エイレナイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖エイレナイオス

エイレナイオス: Ειρηναίος, 130年頃 - 202年)は、古代キリスト教の理論家(教父)、司祭である。リヨンのエイレナイオスとも呼ばれる。ラテン語ではイレナエウス(Irenaeus)といい、日本ハリストス正教会ではリオンの聖致命者イリネイと呼ぶ。

正教会カトリック教会聖公会ルーテル教会聖人である。カトリック教会での記念日は6月28日。正教会での記憶日は8月23日ユリウス暦使用教会ではグレゴリオ暦9月5日に相当)。

エイレナイオスは小アジアスミルナに生まれ育った、おそらくギリシア人であろう。若いころ、ポリュカルポスの教えを受け、経緯不明ながらガリアに赴いた。ルグドゥヌム(現在のリヨン)で司祭として働いている時、モンタノス派の問題について検討するため、リヨンからローマへ派遣された。リヨンに戻ると、殉教した司教フォティヌスの後継者として司教に選ばれた。

復活祭をいつ祝うかが地域によって違っていたことから始まった復活祭論争では、ローマのウィクトル1世の強硬姿勢については他の司教達と批判する一方で、小アジアの教会に対しては復活祭を日曜日に祝うよう説得[1]。こうした調停の役割を果たしたことはのちにエウセビオスに賞賛された[2]

最初期のキリスト教理論家のひとりであり、ルグドゥヌムの迫害に際して、キリスト教を擁護する著述を残した。

脚注[編集]

関連項目[編集]