テルトゥリアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルトゥリアヌス

クイントゥス・セプティミウス・フロレンス・テルトゥリアヌス(Quintus Septimius Florens Tertullianus, 160年? - 220年?)は、2世紀キリスト教神学者ラテン語で著述を行ったいわゆるラテン教父の系統に属する最初の一人。テルトリアヌスとも。

概要[編集]

カルタゴ(現チュニジア)に生まれる。その生涯についてはほとんど知られていない。197年にはすでに洗礼を受けていたことがわかっている。彼は法学修辞学を学び、その知識をキリスト教擁護に活かした。厳格なキリスト教徒として生きようとした彼は最終的に、モンタノス派に加わった。このため重要な神学者であるにも関わらず、聖人崇敬を行う各教派(正教会東方諸教会カトリック教会聖公会)のいずれにおいても列聖されていない。後にモンタノス派の中でも衝突を起こし、自らのグループ(テルトゥリアヌス派)を形成したようである。

テルトゥリアヌスはキリスト論三位一体論を系統的に論じた最初の人物であり、『護教論』など31編の著作が現存する。

「殉教者の血は教会の種」ということばが有名[1][2]

本人はそのままの形では述べて居ない有名な文言[編集]

「不条理なるが故に我信ず」(別の訳例としては「不合理なるが故に我信ず」等、ラテン語: Credo quia absurdum)という言葉が、しばしばテルトゥリアヌスに帰せられる言葉として言及されるが[3][4]、実際にはそれは誤りで[4]、テルトゥリアヌスはその通りには述べていない[3]

テルトゥリアヌスが実際に述べた文言は以下の通りである[3]

日本語訳 原文
神の子[注釈 1]が死んだということ、これはどうしても信じなければならない。何故ならそれは無意味だからだ。そして、彼は墓に葬られ、蘇った。この事実は確かだ。何故なら、それは不可能だからだ。

テルトゥリアヌス『キリストの肉について』[5]
et mortuus est dei filius: prorsus credibile est, quia ineptum est. et sepultus resurrexit: certum est, quia impossibile.

"De Carne Christi", Quintus Septimius Florens Tertullianus[6]

ヤロスラフ・ペリカンは、イエス・キリストに(新約聖書ヨハネによる福音書において)「ロゴス」という名が与えられたことは、キリスト信仰の逆説性を、信仰の非合理性を讃美するほどに重んずる傾向に歯止めをかけるはたらきを持つものであるとし、これを前提とした上で、テルトゥリアヌスによる本来の文言を紹介。テルトゥリアヌスの文言が直解主義・反知性主義といったかたちで独自に権威主義的に取り上げられることについて批判的に述べている[3]

主な著作[編集]

  • 『護教論』
  • 『ユダヤ人反駁』
  • 『魂の証について』
  • 『見世物について』
  • 『祈りについて』
  • 『女性の服装について』
  • 『ヘルモゲネス反駁』
  • マルキオン反駁』
  • 『慎みについて』
  • 『プラクセアス反駁』
  • 『キリストの肉体について』

注釈[編集]

  1. ^ 神の子」は多義的であるが、ここでは子なる神であるイエス・キリストのこと

参照元[編集]

  1. ^ アウグスティヌス『神の国5』ISBN 4-00-338057-6の解説p.388
  2. ^ スコット・アンダーソン『殉教』ホームスクーリングビジョン
  3. ^ a b c d ヤロスラフ・ペリカン(著)、小田垣雅也(訳)『イエス像の二千年 (講談社学術文庫)』126頁~127頁、(1998/9) ISBN 9784061593442
  4. ^ a b コトバンク(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)
  5. ^ 訳文出典:ヤロスラフ・ペリカン(著)、小田垣雅也(訳)『イエス像の二千年 (講談社学術文庫)』126頁~127頁、(1998/9) ISBN 9784061593442
  6. ^ Tertullian : Ernest Evans, De Carne Christi. Latin text

関連文献[編集]

関連項目[編集]