茨木市立キリシタン遺物史料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg キリシタン遺物史料館
KIRISHITAN-SHIRYOKAN.JPG
施設情報
正式名称 キリシタン遺物史料館
専門分野 キリシタン遺物史料
事業主体 茨木市 教育委員会
管理運営 生涯学習部 地域教育振興課
年運営費 生涯学習部 地域教育振興課
開館 午前9時30分
閉館 午後5時
所在地
大阪府茨木市大字千提寺262
位置 北緯34度53分19.9秒
東経135度32分3.8秒
座標: 北緯34度53分19.9秒 東経135度32分3.8秒
プロジェクト:GLAM

茨木市立 キリシタン遺物史料館(いばらきしりつ きりしたんいぶつしりょうかん)は大阪府茨木市にある史料館。

概要[編集]

この付近はかつてキリシタン大名として有名な高槻城主・高山右近の領地であった影響で、当時キリスト教信者となった領民が多く、キリスト教禁制後も隠れキリシタンとなり、山奥のこの地で信仰を密かに守りつづけた人々がいた。1919年にキリシタン研究家の藤波大超が、この地が隠れキリシタンの里であることを突き止め、それをきっかけに付近の多くの家から隠れキリシタン遺物が再発見された。当館はこれらの資料を広く公開することを目的に、地元千提寺地区から土地の提供を受け、茨木市によって建設された施設である。1987年9月に開館した。なお、普段の管理は地区の人々のもちまわりによって行われており、当館に資料を提供している隠れキリシタンだった家の人も多いため、日によっては受付の管理人から興味深い話を聞くことも可能である。規模や展示品の数は決して大きくはないが、周囲には隠れキリシタン遺跡も点在しており、あわせて訪問すべき資料館である。

歴史教科書にほぼ必ず掲載されている重要文化財・聖フランシスコ・ザビエル像は、当館向かいの東家に伝わり1919年に発見されたものである。それまでは「開けずの櫃」と呼ばれる箱に、他のキリシタンの信仰に関係する品々とともに秘蔵され、他人にその存在を明かさないだけでなく、家人も箱を開くことはタブーとされていた。現在は神戸市立博物館蔵となっており、当史料館には写真で展示されているが、開館時は原本が特別に神戸市から貸し出され展示された。東家にもう一つ伝わった絵画、重要美術品・「聖マリア十五玄義図」は、かつては原本が展示されていたが、現在は年1回2週間程度の特別公開時のみ原本が展示され、普段はレプリカが展示されている。近年まで本来の設置場所にあったキリシタン墓碑は、設置場所が新名神高速道路の建設予定地になったため、現在は資料館内に移設されている。工事完成後は代替地に置かれる。

利用情報[編集]

当館向かいの住宅から発見された聖フランシスコ・ザビエル像・現在は神戸市立博物館蔵
  • 開館時間― 午前9時30分~午後5時 月曜日は12時で終了
  • 休館日― 火曜日国民の祝日の場合は開館)・国民の祝日の翌日(日曜の場合は開館)、年末年始
  • 入館料― 無料

所在地[編集]

  • 〒567-0098 大阪府茨木市千提寺262

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]