ヴァロワ朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァロワ朝の紋章

ヴァロワ朝(ヴァロワちょう、フランス語: dynastie des Valois)は、中世フランス王国王朝1328年から1589年まで続いた。

1328年カペー朝が断絶したため、カペー家の支流でヴァロワを所領とするヴァロワ家からフィリップ6世が即位してヴァロワ朝が始まった。初期には1339年に勃発した百年戦争に苦しんだが、この戦争を通じて英仏両国で国民意識が形成された。1491年シャルル8世の代にブルターニュ女公アンヌとの結婚によってフランスを再統一することを果たしたが、直後に直系が断絶し、傍系に引き継がれつつ1589年までの間で13代の王が続いた。

歴史[編集]

フランスの歴史
フランス国章
この記事はシリーズの一部です。
先史時代フランス語版
年表フランス語版

フランス ポータル
· ·

成立と百年戦争[編集]

カペー朝第10代国王フィリップ3世の子のシャルル1285年ヴァロワ伯に封じられ、ヴァロワ家を創始した。1328年にカペー朝が断絶し、シャルルの子フィリップ6世諸侯の推挙により即位し、ヴァロワ朝が成立した。

ところが、当時のイングランド国王エドワード3世女系でカぺー家の血を引いていたことから、フランス王位並びにフランス北部における領土を要求し、1337年から百年戦争が始まった。

名将エドワード黒太子率いるイングランド軍の攻勢の前に、フランス軍は連戦連敗を喫した。フィリップ6世の子ジャン2世などは黒太子に敗れて捕虜となったほどである。しかしジャン2世の子シャルル5世(賢明王)は優秀で、フランス王国を再建することに成功した。しかしそのシャルルが1380年に食中毒のため死去すると、再びフランス軍はイングランド軍の前に連戦連敗を喫し、遂にはイングランド国王がフランス国王に推戴されるまでになり、王国存亡の危機にまで立たされた。

そのような中でシャルル7世の時代に現れたジャンヌ・ダルクの活躍により、フランス軍はイングランド軍に対して反攻を開始する。ジャンヌは後にイングランド軍の捕虜となって火あぶりにされたが、フランス軍の攻勢の前にイングランド軍は敗戦を重ね、1453年に百年戦争はフランスの勝利で幕を閉じた。

イタリア戦争[編集]

フランソワ1世

フランスを事実上統一したヴァロワ朝は、イタリアへと領土的野心を向け、シャルル8世1494年イタリア戦争を開始する。1498年、ヴァロワ家嫡流はシャルル8世の死去で断絶し、シャルル5世の子のオルレアン公ルイの孫であるヴァロワ=オルレアン家ルイ12世が即位した。

1515年に死去したルイ12世にも世継ぎがなく、同じくオルレアン公ルイの孫であるヴァロワ=アングレーム家の従兄アングレーム伯シャルルの子フランソワ1世が王位を継承した。以後、フランソワ1世からアンリ3世まで5代の王が続いた。

その間も続いていたイタリア戦争では、同じように統一を果たしたスペインと対立し、後にはスペインとオーストリアハプスブルク家によって挟撃され、国力は衰えた。その後、フランスでは宮廷内部の権力闘争や宗教紛争が相次いだ。このような中で王朝も衰退し、1589年に第13代国王アンリ3世が宗教紛争の最中に一聖職者によって暗殺された。アンリ3世には子がなかったため、ヴァロワ朝は断絶し、ブルボン朝に代わった。

こうしてヴァロワ家の嫡流は途絶えたが、王位継承権のない庶流はその後も続いた。オルレアン公ルイの庶子であるジャンを祖とするヴァロワ=ロングウィル家は17世紀末まで存続し、シャルル9世の庶子であるアングレーム公シャルルを祖とする家系も17世紀初期まで存続した。また、アンリ2世の庶子であるアンリ・ド・サン=レミを祖とする家系は19世紀末まで存続し、首飾り事件で有名なジャンヌ・ド・ラ・モット・ヴァロワ はこの家系の出身と言われている。

歴代国王[編集]

ヴァロワ=オルレアン家[編集]

  • ルイ12世(民の父王 le Père du Peuple 1498年–1515年)

ヴァロワ=アングレーム家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ポーランド王リトアニア大公(1573年–1575年)を兼ねる

関連項目[編集]