福音主義教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福音主義教会ドイツ語: Evangelische Kirche)は、主にドイツ語圏で、16世紀宗教改革において主流派の地位を築き、その伝統の上にあるキリスト教教派を指す言葉である。これには、ルター派教会改革派教会カルヴァン主義)、そしてその両者からなる福音主義合同教会が含まれる。さらに、現代ではプロテスタント諸派全般を指す語としても用いられる。

スイス福音主義神学者カール・バルトは、「“福音主義の(evangelisch)”という形容詞によって思い起こさせるのは、まず新約聖書であり、同時に16世紀の宗教改革である」と語っている[1]

ヴィッテンベルク城教会内部

記事名の翻訳[編集]

「福音主義教会」という記事名は、ドイツ語版ウィキペディアにある“Evangelische Kirche”の翻訳であり、形容詞部分“evangelisch(e)[注 1](直訳すれば「福音の」という意味)を、岩波書店『岩波独和辞典』[2]にある訳と用例に従って「福音主義」と訳している[注 2]白水社『フロイデ独和辞典』[3]小学館『独和大辞典』[4]には、「Evangelische Kirche:福音教会」という訳例がある[注 3]が、Evangelische Kirche in Deutschland(EKD)による公式文書が「ドイツ福音主義教会」という教会名称を用いて日本で翻訳出版されていること、カール・バルトの„Einführung in die evangelische Theologie“が『福音主義神学入門』として翻訳出版されていること 、Wikipedia:記事名の付け方#法人・団体名に「公式な日本語表記又は一般的な日本語の出版物等に使われる表記を使用すること」という日本語版ウィキペディアのガイドラインも参照して、「福音主義教会」という訳を記事名に採用した。

福音主義(evangelisch)[編集]

トルガウ城教会内部、福音主義教会として建築された世界初の教会

福音主義(evangelisch)の教会名称としての定着と発展[編集]

中世において、「福音的」あるいは「福音主義」(ドイツ語: evangelisch, ラテン語: evangelicus)という語は、教会批判の意味を持ちながら使われていた。„Vita evangelica et apostolica“が代表的用例である[5]

宗教改革期において、福音主義(evangelisch)という語と概念はローマ・カトリック教会を批判する場合に使われ、マルティン・ルターの教えとルター主義者と呼ばれた支持者たちを示す際に用いられた。しかしながら、ルター自身の名から作られた「ルター派ドイツ語: Luthertum, Lutheraner, lutherisch)」という教会名称に関しては、ルター本人は明確に拒否していた[6]。ルターは「ルター派」という自己表示名称を拒否したが、「福音主義」という語で自身の神学的立場を表明した。しかし、ルターにとって「福音主義」という語は決して一つの党派的名称ではなく、「キリスト教的」(christlich)と同じ意味で用いられていた[7]。福音主義に関する理解において、宗教改革の教えは直接聖書の福音に依拠しているものと見なしていたからである。

1555年アウクスブルクの宗教和議によって、ルター派の基本信条である1530年アウクスブルク信仰告白に署名した諸侯帝国自由都市の福音主義信仰が認められた。この信仰告白に署名しなかった者たち(主にカルヴァン主義派)が次第に「改革派教会」(Reformierte Kirchen)を名乗るようになり、アウクスブルク信仰告白側の勢力(ルター派)は「福音主義」という呼称を、自分たちを示すものとして使うようになったのである[8]

教派化の流れの中でルター派教会改革派教会という教会組織も形成され始め、福音主義教会(Evangelische Kirche)という呼称は、ルター派教会と改革派教会の上位概念になっていく。ルター派だけでなく改革派教会も容認したヴェストファーレン条約1648年)締結後、福音主義という語は重要な組織概念になった。その後、ルター派教会、改革派教会という教会名称も神聖ローマ帝国において公的なものとして認知された。それに対して、アナバプテスト(再洗礼派)などの宗教改革急進派は、この時点では「福音主義教会」に含まれなかった。

1817年のルター派と改革派教会の教会合同によって成立したプロイセン福音主義教会において、「福音主義」という語が合同教会を包括的に示すものとして使われた。

さらに、現代のドイツ語圏において「福音主義」という語は、ルター派・改革派教会とその2派の合同教会以外にも、前述のアナバプテスト[注 4]や、メソジストバプテスト等の16世紀宗教改革より後に成立した諸派をも含めた、いわゆるプロテスタント全般(在来の「州教会ドイツ語版[注 5]」に対して「自由教会」と呼ばれる)を指しても使われるようになった[9]ドイツでは教会税申告時に、ドイツ福音主義教会(EKD)に加盟している教会への所属を示すものとして「福音主義」(evangelisch)の略語である「EV」を選択することとなっており[6][10][11]、プロテスタント、ルター派、改革派等という名称は使われない。

プロテスタントという呼称とその否定的評価[編集]

類義語として、「プロテスタント教会」なる語と概念が存在している。プロテスタント教会という語は、1529年シュパイアーで開催された帝国議会ヴォルムス勅令ドイツ語版が復活したことに反対した諸侯たちの行為に関連して生まれたと言われている。しかし、当時のドイツにおいて「プロテスタント」という語はローマ・カトリック教会への「抗議する者」「不満分子」という意味を持ち、ルターとその支持者たちとって不名誉なあだ名でもあった。

1817年の教会合同によってプロイセン福音主義教会を設立したプロイセン王国では、1821年にプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世1770年1840年)が教会名称に関する勅令を出している。そこには「プロテスタントと言う代わりに、福音主義という名称を、プロテスタントの信者というのではなく、福音主義の信者という呼び方が選ばれねばならない。それによってこの不適切な名称は次第に消し去られるだろう[12]」と書かれていた。以来、プロイセン王国ではプロテスタントという語は忌避され、福音主義教会という教会名称が完全に定着した[13]。ただし、シュパイアーがあるプファルツ地方周辺やライン川対岸のフランス領アルザスでは、プロテスタントという語が肯定的な意味で使われていた。

