岡林洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡林 洋一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 パラグアイの旗 パラグアイ
アルトパラナ県イグアス市
生年月日 (1968-04-11) 1968年4月11日(49歳)
身長
体重
186 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト1位
初出場 1991年4月10日
最終出場 2000年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (2001 - 2004)

岡林洋一(おかばやしよういち、1968年4月11日 - )は、元プロ野球選手投手)。現在は東京ヤクルトスワローズスカウト[1]

パラグアイ日系人移住地であるイグアス居住区で生まれ[2]、中学3年(14歳)時に両親の出身地である高知県香美郡へ移り住んだ[3]。出生名及び本名は、岡林フェリペ洋一でパラグアイ時代の愛称がアッぺであった。尚、パラグアイ生まれでパラグアイ国籍であったが、家族で日本への移住に伴い日本国籍に変更している。鹿取義隆は遠い親戚に当たる。

来歴・人物[編集]

高校は高知商業。2年生の時の1985年はエース中山裕章の控え投手として出場し、3年生の時の1986年にもエース・主将として第68回全国選手権に出場し、ベスト8[3]。同期出場に近藤真一(享栄。対戦して勝利している)、長谷川滋利(東洋大姫路)などがいた。

1987年専修大学に入学。3年生の時の1989年春、東都大学リーグで6勝1敗をあげ、史上最多となる31回目の優勝にエースとして貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた[3]。リーグ通算62試合に登板し28勝18敗、防御率1.85、248奪三振[3]。チームメイトに杉山賢人武藤潤一郎町田公二郎がいた。

1990年度ドラフト会議にてヤクルトスワローズから1位指名を受けて入団[3]1991年のオープン戦でルーキー大賞を受賞。シーズンでも抑え投手として活躍し、12勝6敗12セーブをあげる。

2年目の1992年は開幕から先発として活躍。9月からは抑えに回り、9月11日の対阪神タイガース戦では、7回から登板し15回(当時は延長15回まで、それでも決着がつかなければ再試合、というルール)まで9イニングを“完封”した。さらに、9月29日の広島戦では9回2死同点に追いつかれそこから延長14回途中(前田智徳に本塁打を浴びサヨナラ負け)まで投げ切った。10月6日に首位阪神との直接対決で1か月ぶりの先発登板、広沢克己の本塁打による1点を守り抜いて仲田幸司に投げ勝つなど、14年ぶりのリーグ制覇に貢献。西武ライオンズとの1992年の日本シリーズでは、第1・4・7戦に先発登板し、いずれも完投し、敢闘選手賞受賞。延長戦が2試合あったため、30イニング、430球を投げ抜いた。日本シリーズで3完投以上を記録したのは、1964年ジョー・スタンカ以来28年ぶり4人目、投球回数30回は1959年杉浦忠以来33年ぶりのことだった。シリーズ3試合を通して防御率1.50、1勝2敗だった。

1993年も開幕から先発として登板するも、6月10日の対巨人10回戦で完封勝利の5勝目(4敗)を挙げたのを最後に次第に負けが先行した。7月から約2カ月故障離脱。チームはリーグ優勝、日本シリーズも制したが登板がなかった。

1994年は初先発が4月30日の対横浜戦と出遅れたものの、規定投球回数に達しチーム最多の11勝を挙げた。

1995年には自身初の開幕投手を務めたが、8月に右肩と右膝を痛めて戦線離脱[3]日本シリーズも登板がなく、オフの11月に故障箇所を手術。

1996年はプロ入り初の一軍登板なしに終わった[3]

1997年、一軍開幕ローテーションに入り、4月9日のシーズン初登板で2年ぶりの勝利を挙げる。しかしシーズン通して勝ち星はこの1勝にとどまりチームはリーグ優勝・日本シリーズも制したがこのシリーズでも登板はなかった。

1998年は一軍登板がなかった。

1999年9月5日、中継ぎで879日ぶりの白星を挙げる。

2000年は6試合の登板にとどまり、同年限りで現役を引退[3]

引退後[編集]

2001年にヤクルトの二軍投手コーチに就任[3]2005年からはスカウトへ転身。

2012年の復刻ユニフォーム企画「GREAT CENTRAL」〜レジェンドユニフォームシリーズ2012〜に伴う試合前イベント『いま甦る! リーグ史を彩った、あの名勝負』に出場(9月2日、神宮)、久々にユニフォーム姿をファンの前に披露した。当該イベントでは、中日OBの宇野勝と対戦し、安打を喫している。

2017年には世界!ニッポン行きたい人応援団の企画で35年ぶりに生まれ故郷イグアスに帰り、当時の友人らと再会をした[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 ヤクルト 45 3 1 0 0 12 6 12 -- .667 449 106.2 110 8 19 6 6 93 2 0 50 47 3.97 1.21
1992 34 23 12 3 4 15 10 0 -- .600 811 197.0 190 20 41 7 4 131 4 0 70 65 2.97 1.17
1993 17 17 5 2 1 5 8 0 -- .385 486 115.2 120 13 28 3 2 62 1 0 52 47 3.66 1.28
1994 22 22 10 2 3 11 5 0 -- .688 688 171.2 161 13 31 3 3 95 0 0 60 57 2.99 1.12
1995 20 16 3 1 1 7 7 0 -- .500 441 107.0 116 12 20 0 1 54 1 0 48 45 3.79 1.27
1997 12 4 0 0 0 1 1 0 -- .500 143 31.1 41 6 6 2 2 14 0 1 19 17 4.88 1.50
1999 19 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 139 29.1 34 2 19 0 1 20 2 0 17 17 5.22 1.81
2000 6 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 33 7.1 9 0 2 1 0 3 1 0 4 4 4.91 1.50
通算:8年 175 86 31 8 9 53 39 12 -- .576 3190 766.0 781 74 166 22 19 472 11 1 320 299 3.51 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1991年 - 2000年)
  • 79 (2001年 - 2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21
  2. ^ 元ヤクルト岡林洋一氏、魂のピッチングの原点はパラグアイでの友情
  3. ^ a b c d e f g h i プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、118ページ
  4. ^ 南米パラグアイ“日系移民”その後を追跡!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]