも参照)。

幕末に滞日したオランダ人医師ポンペはその著書の中で、「彼ら日本人は予の魂の歓びなり」と言ったザビエルの物語は広く西洋で知られており、これがアメリカ合衆国政府をしてペリー率いるアメリカ艦隊の日本遠征を決心させる原因となったのは明らかである、と述べている[9]

ザビエルの名を戴くカトリック教会・団体[編集]

日本国内の教会[編集]

山口サビエル記念聖堂

このほか、日本国内にはザビエルを教会の保護者(保護聖人)として名を戴く聖堂(教会)が33ある[12]

日本国内の団体[編集]

日本国外の教会[編集]

ザビエルゆかりの聖堂、遺物所在地など[編集]

日本国内[編集]

日本国外[編集]

ザビエルの銅像・記念碑等[編集]

日本[編集]

※府県の配列はザビエルの来訪順

鹿児島県
  • ザビエル来鹿記念碑[注釈 8]鹿児島市) - 元は記念教会だったが太平洋戦争中に空襲で焼失。1949年(昭和24年)、ザビエル来航400年を記念して教会の廃材を使用し設置。奥にはザビエルの胸像がある。市電「高見馬場」または「天文館通」電停下車、鹿児島カテドラル・ザビエル教会向かいの「ザビエル公園」内。
    • ザビエル、ヤジロウ、ベルナルドの銅像 - ザビエル来航450周年を記念して、1999年(平成11年)にザビエル公園内に設置。
  • ザビエル上陸記念碑(鹿児島市) - ザビエル一行が薩摩国祇園之洲あたりに上陸したことを記念して、鹿児島市祇園之洲公園に1978年(昭和53年)に設置。かつてこの公園(新祇園之洲)は浅瀬の干潟で1970年代の埋め立てによって作られた土地。実際の上陸地は旧祇園之洲よりもさらに内陸の、稲荷川河口付近であったと考えられる。市バス「祇園之洲公園」バス停下車。
  • ザビエル会見記念碑日置市) - 1949年、ザビエル来航400年を記念して、ザビエル一行が島津貴久に謁見したとされる伊集院一宇治城跡に設置。JR伊集院駅下車、または鹿児島市から車で約30分[18]
長崎県
  • ザビエル来航記念碑平戸市) - 1949年、ザビエル来日400年を記念して崎方公園内に建立(ザビエルの平戸訪問は1550年)。
  • ザビエル記念像(平戸市) - ザビエルの平戸来航を記念して、カトリック平戸教会(現:平戸ザビエル記念教会)前に1971年(昭和46年)建立。これ以降、同教会は「聖フランシスコ・ザビエル記念教会」の通称で呼ばれるようになり、現在は名称も「平戸ザビエル記念教会」に改められている。
  • このほか、長崎市日本二十六聖人記念館に『ザヴィエル像』(フレスコ、1966年長谷川路可作)がある。(ザビエル自身は、現在の長崎市を訪れたことはない。)
山口県
大阪府
  • ザビエル公園堺市堺区) - 堺の豪商日比屋了慶が邸宅の一部をザビエルに提供した。現在、その場所にある戎公園は、サビエルの功績を顕彰する碑が建てられたことから通称「ザビエル公園」と呼ばれている。
大分県
  • 聖フランシスコ・ザビエル像大分市大手町) - ザビエルの来航を記念して遊歩公園内に建立。左手に十字架を持ち、右手を掲げたザビエルの像で、彫刻家佐藤忠良による1969年(昭和44年)の作品である。背後には、世界地図のレリーフにザビエルのヨーロッパから日本にいたる航路を描き込んだモニュメントも設置されている。JR大分駅から徒歩約10分。
  • 聖フランシスコ・ザビエル像(大分市要町) - 2015年(平成27年)2月21日にオープンした大分駅府内中央口(北口)駅前広場に、南蛮世界地図を挟んで大友宗麟公像と向き合う形で建立されている[19]

日本国外[編集]

ザビエルを描いた美術作品[編集]

『フランシスコ・ザビエル肖像』(重要文化財)[編集]

