アンティオキアのイグナティオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンティオキアのイグナティオス
Ignatius of Antioch 2.jpg
アンティオキアのイグナティオスのイコン(致命(殉教)の場面を画いている)
生誕 35年5月15日
シリア属州
死没 108年7月6日
ローマ
崇敬する教派 カトリック教会
正教会
東方典礼カトリック教会
東方諸教会
アングリカン・コミュニオン
ルーテル教会
記念日 12月20日東方教会
10月17日西方教会
テンプレートを表示

アンティオキアのイグナティオス35年頃 - 107年?[注釈 1])は、アンティオキアの第2代主教司教[1][2][3][4][注釈 2]正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会ルーテル教会などで聖人とされる。使徒教父の一人。

正教会では「神品致命者」という称号のほか、「捧神者」[5](ほうしんしゃ、ギリシア語: Θεοφόρος[6], ロシア語: Богоносец[7][8])という称号を付されて呼ばれる[注釈 3]イグナティウスと表記されることもある。

概略[編集]

イグナティオスは若年の頃にキリスト教に帰依し、ローマ皇帝がネルヴァからトラヤヌスに変わった頃(98年)にはアンティオキア教会の第2代目の司教になった[9]。トラヤヌス治世下の迫害においてアンティオキアの長として逮捕され、ローマに護送されて、衆人環視のうちに野獣に噛み殺されるという刑に処せされた。[10] ローマ殉教する旅の途中、イグナティオスは、最も初期のキリスト教神学の例と見なされている一連の手紙を書き送った[11]。これは、教会論、サクラメント論、主教論を含んでいる。

イグナティオスは、ローマのクレメンスポリュカルポスとともに、使徒教父の筆頭であり、個人的に使徒を知っていた初期のキリスト教著述家の一人であると伝えられる[12]

聖イグナティオスの日は西方教会では10月17日に、東方教会では12月20日に祝われる。カトリック教会では2月1日である。

注釈[編集]

  1. ^ 永眠年について、「107年」とするものと、「98年から117年の間」とするものがある。在位年間も諸説ある。
  2. ^ 当時はまだ総主教制は形成されていない。
  3. ^ ギリシア語: Θεοφόρος(古典ギリシア語再建音:テオフォロス、現代ギリシア語転写:セオフォロス)につき、キリスト教大事典では「神を宿すもの」との訳をあてている。

参照元[編集]

  1. ^ 正教会の出典:Primates of the Apostolic See of Antioch | Antiochian Orthodox Christian Archdiocese
  2. ^ 非カルケドン派の出典:Chronological List of the Patriarchs of Antioch
  3. ^ カトリック教会の出典:Bishops/Patriarchs of Antioch
  4. ^ プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』74頁、教文館、昭和48年9月30日 改訂新版第二版
  5. ^ 正教会暦 主降生2013年』p69, 日本ハリストス正教会教団
  6. ^ Άγιος Ιγνάτιος ο Θεοφόρος (Ιερά Μονή Παντοκράτορος Μελισσοχωρίου)
  7. ^ Священномученик Игнатий Богоносец + Православный Церковный календарь
  8. ^ БОГОНОСЕЦ (Толковый словарь Ушакова)
  9. ^ エウセビオス、秦剛平・訳『教会史・上』講談社学術文庫、2010年、P.176。
  10. ^ Satō, Migaku.; 佐藤研. (2003). Seisho jidaishi. Shin'yaku hen. 佐藤研.. Tōkyō: Iwanami Shoten. ISBN 4006000995. OCLC 53328088. https://www.worldcat.org/oclc/53328088. 
  11. ^ エウセビオス、秦剛平・訳『教会史・上』講談社学術文庫、2010年、P.201。
  12. ^ エウセビオス、秦剛平・訳『教会史・上』講談社学術文庫、2010年、P.201。

外部リンク[編集]