福音主義(evangelisch)と福音派(evangelikal)の相違[編集]

ドイツ語圏において、福音主義(evangelisch:エヴァンゲリッシュ)という呼称は、新しい概念福音派」(evangelikal:エヴァンゲリカール)とは区別する必要がある。近現代に米国英国を中心として興った「福音派」を指すドイツ語の「evangelikal」は、英語の「evangelical」から来ている。英語「evangelical」は元々ドイツ語の「evangelisch」を意味していたため、重訳・逆輸入によって語義の変化が起こっている。ドイツ・ルター派内のムーブメントである敬虔主義などに端を発するこの大きな流れは、「evangelikal」という語で頻繁に表現されている。そこでの信仰理解においては、個人の敬虔さが大きな役割を果たしている。ドイツにおいて福音派(evangelikal)は、自由教会だけでなく、ドイツ福音主義教会(EKD)に属する州教会にも影響を与えている。

福音主義教会の教説[編集]

福音主義教会における共通点は、宗教改革時に打ち出された「4つのソラ」(「Sola」は「~のみ」を意味するラテン語)に要約される。

  • 信仰のみ – ソラ・フィデ(Sola fide)は、良き業ではなく、信仰によってのみ義とされるという意味である。マルティン・ルターは使徒パウロの「ローマの信徒への手紙」3章28節を「なぜならば私たち人間は律法の業なしで、信仰によってのみ義とされる[14]」とドイツ語に訳した(ルター聖書)。
  • 恵みのみドイツ語版 – ソラ・グラツィア(Sola gratia)は、良き行いではなく、神の恵み(恩寵)によってのみ人間は救われるという意味である。
  • キリストのみドイツ語版 – ソルス・クリストゥス(Solus Christus)は、信仰者にとって権威を持つものは、教会(ローマ・カトリック教会)やローマ教皇ではなく、キリストのみであるという意味である。
  • 聖書のみ – ソラ・スクリプトゥラ(Sola scriptura)は、キリスト教信仰の基盤は、教会の伝統にではなく、聖書にだけにあるという意味である。

ドイツ語圏の福音主義教会(狭義)の一覧[編集]

ドイツ[編集]

リューベック・マリエン教会観音開き祭壇

オーストリア[編集]

スイス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 語末の“-e”は、女性名詞“Kirche”(教会)に係る語尾変化。
  2. ^ 『岩波独和辞典』の“evangelisch”の項目には、1.「福音の、福音書に基づく」、2.「新教の、福音主義の」とある[2]
  3. ^ 小学館『独和大辞典』の“evangelisch”の項目には、1.「福音書聖書〉の〔教えに基づく〕」、2.「福音主義の、新教〈プロテスタント〉の」とあり、2の用例として「~e Kirche:福音教会」、「Evangelische Kirche in Deutschland:ドイツ福音教会」とある[4]
  4. ^ de:Vereinigung Evangelischer Freikirchen」(福音主義自由教会連合)に、アナバプテストの一派である「de:Arbeitsgemeinschaft Mennonitischer Gemeinden」(メノナイト諸教会協働体)が含まれている[9]
  5. ^ 州(かつての領邦)において、いわば国教とされた歴史を持つ教会。

出典[編集]

  1. ^ カール・バルト 1962, p. 13.
  2. ^ a b 『岩波独和辞典』 岩波書店、1953年、444頁。 
  3. ^ 『フロイデ独和辞典』 白水社、2003年、452頁。 
  4. ^ a b 『独和大辞典』《コンパクト版》 小学館、1990年、687頁。 
  5. ^ Lukas Vischer (1986), "evangelisch", Evangelisches Kirchenlexikon, Göttingen, pp. 1198 f.(ドイツ語)
  6. ^ a b W. Maurer: Art. „Evangelisch,“ in: „Die Religion in Geschichte und Gegenwart,“ 3. Aufl. 1958–1963, Bd. 2, Sp.775f.(ドイツ語)
  7. ^ H=J.ビルクナー 1991, p. 19.
  8. ^ H=J.ビルクナー 1991, p. 23.
  9. ^ a b Mitgliedskirchen - VEF - Vereinigung Evangelischer Freikirchen”. 2021年9月1日閲覧。(ドイツ語)
  10. ^ Hermann Mulert: „Konfessionskunde.“ Verlag Alfred Töpelmann, Berlin, 2. Auflage 1937, S. 343.(ドイツ語)
  11. ^ de:Kirchensteuer (Deutschland)#Kirchensteuereinzug durch den Staat参照。(ドイツ語)
  12. ^ 深井 2017, p. 6.
  13. ^ H=J.ビルクナー 1991, p. 14.
  14. ^ Römer 3|Lutherbibel 2017”. ERF Bibleserver. 2021年8月24日閲覧。(ドイツ語)

参考文献[編集]

  • Albrecht Geck: „Warum heißt und warum ist die evangelische Kirche evangelisch?“ In: Frauke Büchner: „Perspektiven Religion. Arbeitsbuch für die Sekundarstufe II“. Göttingen 2000, S. 228–229.(ドイツ語)
  • カール・バルト加藤常昭訳 『福音主義神学入門』 新教出版社、1962年。 
  • H=J.ビルクナー(Hans-Joachim Birkner)、水谷誠訳 『プロテスタンティズム 潮流と展望』 新教出版社、1991年。 
  • 深井智朗 『プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで』 中央公論社〈中公新書〉、2017年。 

関連項目[編集]