彼の列聖(1622年)以降に日本で作成されたと推定される。作者は不明で、落款の壷印(狩野派を示す)と「漁夫」(ペトロを示す)の署名から狩野派の絵師ペトロ狩野(狩野源助)とする説があるが確証はない。大阪府茨木市隠れキリシタンであった家で1919年に発見された。現在神戸市立博物館[20]。この頭頂部を刈り取った髪型(トンスラ)の肖像が日本人に大変よく知られている。

その他日本国内[編集]

  • 『臨終の聖フランシスコ=ザビエル』、『聖ザビエル日本布教図』(日本画、1949年長谷川路可作) 鹿児島カテドラル ザビエル教会内。

日本国外[編集]

ザビエルにちなんだ修行[編集]

聖フランシスコ・ザビエルに対する9日修行がある。3月4日から12日まで行う。9日にわたる修行の形式の起こりは、イエズス・キリストが昇天ののち9日で聖霊降臨したことにある。特に聖人ザビエルに対する祈祷の起源は、イタリアの17世紀の神父フランシスコ・マストリリが発起したことにある。30歳のとき聖母マリアの祝典の際に重傷を負った神父が蘇生する際、ザビエルが旅人の姿で現れ、東洋での宣教を説いたことに基づく。神父は時の教皇ウルバヌス8世の許可を受けてインドのゴア、マカオ、マニラを経て1637年(寛永14年)に来日するにいたった。なお、3月12日は聖ザビエル及び聖イグナチオ・デ・ロヨラの列聖日にも当たる[21]

ザビエルが守護聖人とされている国・地域[編集]

ザビエルはカトリック教会によって日本インドインドネシアマレーシアオーストラリアニュージーランドモンゴル中華民国東インド諸島のほか、以下の都市や地域の守護聖人とされている。

その他[編集]

  • ザビエルの兄ミゲルの子孫であるルイス・フォンテスは、日本に帰化して泉類治と名乗って司祭として活動をしている。
  • ザビエルは、下野国足利庄五箇郷村(現・栃木県足利市)にあった学校、「足利学校」を「日本国中最も大にして最も有名な坂東のアカデミー(坂東の大学)」と記し、高く評価した。
  • 大友義鎮は、のちに「最初に出会った司祭の名前だから」という理由でフランシスコの洗礼名を選んでいる。
  • ザビエルの布教計画は、後のイエズス会のそれとは一線を画すものであった。
    • ザビエルは日本人をヨーロッパに派遣し、キリスト教会の実情とヨーロッパ社会を知らせ、同時にヨーロッパ人に日本人のことを知らせようとした。しかし後続のフランシスコ・カブラルは日本人が外国語を学ぶことを許さなかったし、アレッサンドロ・ヴァリニャーノが「日本巡察記」に「日本人にキリスト教も仏教と同じくいろいろな宗派に分かれていると知られると布教に悪影響を及ぼす恐れがある」と記したように、ヨーロッパの宗教は統一されていると教えていた[22]
    • 同僚を通じてスペイン国王に「日本を占領することを企てないように」と進言した[22]
    • 堺にポルトガル商館を建て、自分がそこの代理人になってもいい、と書簡で書き送った[22]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一説には12月2日とも。
  2. ^ 神戸市立博物館蔵のザビエル肖像(冒頭画像参照)には、「さんふらぬしすこさべりうすさからめんと(聖フランシスコ・ザビエルの秘跡)」と書かれている。名はロマンス語読みに近いが、姓はラテン語読みに近い。神戸市立博物館:名品撰(2013年2月16日時点のアーカイブ
  3. ^ 新井白石の『西洋紀聞』には、「むかし豊後国に、鬼怪ある家あり。ポルトガル人の来れるを、かしこに按置す。ポルトガル人、其壁上にクルスをかきしに、そのゝちは彼怪やみぬ。国司此事をきゝて、不思議の事におもへり。一年を経し後に、フランシスコシヤヒヱル来たりしかば、国司やがて、其法をうけしといふ。そのフランシスコシヤヒヱルといふは、ポルトカルの語也。ラテンの語に、フランシスクスサベィリウスといふ、これ也。」とある[2]
  4. ^ 過去の表記としては他に「ザビエー」等がある。例: 幸田成友著『聖フランシスコ・ザビエー小傳』(1941年刊)
  5. ^ 3人は、ゴアの聖信学院(Collegio de Santa Fé)で洗礼を受けた[3]
  6. ^ 宣教師の記録では、ザビエルが島津貴久に謁見した場所は「鹿児島から5、6レグアの地」とのみ述べられ、地名は明記されていない。一宇治城であったという説が有力だが、他に清水城(現・鹿児島市)という説もある。清水城(2007年9月4日時点のアーカイブ
  7. ^ 西洋時計がはじめて日本に輸入されたのは、1551年(天文19年)であり、山口を訪れたザビエルが大内義隆に三筒式小銃や楽器等とともに捧呈した時であるとされる[4]
  8. ^ 碑文の「鹿」は「」。「フランシスコ.ザビエ聖師滞麑記念」と刻まれている。

