比屋根安定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
比屋根安定

比屋根 安定(ひやね あんてい、1892年10月3日 - 1970年7月10日)は、日本キリスト教神学者宗教学者東京都出身。

人物[編集]

先祖は首里那覇市)出身。姓は琉球方言読みで「ひやごん」と読む。照屋寛範は幼馴染。ほとんど東京で暮らし、沖縄には時々帰省する程度だった。

1917年青山学院大学神学部卒。1921年に青山学院大学、1949年東京神学大学教授となる。姉崎正治の教えを受ける。訳書も多い。

著書[編集]

  • 『日本宗教全史』教文館
  • 『日本基督教史』教文館
  • 『世界巡礼記』教文館
  • 『世界宗教史』三共出版社
  • 『日本宗教史』三共出版社及び三陽書院
  • 『日本宗教史要』日獨書院、ほか多数

評伝[編集]

外部リンク[編集]