キリスト教年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キリスト教年表(キリストきょうねんぴょう)では、キリスト教宣教史に関する重要なできごとを年表としてまとめる。



1世紀 2世紀 3世紀 4世紀 5世紀 6世紀 7世紀 8世紀 9世紀 10世紀


11世紀 12世紀 13世紀 14世紀 15世紀 16世紀 17世紀 18世紀 19世紀 20世紀 21世紀


キリスト教史の重要な出来事[編集]

前1世紀[編集]

1世紀[編集]

  • 27 この頃、洗礼者ヨハネが活動を開始する。イエスはヨハネより洗礼を受け、良き訪れと呼ぶ宣教活動を開始する。
  • 29または30 イエスがエルサレムのゴルゴタの丘で磔刑になり、3日目に復活した。
  • 30 復活の後、イエスが弟子たちに大宣教命令を与えた。
  • 35または36 ステファノが石打ちの刑で死にキリスト教の最初の殉教者致命者)となる。迫害者パウロ(本名サウロ)がイエスの幻を見て回心する。
  • 46 サウロがバルナバとともに第1回伝道旅行(キプロス小アジア)に出発し、途中で名をパウロと改める。
  • 47 宣教方針をめぐってエルサレムで使徒会議が開かれ、異邦人への宣教が認められる。
  • 48 パウロが第2回伝道旅行(小アジア・ギリシャ)に出発し、途上でテサロニケ人への第1・第2の手紙が書かれる。(~51)。
  • 52 パウロが第3回伝道旅行(小アジア・ギリシャ)に出発し、途上でコリント人への第1・第2の手紙が書かれる。
  • 54 この頃、マルコによる福音書が書かれる。
  • 57 パウロはユダヤ人に訴えられて逮捕されるが、ローマ市民であるとして皇帝に上訴する。
  • 60 パウロはローマに到着し、以降数年を過す。フィリピ人・コロサイ人・フィレモンなどへの手紙を書く。この頃、ルカによる福音書が書かれる。続いて同じ著者によって、使徒言行録が書かれる。マタイによる福音書もこのころ成立。
  • 61 エルサレムの教会を指導していたイエスの兄弟ヤコブ殉教する。
  • 64 ローマの大火を理由として皇帝ネロがキリスト教徒を迫害する。
  • 66 ユダヤ地方のユダヤ人達がローマ帝国に反旗を翻し、第1次ユダヤ戦争が起る。
  • 70 ローマ軍がエルサレムを陥落させ、ユダヤ教エルサレム神殿が廃墟となる。
  • 100 この頃までにヨハネによる福音書ヨハネの黙示録が完成する。
  • 100 この頃、ユダヤ教徒ヤムニア会議旧約聖書正典を決定。

2世紀[編集]

  • 135 第2次ユダヤ戦争(バル・コクバの乱)終結し、ローマ軍によってエルサレムは廃墟とされる。

3世紀[編集]

4世紀[編集]

5世紀[編集]

6世紀[編集]

7世紀[編集]

8世紀[編集]

9世紀[編集]

10世紀[編集]

11世紀[編集]

12世紀[編集]

13世紀[編集]

14世紀[編集]

15世紀[編集]

16世紀[編集]

17世紀[編集]

  • 1604 アルミニウス論争
  • 1611 欽定訳聖書が完成する
  • 1618 三十年戦争が始まる
  • 1620 イングランドを脱出した清教徒がアメリカのマサチューセッツ州プリマスに上陸。ヴァージニア州で黒人奴隷の使用を開始
  • 1622 長崎西坂で55名のキリシタンが処刑される(元和の大殉教)。
  • 1629 長崎でキリシタン弾圧のために、踏絵がはじめて行われる。
  • 1633 ガリレオ・ガリレイが地動説により異端審問を受ける。
  • 1637 長崎、熊本で島原の乱
  • 1640 ヤンセニスム論争
  • 1643 ウェストミンスター信仰告白
  • 1644 イングランド国王軍が議会軍に敗退する
  • 1648 清教徒革命により、イングランドの王制が廃止され、共和国となる
  • 1648 ヴェストファーレン条約で三十年戦争終決。カルヴァン派を容認
  • 1652 ニーコン総主教の着座。以降1666年の追放まで、ロシア正教会の奉神礼をギリシャ化する改革を行う。
  • 1653 理神論が盛んになる
  • 1660 イングランド王政復古
  • 1643 ニューイングランド植民地連合が結成される
  • 1649 メリーランド州で信教自由法が施行される
  • 1670 シュペーナーにより、ドイツ敬虔主義が始まる
  • 1673 イングランドで、カトリック教徒の公職就任を禁止する審査律が施行される
  • 1683 オスマン帝国の第二次ウィーン包囲失敗。キリスト教各国、神聖同盟を結び、イスラム教に反撃
  • 1685 フランスでナントの勅令が廃止される
  • 1688 イングランドで名誉革命により、議会が王権に対して決定的に優位に立つ
  • 1689 イングランドで信教自由令が施行される

18世紀[編集]

  • 1721 モスクワ総主教庁ピョートル1世により正式に廃止され、以降20世紀までモスクワ総主教位は空位となる
  • 1734 ニューイングランドで大覚醒が起きる
  • 1739 メソディスト派が誕生する
  • 1755 ニューイングランド経験主義哲学が始まる
  • 1775 アメリカ独立戦争が始まる。
  • 1776 アメリカ合衆国が建国される
  • 1781 ドイツで信仰寛容令が布告され、修道院が閉鎖される
  • 1784 リチャード・レイクスが日曜学校を始める
  • 1785 アメリカで政教分離法と宗教税禁止法が施行される
  • 1789 フランス革命が起こり、国王派とみなされた聖職者や修道士多数が迫害される。
  • 1792 ウイリアム・ケアリがバプテスト伝道協会を設立する。合衆国憲法修正箇条により、信教の自由と、国教制度の否定が明記される
  • 1799 イギリス国教会宣教協会が設立される

19世紀[編集]

20世紀[編集]

21世紀[編集]