出典[編集]

  1. ^ ハビエル城(ザビエル城)
  2. ^ 新井白石著、宮崎道生校訂『西洋紀聞』(新訂版)平凡社(東洋文庫)、1968年、72頁。
  3. ^ ザビエル書簡1549年6月20日付、ポルトガル王ジョアン3世宛て
  4. ^ 坪内逍遥監修、西村真次著『江戸時代創始期』(1922年)巻頭(徳川家康保持の置時計)
  5. ^ 司馬遼太郎、『街道をゆく 南蛮のみち』〜ザビエルの右手〜など参照。
  6. ^ “ザビエルのミイラ化遺体に祈り…10年ぶり公開”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年11月24日). オリジナル2014年11月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141124115936/http://www.yomiuri.co.jp/world/20141123-OYT1T50097.html? 2014年11月24日閲覧。 
  7. ^ 『聖フランシスコ・ザビエル全書簡 3』p96より
  8. ^ 戦国時代の宣教師についてレファレンス事例詳細埼熊-2013-050、レファレンス協同データベース、2013年06月01日
  9. ^ ポンペ日本滞在見聞記 - 新異国叢書, 第 10 巻、雄松堂書店, 1887、緒言p4
  10. ^ 山口サビエル記念聖堂 山口カトリック教会
  11. ^ 鹿児島カテドラル・ザビエル教会
  12. ^ a b 聖堂の歴史 カトリック神田教会
  13. ^ 郡山ザベリオ学園
  14. ^ 会津若松ザベリオ学園
  15. ^ San Xavier del Bac Mission
  16. ^ 教会案内 カトリック関町教会
  17. ^ ゴアの聖堂と修道院
  18. ^ ザビエルと島津貴久との会見記念碑
  19. ^ 大分駅北口駅前広場の概要および南北駅前広場の貸出についてお知らせします 大分市
  20. ^ 神戸市立博物館の紹介ページ
  21. ^ 聖フランシスコザベリヨに對する九日修行 ラゲ、1915年p1-8
  22. ^ a b c 「南蛮人の日本発見」松田毅一

参考文献[編集]

一次史料[編集]

ザビエル自身による、またはザビエル存命中〜死去直後の記録
  • イエズス会士日本通信(上) 村上直次郎訳、柳谷武夫編 雄松堂(新異国叢書)、1968年
  • 聖フランシスコ・ザビエル全書簡 シュールハンマー、ヴィッキ編、河野純徳訳 平凡社、1985年 ※1994年に同社の「東洋文庫」に所収(全4巻)。
  • 十六・七世紀イエズス会日本報告集 松田毅一監訳 第III期第1巻(1549 - 1561)同朋舎、1997年
その他の記録

研究文献[編集]

