アレクサンドリアのクレメンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンドリアのクレメンス

ティトゥス・フラウィウス・クレメンス(Titus Flavius Clemens,150年?-215年?)、あるいはアレクサンドリアのクレメンス2世紀の人物で、初期キリスト教を代表する神学者の一人。エジプトアレクサンドリアで活躍したため、この名で呼ばれるがエジプト出身ではなく、ギリシアアテナイの出身と考えられている。ギリシア教父と呼ばれる一群の神学者の一人で、オリゲネスとならんでアレクサンドリア学派の代表的な神学者である。

生涯[編集]

生没年を含めてクレメンスの生涯についてはほとんど知られていない。しかし、彼の著作『ストロマテイス』の記述や流麗なギリシア語文体、ギリシア古典の深い知識などからアテネの裕福な家庭の出身で高等教育を受けていたことがうかがえる。クレメンス自身によれば、ギリシアを出て諸国を遍歴していてクレメンスはアレクサンドリアでキリスト教の教師パンタイノスに出会い、彼に学んだ。パンタイノスの死後、ディダスカレイオンといわれるキリスト教を教える学校を開いてそこで教えた。カイサレイアのエウセビオスは著書『教会史』の中で「オリゲネスもクレメンスに学んだ」と記している。セプティミウス・セウェルス帝の迫害のさなかにアレクサンドリアを離れ、カッパドキアに逃れたといわれている。

クレメンスが司祭であったかどうかも定かではない。エウセビオスはクレメンスが「長老」であったと記しているが、長老というのが教会における職階を意味するのか、単なる敬称なのかが定かではないからである。

思想的特徴[編集]

クレメンスの思想の特徴は、ギリシア哲学と文学がキリスト教へ人々を導くために存在したと考え、その思想的な遺産をキリスト教へ継承しようとしたことにある。これはプラトンとギリシア思想に精通したクレメンスならではの発想であり、特にロゴス=キリストであるとした「ロゴス・キリスト論」は、ギリシア思想とキリスト教神学を結びつけ、以降のキリスト教神学の発展に大きな貢献をするものとなった。

著作[編集]

現存する著作[編集]

  • 三部作
    • 『ギリシア人への勧告(プロトレプティコス)』195年
    • 『ストロマテイス(緞織)』198年-203年
    • 『教育者(訓導者)(パイダゴーゴス)』198年
  • 『テオドトスからの抜粋』
  • 『救われる富者とは誰であるか』

著作の日本語訳[編集]

  • 『プロトレプティコス』(『ギリシア人への勧告』)全1巻[全訳]
    • 秋山学訳、文藝言語研究 文藝篇 (57):1-82, 2010
  • 『ストロマテイス』(『綴織』)全8巻[全訳]
    • 第1巻、文藝言語研究. 文藝篇 (63):63-163, 2013
    • 第2巻、文藝言語研究. 言語篇 (63):147-223, 2013
    • 第3巻、古典古代学 (5):27-93, 2012
    • 第4巻、文藝言語研究. 文藝篇 (65):77-158, 2014
    • 第5巻、文藝言語研究. 言語篇 (66):57-148, 2014
    • 第6巻、文藝言語研究. 言語篇 (65):41-136, 2014
    • 第7巻、古典古代学 (6):35-113, 2013
    • 第8巻、文藝言語研究. 文藝篇(66):87-115, 2014
    • (抄訳:秋山学訳『中世思想原典集成 第1巻 初期ギリシア教父』(平凡社、1995年)283-416頁)
  • 『パイダゴーゴス』(『訓導者』)秋山学訳、全3巻[全訳]
    • 第1巻、文藝言語研究 文藝篇 (59):1-62, 2011
    • 第2巻、文藝言語研究 言語篇 (59):1-74, 2011
    • 第3巻、古典古代学 (3):25-76, 2010
  • 『テオドトスからの抜粋』秋山学訳、文藝言語研究(68):31-62, 2015[全訳]
  • 『救われる富者とは誰であるか』
    • 『救われる富者は誰か』秋山学訳『中世思想原典集成 第1巻 初期ギリシア教父』(平凡社、1995年)417-466頁
    • 『救われる富者とは誰であるか』 秋山学訳、文藝言語研究. 文藝篇 (67):51-87, 2015
  • 「断片集」秋山学訳、文藝言語研究(69):19-58, 2016
  • 『預言書撰文集』秋山学訳、文藝言語研究(68):183-203, 2015

関連項目[編集]