天正遣欧少年使節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1586年にドイツのアウグスブルグで印刷された、天正遣欧使節の肖像画。タイトルには「日本島からのニュース」と書かれている[1]。京都大学図書館蔵。

右上・伊東、右下・千々石、左上・中浦、左下・。中央・メスキータ神父[1][2]

天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)は、1582年天正10年)に九州キリシタン大名大友義鎮(宗麟)・大村純忠有馬晴信の名代としてローマへ派遣された4名の少年を中心とした使節団である。イエズス会アレッサンドロ・ヴァリニャーノが発案した。豊臣秀吉のバテレン追放令などで一時帰国できなくなるが、1590年(天正18年)に帰国。使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られるようになり、彼らの持ち帰ったグーテンベルク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版と呼ばれた。

目的[編集]

ヴァリニャーノは自身の手紙の中で、使節の目的をこう説明している。

研究者の伊川健二は、ヴァリニャーノを正使とした使節団がインドゴアを中心に、日本からヨーロッパへの橋渡しをしたことを主張している。また彼らは、ヨーロッパへ渡りはじめて帰国した日本人とされる。渡欧し、現地に残ったものは、1555年のベルナルドなどが確認されている。

天正遣欧使節記[編集]

『天正遣欧使節記』または『遣欧使節対話録』として4名の少年達の生きた声として引用されているのが『デ・サンデ天正遣欧使節記』[3]だが、これは日本に帰国前の少年使節と日本にいた従兄弟の対話録として著述されており、両者の対話が不可能なことからフィクションとされている[4]。歴史学で使われる一次資料には大名または使節からの書簡[5][6]、各国使節の報告書簡[7]、会議録、会計帳簿等があり、これらを集めて分析した歴史学者の記録とは厳密に区別されており、『デ・サンデ天正遣欧使節記』に記述された少年たちの対話録や目撃証言は巡察師ヴァリニャーノが伝えようとした虚構と考えられている[4]

使節団の構成[編集]

使節の少年たちは有馬晴信日野江城下に建てたセミナリヨで学ぶ生徒の中から選ばれた。使節4名の正確な生年月日は不明だが、派遣当時の年齢は13 - 14歳であった。1568年2月生まれ(14歳)の中浦ジュリアンが最年長で、他の3人の生年は不明だが原マルティノが最年少と言われる。

主な寄港地・宿泊地[編集]

  1. マカオ
  2. マラッカ
  3. コチン (インド)
  4. サンタ・エレーナ (セントヘレナ島)
  5. リスボン
  6. グアダルーペ (これよりスペイン)
  7. トレド
  8. マドリード
  9. ベルモンテ
  10. ムルシア
  11. アリカンテ
  12. マヨルカ島
  13. ピサ (これよりイタリア)
  14. フィレンツェ
  15. シエナ
  16. ローマ
  17. ボローニャ
  18. ヴェネツィア
  19. フェラーラ
  20. ミラノ
  21. ジェノバ
  22. バルセロナ (これよりスペイン)
  23. モンセラート
  24. サラゴサ
  25. マドリード
  26. コインブラ (これよりポルトガル)
  27. シントラ
  28. リスボン
  29. モザンビーク島
  30. ゴア (インド)
  31. マラッカ
  32. マカオ

関係年譜[編集]

1500年頃のリスボンを描いた絵画
1500年頃のシニョリーア広場を描いた1650年の絵画

使節団が持ち帰った西洋の文物[編集]

記念碑等[編集]

4名全員の群像
伊東マンショ
千々石ミゲル
  • 長崎県雲仙市雲仙市役所千々石総合支所前庭 - 「千々石ミゲル像」[10]
  • 長崎県雲仙市釜蓋城趾 - 「千々石清左衛門碑」[11]
中浦ジュリアン
  • 長崎県西海市西海町中浦「中浦ジュリアン記念公園」西側隣接地−「中浦ジュリアン顕彰之碑」
  • 「中浦ジュリアン記念公園」展示室屋上−「西方のローマを指さす中浦ジュリアン像」
  • 「中浦ジュリアン記念公園」展示室内−「中浦ジュリアンの生涯を描いたフレスコ壁画
  • 西海市西海町木場「西海スポーツガーデン体育館」前−「十字架のように手を広げて立つ中浦ジュリアン像」
  • 長崎県島原市白土町「カトリック島原教会」前−「禁教下で布教して歩く中浦ジュリアン像」
原マルティノ

天正遣欧少年使節を題材にした作品[編集]