  • 日本西教史 ジアン・クラセ著・太政官飜譯係訳述、1878年 - 1880年
  • 聖フランシスコ・ザベリヨ書簡記 淺井虎八郎、1891年
  • 聖フランシスコ・シャヰ゛エル小傳 吉田小五郎 大岡山書店、1932年
  • 聖フランシスコ・ザヴィエルの生涯 ヨハネス・ラウレス エンデルレ書房、1948年
  • 聖ザビエル伝 比屋根安定 朝日新聞社、1949年5月
  • 日本に来た聖ザビエル ヨハネス・ラウレス 翰林書院、1949年
  • 吉田小五郎 ザヴィエル 人物叢書・吉川弘文館、1959年
  • 切支丹巡礼の譜 山口・萩・津和野・紫福・地福・長門 沢本良秋 萩キリシタン遺跡保存会/防長出版、1976年
  • 聖フランシスコ・ザビエルの歩いた道 パウロ・フィステル 中央出版社、1982年10月
  • ザビエルの見た大分 豊後国際交流史 加藤知弘 葦書房、1985年5月
  • 聖フランシスコ・ザビエル 東洋の使徒 ホアン・カトレット 金子桂子訳.新世社、1987年12月
  • 聖フランシスコ・ザビエル全生涯 河野純徳 平凡社、1988年9月
  • ザビエルの道 高原至企画・撮影.ナガサキ・フォトサービス、1988年12月
  • 西洋人の日本発見 ザビエル来日前日本情報の研究 岸野久 吉川弘文館、1989年
  • フランシスコ・ザビエル 日本にはじめてキリストを伝えた人 谷真介 女子パウロ会、1989年1月 パウロ文庫
  • ザビエルの旅 菅井日人 グラフィック社、1991年10月 ヨーロッパ新紀行
  • 小説・フランシスコ・ザビエル 栗栖ひろみ 中央出版社、1992年4月
  • 聖フランシスコ・ザビエルの日傘 平湯晃 河出書房新社、1993年1月
  • ザビエル 結城了悟 聖母の騎士社、1993年2月 聖母文庫
  • フランシスコ・ザビエル 神をめぐる文化の衝突 津山千恵 三一書房、1993年5月
  • ザビエルを連れてきた男 梅北道夫 1993年12月 新潮選書
  • ザビエルの謎 古川薫 文芸春秋、1994年2月 のち文庫
  • 南蛮音楽その光と影 ザビエルが伝えた祈りの歌 竹井成美 音楽之友社、1995年7月
  • 生きた、愛した フランシスコ・ザビエルの冒険 矢代静一 角川春樹事務所、1996年7月
  • フランシスコ=ザビエル 日本にキリスト教を伝えた 浜田けい子 1997年5月 講談社火の鳥伝記文庫
  • ザビエル 尾原悟 Century Books 人と思想、清水書院、1998年
  • ザビエルと日本 キリシタン開教期の研究 岸野久 吉川弘文館、1998年
  • ザビエルの見た日本 ピーター・ミルワード松本たま講談社学術文庫 1998年
  • フランシスコ・ザビエル希望の軌跡 フーベルト・チースリク編.女子パウロ会、1998年10月
  • 鹿児島に来たザビエル 小平卓保 春苑堂出版、1998年11月 かごしま文庫
  • 「東洋の使徒」ザビエル ザビエル渡来450周年記念委員会編 (I/II) 上智大学 1999年
  • 大ザビエル展 来日450周年その生涯と南蛮文化の遺宝 東武美術館、朝日新聞社編.東武美術館、1999年
  • ザビエルの同伴者アンジロー 戦国時代の国際人 岸野久 吉川弘文館、2001年9月 歴史文化ライブラリー
  • ザビエルとその弟子 加賀乙彦 講談社、2004年7月 のち文庫
  • 地の果てまで 聖フランシスコ・ザビエルの生涯 やなぎやけいこ ドン・ボスコ社、2004年8月
  • インド・ユダヤ人の光と闇 ザビエルと異端審問・離散とカースト 徳永恂小岸昭著.新曜社、2005年7月
  • 種子島の鉄砲とザビエル 日本史を塗り変えた"二つの衝撃" 石原結實 2005年9月 PHP文庫
  • 三人の巡礼者の物語 イグナチオ、ザビエル、ファーヴル ホアン・カトレット編 高橋敦子訳.新世社、2005年12月
  • 天文十八年 鹿児島でのザビエルとヤジロー 新村洋 高城書房、2005年12月
  • ザビエルの海 ポルトガル「海の帝国」と日本 宮崎正勝 原書房、2007年3月
  • ザビエルの拓いた道 日本発見、司祭育成、そして魂の救い ザビエル生誕500年記念シンポジウム委員会編 南方新社、2008年
  • 日欧交渉の起源 鉄砲伝来とザビエルの日本開教 清水紘一 岩田書院、2008年12月
  • 侍とキリスト ザビエル日本航海記 ラモン・ビラロ 宇野和美訳.平凡社、2011年6月
  • フランシスコ=ザビエル 東方布教に身をささげた宣教師 浅見雅一 山川出版社、2011年9月 日本史リブレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
初代
イエズス会日本布教区の長
第1代: 1549 - 1551
次代:
コスメ・デ・トーレス