天正遣欧少年使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1586年にドイツのアウグスブルグで印刷された、天正遣欧使節の肖像画。タイトルには「日本島からのニュース」と書かれている[1]。京都大学図書館蔵。

右上・伊東、右下・千々石、左上・中浦、左下・原。中央・メスキータ神父[1]

天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)は1582年(天正10年)に九州キリシタン大名大友宗麟大村純忠有馬晴信の名代としてローマへ派遣された4名の少年を中心とした使節団。イエズス会アレッサンドロ・ヴァリニャーノが発案。1590年(天正18年)に帰国。使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られる様になり、彼らの持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版と呼ばれる。

目的[編集]

ヴァリニャーノは自身の手紙の中で、使節の目的をこう説明している。

  • 第一はローマ教皇とスペイン・ポルトガル両王に日本宣教の経済的・精神的援助を依頼すること。
  • 第二は日本人にヨーロッパのキリスト教世界を見聞・体験させ、帰国後にその栄光、偉大さを少年達自ら語らせることにより、布教に役立てたいということであった。
  • 研究者の伊川健二は、ヴァリニャーノを正使とした使節団がインドのゴアを中心に、日本からヨーロッパへの橋渡しをしたことを主張している。また彼らは、ヨーロッパへ渡りはじめて帰国した日本人とされる。渡欧し、現地に残ったものは、1555年のベルナルドなどが確認されている。

使節団の構成[編集]

使節の少年たちは有馬晴信日野江城下に建てたセミナリヨで学ぶ生徒の中から選ばれた。使節4名の正確な生年月日は不明だが、派遣当時の年齢は13~14歳であった。中浦ジュリアンが最年長、原マルティノが最年少と言われる。

関係年譜[編集]

使節団が持ち帰った西洋の文物[編集]

記念碑等[編集]

4名全員の群像
伊東マンショ
千々石ミゲル
  • 長崎県雲仙市雲仙市役所千々石総合支所前庭:「千々石ミゲル像」[3]
  • 長崎県雲仙市釜蓋城趾:「千々石清左衛門碑」[4]
中浦ジュリアン
原マルティノ

天正遣欧少年使節を題材にした作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

史料[編集]

※ 邦訳があるものに限る。
  • 『天正少年使節関係史料 I』 東京大学史料編纂所〈大日本史料 第11編別巻〉、1982年、覆刻版。ISBN 4130905414(初出は1959年)
  • 『天正少年使節関係史料 II』 東京大学史料編纂所〈大日本史料 第11編別巻〉、1982年、覆刻版。ISBN 4130905422(初出は1959年)
  • 『デ・サンデ天正遣欧使節記』 泉井久之助長沢信寿・三谷昇二・角南一郎訳、雄松堂出版新異国叢書〉、1969年
  • 松田毅一 監訳 『十六・七世紀イエズス会日本報告集』 同朋舎出版、1987年
  • 結城了悟 『新史料 天正少年使節 1590年‐1990年』 南窓社、2003年ISBN 4816500391
  • ルイス・フロイス 『フロイス日本史』 松田毅一・川崎桃太訳、中央公論新社〈中公文庫〉、2000年

研究書籍[編集]

  • 松田毅一 『天正遣欧使節』 朝文社、2001年、新装版。ISBN 4886951562(初出は1999年の講談社学術文庫
  • 若桑みどり 『クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国』 集英社〈集英社文庫〉、2003年ISBN 4087753263
  • 橋口佐登司「天正少年使節原マルチノのルーツを探る一・二・三」、『大村史談』24・25・26号、1983・1984年。
  • 小佐々学「天正遣欧少年使節『中浦ジュリアン』の出自について」、『大村史談』35号、1989年
  • 伊川健二著『世界史のなかの天正遣欧使節』(吉川弘文館、2017)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]