福音同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福音同盟、(ふくいんどうめい、The Evangelical Alliance、略称:EA )は、イギリス連合王国1846年に結成された福音主義キリスト教の機関である。福音主義同盟福音同盟会万国福音同盟とも訳される。会員は、個人、教会、教派、団体である。EAは1951年世界福音同盟の創立メンバーでもある。

歴史[編集]

1846年の会議は、9項目の福音主義信仰を確認した。これは、自由主義神学ローマ・カトリックユニテリアンに対して、宗教改革の信仰を強調するものであった。この9ヶ条は、多くの福音的団体の信仰基準の基本となった。

1910年にエディンバラ世界宣教会議以降、様々な国際的組織が活発化して、福音同盟の活動は衰退して、二度の世界大戦で活動は事実上停止した。

福音主義の9ヶ条[編集]

  1. 聖書の神的霊感、権威、聖書の十全性
  2. 聖書解釈の権利と義務
  3. 三位一体の神
  4. 人間の全的堕落
  5. 神の子の受肉、主がなされた罪からの贖いの御業、仲保者、支配
  6. 信仰義認
  7. 罪人の回心聖化における聖霊の働き
  8. 霊魂の不死、からだのよみがえり、イエス・キリストによる世界の裁き、義人の永遠の祝福と、悪人の永遠の刑罰。
  9. キリスト教教職者の神的な制定、バプテスマ洗礼)と聖餐の二つの礼典の義務及び永続性

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『福音主義キリスト教と福音派』宇田進 いのちのことば社
  • 『現代福音主義神学』宇田進 いのちのことば社

外部リンク[編集]