正木晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正木 晃(まさき あきら、1953年 - )は、日本宗教学者

来歴・人物[編集]

神奈川県小田原市生まれ。筑波大学大学院博士課程単位取得満期退学。国際日本文化研究センター客員助教授、中京女子大学助教授、純真短期大学教授をへて、慶應義塾大学文学部・立正大学仏教学部非常勤講師。

日本密教・チベット密教を研究し、宗教図像学(マンダラ研究)を主な研究課題とする。また、日本に於ける原始神道宗像大社沖ノ島大神神社三輪山からひも解く研究など。宮崎駿のアニメの密教的読解の本も多い。

著書[編集]

  • 密教の可能性 チベット・オウム・神秘体験超能力・霊と業 大法輪閣 1997
  • はじめての宗教学 『風の谷のナウシカ』を読み解く 春秋社 2001、新装増補版2011
  • お化けと森の宗教学 となりのトトロといっしょに学ぼう 春秋社 2002
  • 性と呪殺の密教 怪僧ドルジェタクの闇と光 講談社選書メチエ 2002。ちくま学芸文庫(増補版) 2016
  • 魔法と猫と魔女の秘密 魔女の宅急便にのせて 春秋社 2003
  • 密教 講談社選書メチエ 2004。ちくま学芸文庫(増補版) 2012
  • 立派な死 文藝春秋 2005
  • からだでつかむ仏教 佼成出版社 2005
  • 子どもとお母さんのマンダラぬりえ 春秋社 2006
  • 仏教にできること 躍動する宗教へ 大法輪閣 2007
  • 楽しくわかるマンダラ世界 春秋社 2007
  • マンダラとは何か  日本放送出版協会NHKブックス〉 2007
  • 密教的生活のすすめ 幻冬舎新書 2007
  • 裸形のチベット―チベットの宗教・政治・外交の歴史 サンガ新書、2008
  • 宗像大社・古代祭祀の原風景 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2008
  • 空海をめぐる人物日本密教史 春秋社、2008
  • 「千と千尋」のスピリチュアルな世界 春秋社 2009
  • 現代の修験道  中央公論新社 2011
  • 読んで深まる、書いて堪能する「般若理趣経」 PHP研究所 2011
  • 空海と密教美術 角川学芸出版・角川選書 2012
  • お坊さんのための「仏教入門」春秋社 2013
  • いま知っておきたい霊魂のこと 日本放送出版協会 2013
  • 「法華経」って、そういうことだったんだ。新現代語訳 三一書房 2013
  • お坊さんなら知っておきたい「説法入門」 春秋社 2013
  • あなたの知らない「仏教」入門 春秋社 2014
  • 現代日本語訳 法華経 春秋社 2015
  • 再興!日本仏教 春秋社 2016
  • 現代日本語訳 日蓮立正安国論 春秋社 2017
  • 日本のリーダーはなぜ禅にはまるのか エイ出版社 2017。選書版
  • 現代日本語訳 空海の秘蔵宝鑰 春秋社 2017
  • 宗教はなぜ人を殺すのか ―平和・救済・慈悲・戦争の原理 さくら舎 2018

共編著[編集]

  • ここまで進んでいる宇宙の危機 竜沢邦彦共著 学習研究社 1992
  • チベット密教の神秘 謎の寺「コンカルドルジェデン」が語る 快楽の空・智慧の海 立川武蔵共著 学習研究社 1997
  • 智恵の言葉 『サキャ・レクシェー』の教え ツルティム・ケサン共著 角川書店 1997
  • チベットの「死の修行」 ツルティム・ケサン共著 角川選書 2000
  • チベット密教 ツルティム・ケサン共著 ちくま新書 2000。ちくま学芸文庫(増補版) 2008
  • 不登校・引きこもりをなくすために いま私たちにできること 森下一、池田雅之共著 春秋社 2003
  • 図説マンダラ瞑想法 チベット密教 ツルティム・ケサン共著 ビイング・ネット・プレス 2003
  • はじめての修験道 田中利典共著 春秋社 2004
  • 「なぞり書き」心に響く禅のことば108 PHP研究所 2007

翻訳[編集]

  • 星の処女神エリザベス女王 十六世紀における帝国の主題 フランセス・イエイツ 西沢竜生共訳 東海大学出版会 1982
  • 星の処女神とガリアのヘラクレス 十六世紀における帝国の主題 フランシス・イエイツ 西沢竜生共訳 東海大学出版会 1983
  • 釈宗演『西遊日記』 大法輪閣 2001
  • 世界のマンダラ塗り絵100 マドンナ・ゴーディング 春秋社 2006
  • フィンチャーのマンダラ塗り絵プレミアム スザンヌ・F・フィンチャー 春秋社 2016