修辞学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラトンは、客観的真理を否定するソフィストの雄弁術(レトリケ)を批判し、理性で認識可能な真理を扱う「哲学」の優位性を主張した。

修辞学(しゅうじがく、: ρητορική, : rhetorica, : rhetoric)は、弁論・叙述の技術に関する学問分野。レトリック雄弁術弁論術説得術とも。

欧州古代・中世で教養の中核を成していたが、近代に衰退。古代・中世の教育規範である自由七学芸の内の一つ[1]。基本的には演説の技術で、いかに聴衆を納得させるかを目的とするかなり政治的なもの[2]。そのため修辞学では、聴衆の心理操作が大きな位置を占め、さらに、演説をより魅力的に見せるために、身ぶり発声法なども重要視される。つまり、言語学詩学演技論などの総体だった。だが近代ではさまざまな学問に分化し、あくまで言語表現に磨きをかける技術、という領域に押し込められる。

歴史[編集]

古代ギリシア[編集]

このレートリケーは、元々はシケリアの法廷弁論として発達したものであり[3]、その創始者・大成者は、コラクス及びその弟子のテイシアスとされる[4]。当時のポリス社会において、法廷や広場(アゴラ)などで人々を説得する雄弁家という職業が存在し、ソフィスト達もこれを主要な教育科目の1つとして扱っていた。

ソクラテスは彼らに対しても一問一答の問答法弁証法(ディアレクティケー)で臨み、「議論をしている当人をこちらの支持する証人たらしめる」のが目的であるとして民衆に訴える雄弁術とは一線を画した。プラトンは著作『ゴルギアス』や『パイドロス』で、この雄弁術・弁論術(レートリケー)を主題的に取り上げて批判している。

しかし、プラトンの弟子であるアリストテレスは、プラトンとは異なり、この雄弁術・弁論術(レートリケー)を、弁証術(ディアレクティケー)と相通じる技術として捉え、先行する専門書の内容を、より広い観点から体系化した、そのものずばり『弁論術』という名の著作を残している。

当時アテナイ周辺(アッティカ地方)で活躍した雄弁家たちは、「アッティカ十大雄弁家」として後世に語り継がれている。

古代ローマ[編集]

修辞学が理論づけられた一学問として体裁を整えるようになったのは、古代ローマキケロ『弁論家について』とクィンティリアヌス『弁論家の教育』の力が大きく、レトリックの五分野、発見・配列・呈示・記憶・演示が確立したのもこの時代である。特に、「発見」は主題を選別し決定するという技法を指し、トポス(演説のための常套句)を収集し、演説のときの助けにするというのが欧州中世の教養の大部分を占めた。

脚注[編集]

  1. ^ cf. Conley, T.M. (1990). Rhetoric in the European Tradition. University of Chicago Press.  Kennedy, G.A. (1994). A New History of Classical Rhetoric. Princeton University Press. ISBN 9780691034430. 
  2. ^ The definition of rhetoric is a controversial subject within the field and has given rise to philological battles over its meaning in Ancient Greece. See, for instance, Johnstone, Henry W. Jr. (1995). “On Schiappa versus Poulakos”. Rhetoric Review (Spring) 14:2: 438-440. 
  3. ^ 『プラトン全集 10』 p239 岩波書店
  4. ^ 『パイドロス』 プラトン/藤沢令夫, 岩波文庫 p181

参考文献[編集]

関連項目[編集]