日系パラグアイ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日系パラグアイ人
Japonés Paraguayo
日本の旗パラグアイの旗
総人口
10,321人
居住地域
アスンシオンエンカルナシオンイグアス市エステ市、その他地方部
言語
スペイン語日本語グアラニー語
宗教
キリスト教大乗仏教仏教神道
関連する民族
日本人日系ブラジル人日系アルゼンチン人日系ウルグアイ人日系ボリビア人日系コロンビア人日系ベネズエラ人日系ペルー人日系エクアドル人日系チリ人日系キューバ人日系ドミニカ人日系メキシコ人日系アメリカ人日系カナダ人

日系パラグアイ人(にっけいパラグアイじん、スペイン語: Japonés Paraguayo)とは日本人の血を引いたパラグアイの国民である。

歴史[編集]

日本人が最初に大規模な移住を行ったラテンアメリカの国家はブラジルであった。しかし、ブラジル政府は1930年代に日本人移民を禁止することを決定し、日本の土地会社はアスンシオン南東部にパラグアイに招待されたブラジルからの日本人入植者による農業入植地を建設した。それに続いて多くの日本人移住者が隣国のボリビアから入国した。 第二次世界大戦が勃発すると、多くの日系パラグアイ人はドイツ系パラグアイ人イタリア系パラグアイ人と共に「否定的な描写で」非難された。それでも第二次世界大戦が終わるまでの間には多くの日本人が難民として定住した。

終戦後、1950年代には幾つかの新しい入植地がエンカルナシオン近郊に建設された。1959年、日本政府とパラグアイ政府はパラグアイにさらなる移住者を送り続けることを定めた相互協定を結んだ。チリに移住した日本人でもそうであったが、一般的な外国からの移住者は都市生活を選択しがちな中で、日系人は農業入植地にとどまり続け、1980年代の時点では8.000人の日系人が地方の入植地に定住していた。日系人の定住者で都市部に居住している者の数は2.321人と少なめでである。1959年に締結された移住協定は1989年に効力無期限延長改定され、85.000人の日本人移住者が受け入れ可能となっている。

長きに渡る日系人の居住にもかかわらず、日系パラグアイ人の人種間結婚は強く偏っている。そのような中で、一部の日系パラグアイ人はスペイン系のパラグアイ人と結婚している。 1世移民の出身地は岩手県が最も多く、他の中南米移民の中で多数を占める沖縄県出身者の割合が極めて小さいのが特徴であるといえる。

2016年9月10日、パラグアイで日本人移住80周年式典が開かれ、日本からは眞子内親王が出席した[1]

2018年12月3日、安倍晋三が日本の総理大臣として初めてパラグアイを訪問し、現地の日系人と懇談をおこなった[2][3]

言語[編集]

1960年代後半から現在に至るまで、日系パラグアイ人はスペイン語、日本語、グアラニー語の3か国語を話す。初期の定住者は学科をすべて日本語で教える並行教育システム(入植者たちは結果的に日本語教室の補修にこれは限定された)を整備した。本格的な入植が戦後になってからということもあり、一世や一・五世などネイティブな日本語を話す世代も多いのが他のラテンアメリカの国々に住む日系人と比較した際の特徴といえる。

宗教[編集]

大多数の日系パラグアイ人はカトリック教徒であり、残りは仏教徒と神道である。

著名な日系パラグアイ人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]