フランセス・イエイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランセス・イエイツフランシス・イェイツFrances Amelia Yates, DBE, FBA1899年11月28日 - 1981年9月29日、女性)は、イギリス思想史家。「プラトン・アカデミー」等、ルネサンス期のネオプラトニズム関連研究をおこなっている。

イングランドハンプシャーポーツマスに生まれる。ロンドン大学卒業、大英博物館に務める。ジョルダーノ・ブルーノの翻訳論文がきっかけで、当時ロンドン大学付属ウォーバーグ研究所に在職中だったエドガー・ウィント(Edgar Wind)と知り合い勤務、後にはエルンスト・ゴンブリッチ等とも同僚となった。晩年はウォーバーグ研究所名誉研究員になった。

アビ・ヴァールブルクの論考に決定的な影響を受け、ルネサンス期の精神史研究に没入していった。著書は十数冊出されており、清水純一ら、日本人ルネサンス研究者とも交流があり、生前に日本語訳が出版されている。

1970年代初頭に、山口昌男『本の神話学』(中央公論社/新版は岩波現代文庫)が紹介、林達夫も評価していた。他に村上陽一郎 『フランセス・イエイツ考』(「ヴァールブルク学派」所収、平凡社、1998年)、高山宏『魔の王が見る』(ありな書房、1994年)で紹介がある。

著作[編集]

日本語訳
  • エリザベス女王 星の処女神 十六世紀における帝国の主題』 (Astraea The Imperial Theme in the Sixteenth century )
西澤龍生・正木晃訳、東海大学出版会、1982年 
西澤龍生正木晃訳、東海大学出版会、1983年
  • 『世界劇場』 (Theatre of the World )
藤田実訳、晶文社、1978年、再版1985年ほか
藤田実訳、晶文社、1980年、第2版1989年
内藤健二訳、晶文社〈晶文全書〉、1984年、新版1993年
山下知夫訳、工作舎、1986年、新装版2019年
藤井康生・山田由美子訳、平凡社〈ヴァールブルクコレクション〉、1989年
高田勇訳、平凡社〈ヴァールブルク・コレクション〉、1996年
前野佳彦訳、工作舎、2010年。ISBN 4875024290
  • 『ジョン・フローリオ シェイクスピア時代のイングランドにおける一イタリア人の生涯』(John Florio)
正岡和恵・二宮隆洋訳、中央公論新社、2012年

     

没後刊行著作(論文・エッセー集)
  • Lull and Bruno, Collected Essays Vol.I, 1982.
  • Renaissance and Reform: The Italian Contribution Collected Essays Vol.II, 1983.
  • Ideas and Ideals in the North European Renaissance Collected Essays Vol.III, 1984.

伝記[編集]

  • マージョリー・G・ジョーンズ 『フランシス・イェイツとヘルメス的伝統』
正岡和恵・二宮隆洋訳、作品社、2010年2月。ISBN 4861822793

関連項目[編集]