神父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神父(しんぷ、ギリシア語: πατήρ[1], ラテン語: pater[2], 英語: Father, イタリア語: don[3], ロシア語: отец (батюшка)[4])とは、正教会東方諸教会カトリック教会で、司祭に対して呼びかける際に用いられる敬称[4][5][6][7]

  • 職名=司祭
  • 司祭に対する敬称=神父[5][7]

聖公会にも司祭が居るが、「神父」と呼ばれる事もあるものの、「牧師」もしくは「先生」と呼ばれることが多い[5][8][9][10]

プロテスタントには神父はいない。プロテスタントの教職者としては牧師がいる。

正教会の神父(司祭)は神品 (正教会の聖職)になる前(司祭の前段階である輔祭になる前)であれば結婚でき、その上で結婚生活・家庭生活を営む事は出来る(下記対照表も参照)。従って正教会の司祭は、輔祭になる前に結婚するかしないかを決心しなければならない[11]カトリック教会の神父(司祭)は妻帯出来ない(一部に例外あり)[7]。聖公会の司祭は妻帯できる[12]

日本語以外の諸言語において、しばしば司祭に対する敬称として「父」という意味の言葉がそのまま用いられている。「神父」は漢文において、「尊敬すべき人をさしていう言葉」でもあった[13]が、本項ではキリスト教、特に正教会とカトリック教会における神父について詳述する。

教派ごとの違い[ソースを編集]

敬称の対照表[ソースを編集]

敬称と職名の教派別対照表
教派・
組織
正教会
カトリック教会
聖公会 プロテスタント
敬称 神父 先生 先生
職名 司祭 司祭 牧師

司祭(神父)と牧師の位置付け・理解の違い[ソースを編集]

司祭と牧師は位置づけ・理解が異なるものであり、日本語以外の言語でも異なる名称が用いられている。他言語では同じ言葉を使っていても、日本語では教派ごとに別の訳語を用いているようなもの(例:英語の"deacon"につき、正教会は「輔祭」、カトリック教会は「助祭」、聖公会は「執事」の訳語をあてている)とは違い、例えば英語では牧師は"Pastor"であり、司祭は"Priest"であることにも、両者について等しい役割を持つ者とは捉えられていない事が表れている。

結婚(妻帯)可否対照表[ソースを編集]

結婚(妻帯)可否の正教会カトリック教会対照表
教派・組織 正教会 カトリック教会
在俗司祭
(街の教会でサクラメント執行、信徒の指導にあたる)
妻帯可
(但し結婚は司祭の一つ手前、輔祭叙聖される前にしなければならず、従って司祭になってからの結婚は不可)
妻帯不可
東方典礼カトリック教会の司祭、および聖公会などから改宗した司祭には妻帯が認められる例外がある)
修道司祭
修道院サクラメント執行、修道士・信徒の指導にあたる)
妻帯不可
(但し妻帯司祭が子の成長後に、配偶者との同意を経て夫婦で修道士・修道女になり、それぞれ修道院に入る場合や、配偶者と死別した者が修道司祭になった場合等、結婚歴はある場合がある)
妻帯不可

プロテスタントにおける牧師は、就任する前も就任した後も結婚・妻帯が可。

神父の服装例[ソースを編集]

正教会[ソースを編集]

ロシア正教会典院(高位の修道司祭)。リヤサを着用し、十字架を胸にかけただけの、奉神礼の場面以時以外の服装の一例。 
祭服を全て着用した司祭の姿。 
リヤサを着用し、妻子ら家族と共に写って居る司祭の写真(1910年代から1920年代)。 

カトリック教会[ソースを編集]

オーストリアカトリック教会の司祭。ローマンカラー[14]を着け、スータンを着用している。典礼時以外の服装の一例。 
ドイツカトリック教会の司祭。シャツにローマンカラーを装着し、ブレザーを着用している。典礼時以外の服装の一例。 
祭服を着用したカトリック教会の司祭(ポーランド)。典礼時の服装の一例。 

聖人の称号[ソースを編集]

正教会では「聖神父」(せいしんぷ)が、特定の聖人の称号としても用いられる[15]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]