フランス学士院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス学士院

フランス学士院(フランスがくしいん Institut de France)は、フランスの国立学術団体である。

経歴[編集]

学士院の前身となるフランス王立アカデミーは、17世紀絶対王政のもとでそれぞれ個別に設立された組織

Tst.png アカデミー・フランセーズ-フランス語の基本を制定しアカデミー辞書の編纂などを行う。(1635年設立)[1]
Tst.png 科学アカデミー(Académie des sciences)[2]、(1663年設立)Tst.png 碑文・文芸アカデミーフランス語版 (1663年設立)
Tst.png 王立絵画彫刻アカデミー(fr:Académie royale de peinture et de sculpture)(1666年設立) Tst.png 音楽アカデミー(1669年設立) Tst.png 建築アカデミー(1671年設立)

などで構成されていた。[3]

王立アカデミーはフランス革命によっていったん廃止され、代わりに、フランス革命後の革命歴Ⅳ年ブリュメール三日(1795年10月25日国民公会によって制定された法令(ドヌー法)に基づいて「科学・芸術国立学士院[4]」として新たに設立された[5]。3つの類(クラス)で構成され、第1類は「物理と数学の科学クラス」第2類は「モラルと政治の科学クラス」第3類は「文学と美術のクラス」であった。「モラルと政治の科学クラス」には<感覚と観念の分析><道徳><社会科学と法学><政治経済><歴史><地理>の6部門があり、第1部門<感覚と観念の分析>に集っていた観念学派がナポレオン対し批判的になったこと、および、ナポレオンが戦争実行に「役に立たない思弁学」より役に立つ実学を求めたため、設立7年目の革命歴Ⅶ年(1803年)に「モラルと政治の科学クラス」を閉鎖し、クラスに含まれていた諸部門を廃して「アカデミー・フランセーズ」「碑文アカデミー」に分割した[6]1805年、パレ・マザラン地区に移設。翌年1806年からフランス学士院と改称[要出典]。1810年時点では、数学と物理、仏語と仏文学、古代史と古代文字、美術の4部門があった[4]。ナポレオンによって閉鎖された「モラルと政治の科学クラス」は1832年に復活した[5][3]

フランス学士院の夜景


現在、フランス学士院はアカデミー・フランセーズおよび4つのアカデミーで構成されている。[7]

その他[編集]

フランス学士院は「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の所蔵者としても知られる(詳細はベリー公のいとも豪華なる時祷書)。

参考文献・参考サイト[編集]

  • フランス学士院HP
  • 松永澄夫 『哲学史を読む Ⅱ』 東信堂、2008年6月、243頁。ISBN 978-4887138360
  • 『哲学の歴史〈第6巻〉知識・経験・啓蒙―18世紀 人間の科学に向かって』 松永澄夫(編)、<Ⅷ.観念学派とその周辺>(執筆:村松正隆)、中央公論新社、2007年6月ISBN 4124035233

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]