松永澄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松永 澄夫(まつなが すみお、1947年12月4日[1] - )は、日本の哲学者東京大学名誉教授。専攻はフランス哲学、言語論、社会哲学。

来歴[編集]

熊本県出身[1]。1966年東京大学理科一類入学、1968年理学部生物化学科進学、1970年文学部哲学専修課程転学、1971年同卒業、1973年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1975年博士課程中途退学、関東学院大学文学部専任講師、1978年助教授、1979年九州大学教養部助教授、1985年東京大学文学部助教授、1993年教授、2010年定年を前に退任、立正大学文学部哲学科教授。2008年共編『哲学の歴史』で毎日出版文化賞受賞。2018年同大学を退官。  

著書[編集]

  • 『知覚する私・理解する私』勁草書房 1993
  • 『食を料理する 哲学的考察』東信堂 2003
  • 『言葉の力(音の経験・言葉の力 第1部)』東信堂 2005
  • 『音の経験 言葉はどのようにして可能となるのか(音の経験・言葉の力 第2部)』東信堂 2006
  • 『哲学史を読む』1-2 東信堂 2008
  • 『奈津』春風社、2013 (小説)
  • 『価値・意味・秩序 もう一つの哲学概論・哲学が考えるべきこと』東信堂、2014 
  • 『経験のエレメント 体の感覚と物象の知覚・質と空間規定』東信堂、2015年 

編著[編集]

  • 『私というものの成立』 勁草書房 1994
  • 『環境 安全という価値は・・・』 東信堂 2005
  • 『環境 設計の思想』 東信堂 2007
  • 『哲学の歴史 第6巻(18世紀) 知識・経験・啓蒙 人間の科学に向かって』(責任編集)中央公論新社 2007
  • 『環境 文化と政策』 東信堂 2008
  • 『言葉の働く場所』 東信堂 2008
  • 『言葉は社会を動かすか』 東信堂 2010
  • 『哲学への誘い―新しい形を求めて』(全5巻 共編著 第I巻 哲学の立ち位置 第II巻 哲学の振る舞い 第III巻 社会の中の哲学 第IV巻 世界経験の枠組み 第V巻 自己) 東信堂 2010
  • 『言葉の歓び・哀しみ』 東信堂 2011

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.343

外部リンク[編集]