キリスト教年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キリスト教年表(キリストきょうねんぴょう)では、キリスト教宣教史に関する重要なできごとを年表としてまとめる。



前1世紀 1世紀 2世紀 3世紀 4世紀 5世紀 6世紀 7世紀 8世紀 9世紀 10世紀


11世紀 12世紀 13世紀 14世紀 15世紀 16世紀 17世紀 18世紀 19世紀 20世紀 21世紀


キリスト教史の重要な出来事[編集]

前1世紀[編集]

1世紀[編集]

2世紀[編集]

3世紀[編集]

4世紀[編集]

ローマ帝国が東西に分離。
  • 397年 カルタゴ会議で新約聖書正典を決定。

5世紀[編集]

アウグスティヌスが代表的著作『神の国』を著す。後世のプロテスタントに至るまで、西方教会の神学に大きな影響を与えた。

6世紀[編集]

アイルランド出身の修道士コルンバヌス、ヨーロッパ大陸に伝道を開始する。

7世紀[編集]

長安にネストリウス派の教会・大秦寺が建つ。

8世紀[編集]

9世紀[編集]

10世紀[編集]

キリスト教に改宗したアイスランド・ヴァイキングレイフ・エリクソン北アメリカを「発見」。布教領有化は成されなかった。
スウェーデンオーロフ・シェットコンヌングイングランド人宣教師によって受洗。

11世紀[編集]

12世紀[編集]

13世紀[編集]

14世紀[編集]

15世紀[編集]

16世紀[編集]

ツヴィングリ派の一部とカルヴァン派が統合(改革派教会)。
ドイツ・プファルツ選帝侯国で、カルヴァン主義に立脚したハイデルベルク信仰問答が発布。

17世紀[編集]

18世紀[編集]

米国聖公会が成立(英国領土以外で初の独立した聖公会)。
リチャード・レイクスが日曜学校を始める。
合衆国憲法修正箇条により、信教の自由と、国教制度の否定が明記される。

19世紀[編集]

教皇不可謬説に反対するドイツ、オランダなどの一部のカトリック教会が復古カトリック教会として離脱する。

20世紀[編集]

イギリス・フランスがドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まる。
  • 1941年 アメリカ教会協議会が設立される。
日本がアメリカを攻撃し、太平洋戦争が始まる。
南インド教会が設立される。
スウェーデンでルーテル世界連盟が組織される。
イングランド国教会スコットランド聖公会メソジスト相互聖餐の関係を樹立する。[要出典]
ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が聖地エルサレムを訪問し、ユダヤ教の指導者と会談する(カトリックとユダヤ教の和解の一歩)。

21世紀[編集]

出典[編集]

  1. ^ Joint Declarations of the Popes and the Archbishops of Canterbury - ウェイバックマシン(2020年2月26日アーカイブ分)
  2. ^ ローマ法王、宗教改革の記念式典に出席 ルーテル派と共同声明”. 日本経済新聞 (2016年11月1日). 2021年8月12日閲覧。
  3. ^ ロシア正教会が「コンスタンチノープル総主教庁」と断絶 日本正教会も続く”. キリスト新聞 (2018年10月23日). 2021年8月12日閲覧。