在フランス日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
在フランス日本人、在仏日本人
Gens japonais en France
日本の旗フランスの旗
総人口
27,020人[1]
言語
日本語フランス語
宗教
仏教神道カトリック
関連する民族
日本人フランス人アジア系フランス人

在フランス日本人(ざいフランスにほんじん、在仏日本人(ざいふつにほんじん)とも)では、フランスで生活する日本人について記述する。

約3万人におよぶ在仏日本人の多くは数年間の在住であるが、フランスでの永住権を得た日本人や、フランス生まれの者も含む。永住者や2世、3世などは日系フランス人(にっけいフランスじん)とも言われる。在仏日本人の過半数はパリ都市圏に在住している。パリでは特に15区16区での居住が多く、また日本関係の支店・商店が旧オペラ座周辺に集積している。企業、官公庁等勤務者だけでなく、留学・研修生、自由業者等の多様な属性の人々が多い。

在フランスの他の外国人と比べた特徴としては、滞在期間が数年で短いことがある。また地域住民と関わる暮らしではなく勤務先中心の生活を送っている、日本文化を強く主張することが少ないといった指摘もある。

なおフランスでは、特にパリを中心に、寿司ラーメン等の日本料理店や、日本のアニメ漫画が多くみられるようになっており、また柔道も普及している。

日本では、特にパリはファッションや美術、料理などで世界最先端、流行の発信地としての憧れのイメージが広く持たれている。反面、そうした先入観と、現実には日本より不便な点も多いフランス生活との大きな相違を感じ、パリ症候群[1]といった適応障害を生じる事例についても指摘される。

脚註[編集]

  1. ^ 太田 博昭『パリ症候群』トラベルジャーナル、1991年。ISBN 978-4895592338

関連項目[編集]

外部リンク[編集]