たびレジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たびレジとは、日本の外務省による、在留届の提出義務のない短期渡航者を対象にした登録システム。登録すると滞在先の緊急情報や安全情報をメールで受け取ることが出来る。2014年7月1日より運用開始[1][2]

目的[編集]

2013年1月のアルジェリア人質事件を教訓に、「在留届」提出義務の対象となっていない3か月未満の短期渡航者(海外旅行者・出張者)に対して、渡航情報などの提供や緊急事態発生時の対応に活用することを目的とする[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b “外務省海外旅行登録「たびレジ」の開始” (プレスリリース), 外務省, (2014年6月25日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_000988.html 2014年7月10日閲覧。 
  2. ^ a b 鈴木美穂 (2014年6月25日). “たびレジ:メールで渡航先の治安情報 外務省が新サービス”. 毎日新聞 (毎日新聞社): ニュース. オリジナルの2014年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714120512/http://mainichi.jp/select/news/20140626k0000m040029000c.html 2014年7月10日閲覧。 

外部リンク[編集]