小説
漫画
音楽
  • オペラ『忘れられた少年-天正遣欧少年使節』(作曲:柴田南雄
  • ミュージカル「ローマを見た」山崎正和作、音楽・ボブ佐久間
  • 戦国鍋TV』「GO!天正遣欧少年使節」(作詞:安部裕之・作曲:奥村愛子
  • 合唱・オーケストラ・ソプラノ独唱のための 交響詩曲『伊東マンショ~時を超える祈り~』(作曲:出田敬三・短歌:伊藤一彦)
ドラマ
舞台

脚注[編集]

  1. ^ a b Newe Zeyttung auss der Insel Japonien”. 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ. 京都大学. 2014年8月閲覧。
  2. ^ 松田博「『天正遣欧使節肖像画』人物名異同のことなど」『静脩』第38巻第3号、京都大学附属図書館、2001年12月、 5-8頁。
  3. ^ デ ・サンデ 1590 天正遣欧使節記 新異国叢書 5 (泉井久之助他共訳)雄松堂書店、1969
  4. ^ a b MATSUDA Kiichi. Tenshō Ken’ō Shisetsu. Tokyo: Chōbunsha, 1991, pp. 274-5
  5. ^ 伊川『大航海時代の東アジア』(吉川弘文館、2007 年)p.270
  6. ^ Archivio di Stato di Mantova, Archivio Gonzaga, Busta 1704。『大日本史料』2、邦訳編 pp.206-207
  7. ^ Archivio di Stato di Venezia, Senato, Dispacci, Dispacci degli ambasciatori e residenti, Roma, Filze, Pezzo 19, ff.38rv, 41r。『大日本史料』1、邦訳編 pp.297-300、原文編 pp.257-259。伊川健二『世界史のなかの天正遣欧使節』pp.160-162
  8. ^ 天正遣欧少年使節顕彰之像”. 大村市. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月22日閲覧。
  9. ^ 伊東ドン・マンショ像(遊歩公園彫刻群)”. 一般社団法人 大分市観光協会. 2020年2月22日閲覧。
  10. ^ 雲仙まるごとネット-千々石町観光情報
  11. ^ スポット詳細 千々石清左衛門碑 - じゃらん観光ガイド
  12. ^ 野村周平主演ドラマ「MAGI―」が180以上の国と地域で世界同時配信”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年12月11日). 2018年12月11日閲覧。
  13. ^ “細貝 圭ら登場、舞台〈マルガリータ~戦国の天使たち~〉制作発表会が開催”. CDJournal (音楽出版社). (2014年7月29日). https://www.cdjournal.com/main/news/hosogai-kei/60609 2020年2月11日閲覧。 

参考文献[編集]

史料

  ※邦訳があるものに限る。

  • 『天正遣欧使節関係史料Ⅰ』東京大学史料編纂所大日本史料 第11編別巻〉、1982年、覆刻版。ISBN 4130905414。(初出は1959年)
  • 『天正遣欧使節関係史料Ⅱ』東京大学史料編纂所〈大日本史料 第11編別巻〉、1982年、覆刻版。ISBN 4130905422。(初出は1959年)
  • 『デ・サンデ天正遣欧使節記』泉井久之助長沢信寿・三谷昇二・角南一郎訳、雄松堂出版新異国叢書〉、1969年。
  • 松田毅一 監訳『十六・七世紀イエズス会日本報告集』同朋舎出版、1987年。
  • 結城了悟 『新史料 天正少年使節』南窓社、1990年。ISBN 4816500391 
  • 結城了悟『天正少年使節−史料と研究−』純心女子短期大学 長崎地方文化史研究所、1992年。
  • ルイス・フロイス『フロイス日本史』松田毅一・川崎桃太訳、中央公論新社〈中公文庫〉、2000年。
研究書籍
  • 松田毅一 『天正遣欧使節』(新装版)朝文社、2001年。ISBN 4886951562 (初出は1999年の講談社学術文庫
  • 伊川健二 『世界史のなかの天正遣欧使節』吉川弘文館、2017年。 
  • 橋口佐登司「天正少年使節原マルチノのルーツを探る一・二・三」『大村史談』24・25・26号、1983・1984年。
  • 小佐々学「天正遣欧少年使節中浦ジュリアンの出自について」『大村史談』35号、1989年。
  • 小佐々学「福者中浦ジュリアンと中浦城主小佐々氏の家系−中浦城主家子孫に伝わる源姓小佐々氏系図について−」『キリシタン文化研究会会報142号』キリシタン文化研究会 上智大学、2013年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]